切手買取なら金券ショップ アクセスチケットへ!高価買取中!

切手・記念切手買取表

切手・記念切手
金券 - 普通切手・記念切手 買取価格
~切手・ハガキ買取レートについて~
※店頭買取のレートとは異なりますので、ご注意ください。
普通切手 額面1,000円シート(100枚・20枚/シート)
※50万円以上はお問合わせ下さい
89.5%
普通切手額面52円82円シート(100枚/シート)
※50万円以上はお問合わせ下さい
90.0%

普通切手 額面92円・205円・280円シート
(100枚/シート)
※50万円以上はお問合わせ下さい

89.0%
普通切手 額面52円以上シート(100枚/シート)
※上記額面以外(100円120円140円 など)
※50万円以上はお問合わせ下さい
89.0%
普通切手 額面50円未満シート 86.0%
記念切手シート(10枚・20枚・50枚・100枚/シート)
※店頭買取とは異なります
記念切手 額面52円・82円シート
(10枚/20枚シートのみ)
※50万円以上はお問合わせ下さい
89.0%
記念切手 額面50円・80円シート
※旧普通切手50円・80円含む
(10枚/20枚/50枚/100枚シート)
※50万円以上はお問合わせ下さい
89.0%
記念切手 額面50円以上シート
※上記以外(60円・62円・70円・90円・92円・100円など)
(10枚/20枚/50枚/100枚シート)
※50万円以上はお問合わせ下さい
89.0%
記念切手 額面50円未満シート 86.0%
混合・複合・変則・ミニシート 他
ミニシート お年玉記念切手
額面【50円+80円】【52円+82円】限定
※100万円以上の買取はお問い合わせください。
80.0%
ミニシート その他  東京オリンピックなど
(1枚・2枚・3枚・4枚・5枚・6枚・8枚/シート)
※10枚未満が対象になります。
ミニシート 買取
※クリックすると拡大写真で確認出来ます。
70.0%
混合切手・変形切手・変則切手シート
(変則切手⇒同額面の12枚・14枚・16枚/シート)
※混合切手⇒例)20世紀シート・10枚・20枚シートの額面混合
など

混合シート 買取

※クリックすると拡大写真で確認出来ます。
79.0%
バラ切手・台紙貼り※
バラ切手 額面200円以上

※必ず、額面ごとに袋に入れて、袋に数量を
記入して下さい。
⇒数量の記入のないものは、@30%買取になります。
80.0%
バラ切手 額面50円以上額面200円未満

※必ず、額面ごとに袋に入れて、袋に数量を
記入して下さい。
⇒数量の記入のないものは、@30%買取になります。
65.0%
バラ切手 額面50円未満

※必ず、額面ごとに袋に入れて、袋に数量を
記入して下さい。
⇒数量の記入のないものは、@30%買取になります。
(50枚ごと仕分け済)
60.0%
額面50円以上台紙貼り (50枚/枚)
※A3サイズ限定
※縦:5枚 横:10枚で貼って下さい。

※郵送買取のみになります。
※お一人様50万円まで
86.0%
額面50円未満台紙貼り (50枚/枚)
※A3サイズ限定
※縦:5枚 横:10枚で貼って下さい。

※郵送買取のみになります。
※お一人様50万円まで
78.0%
※切手のバラにつきましては、お振込までお時間を頂く場合が
ございます。予めご了承ください。

切手の買取手順のご案内は切手買取手順をご参照ください。


普通切手

普通切手(ふつうきって)は、郵便料金の納付を主目的に発行される、郵便局で日常的に販売している切手である。

そのため、発売期間に定めがなく、半世紀前後デザインが変更されない普通切手もある一方、料金改定などで短期間で発売中止になる場合もある。


最初の普通切手は1871年に発行された竜切手である。下記は発行された普通切手の一覧であるが、分類方法はさくら日本切手カタログによるものであり、切手収集家が主に行う分類法である。なお、年号はそのシリーズの切手が最初に発行された年であり、次のシリーズが始まっても従来の図案のものが引き続き印刷・発売が継続された例も少なくない。


竜切手(1871年)

桜切手(1872年)

小判切手(1876年)

菊切手(1899年)

田沢切手(1913年)

富士鹿切手(1922年)

震災切手(1923年)

風景切手(1926年)

昭和切手(1937年)

新昭和切手(1946年)

産業図案切手(1948年)

昭和透無切手(1951年)

動植物国宝切手(1950年)

新動植物国宝切手(1966年)

平成切手(1992年)


記念切手

記念切手(きねんきって、英語:Commemorative stamp)とはなんらかの国家的行事を記念して発行される郵便切手である。販売される郵便局や販売期間、枚数に定めのない普通切手とは異なり一定枚数のみ印刷され、場合によっては販売される郵便局や販売期間、郵便に使用できる期間までも制限されるのが特徴である。なお、キャンペーンや文化財の紹介国家的宣伝などの意図をもって発行される切手を収集家は特殊切手(恒例切手と呼ぶ場合もある)と呼称している。ただし、このような呼び分けは日本および中国におけるものである。


