JALの格安航空券を販売しております。
金券ショップ アクセスチケット OnlineShop

JAL格安航空券(株主優待券)購入 JAL格安航空券(株主優待券)利用の流れ JAL格安航空券(株主優待券)利用案内 JAL格安航空券(株主優待券)FAQ JAL格安航空券(株主優待券)お問い合わせ

JALの航空運賃を安く(格安で利用)する方法。

出張や帰省に格安航空券が大人気です!!


JAL国内航空券運賃が50%OFFで格安に!!


JAL格安航空券(株主優待券)JAL格安航空券(株主優待券)で飛行機に乗ろう

JALの優待券1枚で、JALの国内営業全路線片道一区間がご搭乗時片道(普通)運賃(小児の場合は小児運賃)より50%割引でご利用いただけます。

「ファーストクラス」、「クラス J」をJAL株主割引券でご利用の際には、一般席の片道(普通)運賃の50%割引に所定の金額を追加することでご利用いただけます。

・国内線航空券片道1区間につき、お一人様本券1枚が必要になります。

・精算マイルは75%となります。


<<お子様のご利用について>>
小児:ご搭乗日の年齢が2歳以上12歳未満のお子さま
幼児:ご搭乗日の年齢が2歳未満のお子さま
となります。運賃が異なりますので、詳しくはJALホームページをご覧ください。

JAL格安航空券(株主優待券)販売(購入)

大口のお客様はこちらをご覧ください
ページトップへ

お得になる金額を確認!!

お得金額 = 航空運賃-(航空運賃÷2+JAL株主割引券購入価格)
注意:小数点以下切上となります

 

航空運賃 JAL株主割引券
購入価格
数量 お支払金額 お得金額

※計算結果はあくまで目安です。あらかじめご了承ください。


<<計算例>>
搭乗区間:東京(羽田)-札幌(千歳) 片道航空運賃: 33,500円
JAL株主割引券購入価格:6,000円
33,500円-(33,500円÷2+6,000円)= 10,750円もお得!!
注意)*東京(羽田空港)、名古屋(中部国際空港)、北九州空港をご利用の場合は、施設利用料が別途必要です。
(2013年9月6日現在の価格で計算)


搭乗区間:東京(羽田)-札幌(千歳)※(2013年9月10日現在で検索した2013年11月1日の価格を基準)

株主優待券販売価格 お支払総額 普通運賃 特便割引3 特便割引21 先得割引
------ 16,920円 33,670円 25,570円 24,370円 20,770円
6,000円 22,920円 ▲10,750円 ▲2,650円 ▲1,450円 2,150円
6,500円 23,420円 ▲10,250円 ▲2,150円 ▲950円 2,650円
7,000円 23,920円 ▲9,750円 ▲1,650円 ▲450円 3,150円
7,500円 24,420円 ▲9,250円 ▲1,150円 50円 3,650円
8,000円 24,920円 ▲8,750円 ▲650円 550円 4,150円

※特便割引3は3日前までに、特便割引21は21日前までに、先得割引は特定の便に設定、28日前、45日前までご予約が必要です。
また割引率は都度変更になります。割引率はJALにお問い合わせください。
上記の格安航空券の計算は2013年9月10日の航空券価格を参考にしています。

 

航空運賃は航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線よりご確認いただけます。

「JAL株主割引券」の販売価格はアクセスチケットOnlineShop ANA他航空株主優待券ページよりご確認いただけます。
※お得なセット販売もございます。是非ご利用ください。
※JAL株主割引券の販売価格は日々変動しております。必ず事前にご確認ください。


JAL株主割引券販売(購入)

大口のお客様はこちらをご覧ください
ページトップへ

ご利用の流れ

航空券のご予約

ご出発日の前までに、航空券の「ご予約・購入・座席指定」行います。
航空券のご予約時に「株主割引券」が必要になります。ご購入いただいた
「株主割引券」をお手元にお持ちになり、お電話ください。

 

 

 

JAL株主割引券番号確認

 

 

 

 

 

 

 

お電話で航空券をご予約の場合
JAL国内線予約・案内センターにお電話ください。
お電話の際「株主割引券」ご利用の旨をお知らせの上、航空券をご予約ください。
JALマイレージバンク(JMB)会員の方
0570-025-103
受付時間 :8:00~19:00 [年中無休]

JAL国内線予約・案内センター会員以外の方
0570-025-031
受付時間 : 8:00~19:00 [年中無休]


インターネットで航空券をご予約の場合

航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線より、ご搭乗予定の便を検索し、ご搭乗便の「株主割引運賃」を選択してご予約ください。


空港で航空券の発券

空港の自動チェックイン・発券機でご購入される場合は、発券用コードをご登録済みであっても、株主割引券または株主割引代替券に記載された発券用バーコードをバーコードリーダーにかざしていただく必要がありますので、割引券をご持参ください。割引券をお持ちでない場合は、空港カウンターにてご購入ください。

JAL株主割引券自動チェックイン機

ご搭乗日にスキップサービスをご利用されたい場合は、JAL市内カウンター、JAL取扱旅行会社をご利用ください。「ご予約・ご購入・座席指定・優待券回収」が同時に手続きできます。 なお「ご予約・ご購入・座席指定」は、ご搭乗の2ヶ月前の同一日9:30から可能です。


JAL株主割引券購入

大口のお客様はこちらをご覧ください
ページトップへ

ご利用案内

JAL株主割引券の有効期間

航空券の有効期間(航空券の発行日、および発行日の翌日から起算して90日間)かつ 「株主割引券」に記載された有効期間内がご搭乗可能な期間となります。

6月1日から翌年5月31日まで

12月1日から翌年11月30日まで


航空券の有効期間

ご予約済みの航空券はご予約便に限り有効です。
ご予約のない航空券の有効期間は航空券の発行日、および発行日の翌日から起算して90日間です。 ただし、「株主割引券」に記載された有効期間のほうが短い場合は、「株主割引券」に記載された有効期間までとなります。


航空券のお支払方法

JAL市内・空港カウンター、空港設置の自動チェックイン・購入機(一部空港を除く)、JAL取扱旅行会社などをご利用ください。


インターネット、JAL国内線予約・案内センター(コンビニエンスストア、銀行振 込)、JAL市内・空港カウンター、空港設置の自動チェックイン・購入機(一部空港を除く)、JAL取扱旅行会社などをご利用ください。


航空券のお支払期限

ご予約日を含め3日以内。
ご予約日がご搭乗日の2日前から当日の場合、 航空券はご搭乗便の定刻20分前までにご購入ください。

JAL格安航空券(株主優待券)購入

大口のお客様はこちらをご覧ください
ページトップへ
ページトップへ

日本航空

日本航空株式会社(にほんこうくう、英称:Japan Airlines Co., Ltd.)は、日本の航空会社である。JALは日本の航空会社の中で最大規模の国際線網と国際線乗客数を有する。JALは1953年の日本航空株式会社法の施行から1987年の同法の廃止まで日本のナショナル・フラッグ・キャリアであった。JALは コーポレートスローガンは、「明日の空へ、日本の翼」。

概要

JAL(日本航空株式会社)は、国際線はアジア、欧米を中心とし、国内線は東京国際空港(羽田空港)や大阪国際空港(伊丹空港)、新千歳空港などを拠点に幹線からローカル線まで、幅広い路線網をもつ日本の航空会社である。JALは世界的な航空連合である「ワンワールド」に加盟している。JALは日本では全日本空輸と並ぶ主要な航空会社である。

JALグループ再編の一環として2004年に日本航空株式会社から「日本航空インターナショナル」に社名変更し国際線と一部の国内線を担当する会社として発足したが、後に国内線の多くを担当する日本航空ジャパンを吸収合併したことにより、JAL便の運航を受け持つ単一の事業会社となった。JALは2010年1月に会社更生法の適用を申請、更生手続の過程で持株会社「株式会社日本航空」や金融事業会社「ジャルキャピタル」などを吸収合併した。グループを代表する中核事業会社として、一般には旧持株会社同様、日本航空、日航、JAL(ジャル、ジェイ・エイ・エル)と通称される。

沿革

前身
  • 2002年10月2日 - 日本エアシステム(後の日本航空ジャパン)と経営統合し、同社との株式移転により持株会社株式会社日本航空システム(2004年6月に株式会社日本航空へ商号変更)を設立、日本エアシステムと共にその完全子会社となる。
  • 2004年4月1日 - 日本航空、日本エアシステムを、それぞれ日本航空インターナショナル、日本航空ジャパンと商号変更。同時に旧日本エアシステムの貨物事業が日本航空インターナショナルに全面移管される。
  • 2005年10月25日 - JALグループとして国際的な航空連合である「ワンワールド」への加盟方針を決定した。
  • 2006年4月1日 - 日本航空インターナショナルを存続会社として、ジャルセールスと合併。
  • 2006年10月1日 - 日本航空インターナショナルを存続会社として、日本航空ジャパンを吸収合併。
  • 2007年4月1日 - 日本航空インターナショナル、日本アジア航空、JALウェイズ、JALエクスプレス、ジェイ・エア、日本トランスオーシャン航空が「ワンワールド」に正式加盟・サービス開始。「ワンワールド」塗装の飛行機を運航。
  • 2008年4月1日 - JALは日本アジア航空を吸収合併。これにより日本アジア航空が運航していた中華民国路線は日本航空インターナショナルに承継された。
  • 2009年9月11日 - JALは経営再建の一環として、グループ会社の北海道エアシステムの経営からの撤退と株式の売却を発表。
  • 2010年1月19日 - 親会社である株式会社日本航空および、株式会社日本航空の子会社であるジャルキャピタルと共に東京地裁に会社更生法の適用を申請。西松遥社長以下取締役は即日辞任した。新経営陣は、2月1日付けで就任し、新たな会社としてスタートする。
  • 2010年2月1日 - 日本エアコミューター代表取締役社長大西賢が代表取締役社長兼グループCOOに、京セラ株式会社代表取締役名誉会長稲盛和夫が代表取締役会長兼グループCEOにそれぞれ就任同日付で大西・稲盛体制及び新経営陣発足。引き続き企業再生支援機構が支援する。
  • 2010年5月17日 - 環境省により航空業界としては全日本空輸に続きエコファースト企業に認定される。環境省とは2020年度までに二酸化炭素排出量を2005年度比で23%削減すること、バイオ燃料の研究開発と実用化に協力すること、ボーイング787やボーイング737-800などの省燃費・低騒音機材へ更新することなどが約束された。
  • 2010年6月25日 - 債権の一本化および債権カット交渉の円滑化を目的として、元子会社のジャルキャピタルと共に親会社である日本航空に吸収・統合されることが発表された。
  • 2010年8月31日 - JALは更生計画案を東京地裁に提出。
  • 2010年9月16日 - JALは2022年FIFAワールドカップ日本招致委員会とオフィシャル招致パートナー契約を締結し、渡航時の輸送協力や機内誌、機内映像での広報協力などを行う。
  • 2010年11月30日 - 東京地裁が更生計画案を認可。
  • 2010年12月1日 - 以下の施策を実施。
    • 日本航空インターナショナルを存続会社として、日本航空とジャルキャピタルを吸収合併(同年6月の報道時から変更)。
    • 合併により旧日本航空株主に交付された日本航空インターナショナル株式を直ちに無償取得、無償取得分を含む全自己株式を消却し100%減資。
    • 企業再生支援機構から資本金・資本準備金各1750億円の出資を受け、同機構傘下に入る。
    • JALウェイズおよびジャルリーブルを吸収合併。
  • 2011年3月 - 北海道エアシステムの株式所有率を連結会計から除外される14.5%まで引き下げ、同社の経営から撤退。
  • 2011年3月28日 - 会社更生終了。民間企業に復帰する。
  • 2011年4月1日 - 日本航空株式会社に商号変更、日本エアシステムとの経営統合前の商号に復する。
  • 2011年8月16日 - カンタス航空グループ、三菱商事との合同出資でジェットスター・ジャパンを設立し、LCC事業に参入することを発表。
  • 2011年9月5日 - ジェットスター・ジャパン株式会社が設立。日本航空の持ち株比率は33.3%。(これ以降のジェットスター・ジャパンの歴史は、当該記事を参照のこと)
  • 2012年9月19日 - 東京証券取引所に再上場。企業再生支援機構が保有する全株式は約6,500億円で売却された。

ロゴマーク

鶴丸(1959-2002, 2011-現在)

1959年に登場してから旧:日本航空(株)の尾翼マークとして長年用いられ、JALのシンボルとしても知られたものの、2002年10月に事業子会社となった(株)日本航空が社名ロゴを「The Arc of the Sun」に切り替えたため、名目上廃止された。鶴丸が尾翼に描かれた1989年からの旧塗装機は、機材の塗装更新や売却等により2008年までに消滅している。

しかし、2010年1月の経営破綻後、原点回帰の意を込めて、2011年4月1日に改めて採用されることになった。新たな鶴丸は初代に似ているが、翼の切れ込みを深くし、「JAL」の文字を太い斜体にしている。同時に、日本航空やジャルパック・JALカードなど一部グループ会社の社名ロゴタイプも一新された。
新塗装初号機(B767-300ERの新造機 JA654J)は4月1日に先駆け、同年2月28日に羽田-釧路間のチャーターフライトでお披露目され、3月2日より羽田-北京線で定期路線への就航を開始している。

The Arc of the Sun(2002-2011)

日本航空と日本エアシステムの経営統合(日本航空システムの発足)時に「The Arc of the Sun(太陽のアーク)」 と呼ばれるロゴマークと塗装が制定された。JALの「A」の上に、「ノ」の字状の立体形の円弧が描かれたデザインである。デザイン担当はアメリカ合衆国の大手デザイン会社ランドーアソシエイツで、旧:日本航空の民営化後の1989年初から導入されたAとLの下にグレーと赤の長方形を形取った先代のCIデザインも同社の手によるものである。

新デザインは、2003年4月の新・JALマイレージバンクの発足とそれに伴うJALカードの券面が一新されたことや、JALパック・JALストーリーの再編に伴うロゴ変更で多くの目に触れるようになった。2004年4月以降は、後に一社化される日本航空インターナショナルと日本航空ジャパンの機体塗装や機内搭載品などを含めたすべてのビジュアルイメージが順次統一され、日本アジア航空などの系列運航会社も日本航空と同時期に社名ロゴタイプが変更となり、機体デザインを更新していった。独自ロゴの使用を継続していた琉球エアコミューターも新機種導入を契機として2007年4月にJALグループのビジュアルイメージを採用した。

なお、「Dream Skyward」というスローガンもこのロゴと同時に制定され、CMのアイキャッチやラジオの提供読みで使用されていた。このスローガンは2011年4月に鶴丸マークの採用によって消滅したが、JAL機内誌である「SKYWARD」に今もその名を残している。



株主優待

株主優待(かぶぬしゆうたい)は、株式会社が一定数以上の自社の株式を権利確定日に保有していた株主に与える優待制度のこと。略して株優(かぶゆう)と呼ぶこともある。

実施に対する法的な義務は無く、諸外国ではほとんど行われておらず、株主優待は、基本的に日本独自のものであるがアメリカでも希にあり、スターバックスの物が知られる。

海外投資家、海外への優待発送は行われていない。

特徴

株主優待は所有株数に応じて、優待内容が変わることが多いものの、所有株数に完全比例はせず、概ね名義ごとに付与されるため、零細株主であるほど金銭に換算した利回りが高い。それゆえ株主優待は個人投資家に人気があり、個人株主を増やしたい企業は積極的に実施している。

企業が個人株主を増やしたい動機には、株式持ち合い解消の受け皿・上場基準の達成・流動性の確保などがある。なお、日本の所得税法においては、給与所得者であって他の株主優待を含むそれら別の収入が20万円を超える場合、雑所得として確定申告が必要である。

信用取引(空買い)で買っていても優待は貰えない。現物株で保有する必要がある。

権利日の翌営業日にあたる権利落ち日には、株主としての権利や配当金額分の価値が実質的に目減りするので、株価が下落する傾向にある。

概要

上場企業の実施数は増加傾向で2012年9月末には1,060社になり、全上場企業のおよそ10社に3社の割合で過去最高となった。会社四季報では、通常の配当に加え、株主優待を含めた利率の表が掲載されている。

権利確定日は通常、決算期末か中間決算期末、あるいはその両方である。日本で一般的な3月決算の企業では、ちょうど中元・歳暮に近い時期に優待が贈られる。

家族名義で株式を購入し名義人数分だけ優待をもらったり、手に入れた優待券(運賃割引券、商品券など)をインターネットオークションや金券ショップで換金する者もいる。企業の想定以上に株主数が増えた結果、優待実施に係るコストが上昇し、優待内容を縮小あるいは廃止する企業が出てきている。また、株式を多く保有する外国人投資家から、株式保有量に比例した配分がなされない優待よりも配当を優先すべきという声が出て、廃止に踏み切った企業も存在する。

海外投資家や投資信託、ファンドは、優待で得た物(特に日本国内でしか使えない金券・割引券)を換金して、配当に比べるとわずかな金額だが利益を出資者に分配している。法人株主も大抵の場合は換金している(ワールドビジネスサテライトの特集より)。

また、無配になった場合でも株主優待は実施する企業も多いので、優待目的に購入する個人投資家も多い。その為、権利確定日、権利落ち日は売買数が増える傾向になる。

長期保有特典を実施し、安定株主を増やそうと実施する企業も近年増加傾向にある。

非公開会社が株主優待を行っている場合もある。スターフライヤーは上場する以前から株主優待割引券(普通運賃の約半額となる株主優待割引運賃を利用できる券が株主に進呈される)を配布していたケースなどが挙げられる。

優待内容

株主優待は、株の保有数に応じて内容が変わることが多い。また、保有期間に応じて内容が変わることもある。

  • 自社製品の詰め合わせ(主に食品や日用品の製造業など)。
  • 自社のサービスや製品に使える商品券・割引券(クーポン)・無料券(タダ券と俗称される。鉄道会社や航空会社、小売業など主に一般消費者を顧客とする非製造業が多い)。
  • 地方企業の場合はその土地の名産品
  • 自社とは関係のない汎用的な金券・商品券(一般消費者が顧客対象ではない機械メーカー、素材メーカーなどの業種が多い)。
  • 優待品に替えて、社会貢献事業への寄付が選べる会社もある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/9/10現在 Copyleft(c)



ページトップへ