日本の記念切手

最初の記念切手は、1894年に発行された「明治銀婚紀念」が最初である。なお、「紀念」となっているのは、「記念」には「かたみ」の意味があり、これを避けたためだといわれている。そのため日本の初期の記念切手には「紀念」と書かれていたが、やがて現在のように「記念」の文字が使われるようになった。戦前発行された記念切手の特徴としては、毎年必ず発行されることはなく、国家的慶事などに限定され、数年に一度しか発行されなかった。また一回に発行される切手は1種類から4種類と多くなく、額面も国内葉書用と封書用、国外葉書用と封書用の基本料金に相当するもので、同じ額面で発行された切手はあまり多くない。

戦後になると毎年発行されるようになった。また発行枚数も1960年ごろまで多くが800万枚であったが、1970年代から1980年代までの切手収集ブームの時期には、毎回3000万枚から5000万枚発行されていた。そのため、この時期の記念切手は市場でだぶついており、金券ショップなどでは額面よりも低い金額でしか取引されていない。

2000年代に郵政省が郵政事業庁、日本郵政公社、そして民営化により日本郵便と組織変更されていったが、この時期の記念切手は一回に発行される枚数こそ1500万枚前後であるが、一度に10種類のシートで発行されているため、一種類あたり150万枚の発行であり、往年の数十分の一に減少している。また10枚セットで発行される切手は余白にもデザインされる場合もあるため、一見すると小型シートのような形状をしている。


特殊切手

特殊切手(とくしゅきって)とは国家的宣伝、キャンペーン、文化財の紹介などの意図をもって発行される切手に対する呼称である。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(2011年4月17日現在)

らくちん!!検索方法
300万円以上のお買取の場合
お買取金額が300万円以上のお買取の場合は必ず事前にお問合せください。
お問合せされなかった場合、返送させていただくことが
ございますので予めご了承くださいませ。
バラ切手買取の注意点
バラ切手を発送される際は、必ず切手の額面毎に 袋に分けて発送してください。

また、同一額面が50枚を超える場合は、50枚ごとに袋に分けてください。

※50枚セットずつでお願い致します。
 50枚の場合は袋に「50」と記載して下さい。

◎バラ切手の高価買取ポイント1
同一額面50枚セットで袋に分けて仕分け済の場合、
買取レートが10%(※1)アップします!!
(※1:2014年9月現在の買取レート)

異なる額面の切手を混合したまま発送された場合、返送させて頂きますのでご了承ください。
バラ切手は必ず額面毎に袋に分けて下さい。(買取時)
切手仕分けのお願い
フォルダや包装紙(油紙,ビニール袋,厚紙等)に入っている際はそこから取り出してください 。

シートは額面別・面数別にまとめてクリップ等でまとめた後、枚数メモを添付してください。
変形・額面混合シート・台紙貼り切手も同様です。
シートはまとめてクリップで留め、枚数メモをつけて下さい(買取時)

※切手買取の注意点※
額面表示が「50+10」や「20+5」のような切手があります。
これは寄付金付切手と言い、プラス記号以下の金額は寄付金となり、切手の額面には含まれないものになります。
買取額を計算するに際しては寄付金部分を除いた金額が対象となりますので、予めご了承下さい。
寄付金切手は寄付部分の金額を除いて下さい。(買取時)
切手の台紙貼りの方法
※A3用紙に同一額面の切手を50枚貼り付けてください。
(額面が揃っていれば、絵柄は混合でも構いません)
※A3用紙がない場合には、A4を2枚裏面で留めて下さい。
サイズがA3でないもの・列に並んで貼っていないものは、
返送させて頂きますので、予めご了承ください。


切手に水をつけて用紙に貼り付けてください。
裏面ののりが弱い切手などは、文房具のり等を 使用してしっかりと貼り付けてください。

【重要】
1枚の用紙に同じ額面の切手が50枚(10列×5行)に
なるように貼ってください。
⇒縦:5枚 横:10枚

※上記以外の貼り方の場合は、返送となりますので、
予めご了承ください。


それぞれの切手の大きさが異なっていても、切手同士の隙間が空いていても構いません。
用紙1枚につき50枚貼られていることが重要となりますのでお気をつけ下さい。

◎バラ切手の高価買取ポイント2
同一額面50枚セットで台紙貼りの場合、
買取レートが最大28%(※2)アップします!!
(※2:2014年9月現在の買取レート。額面50円未満の場合)


※台紙張り切手買取の注意点①※
台紙に切手を貼る際には、1枚の台紙に貼られている切手が50枚でない場合、返送させて頂きますので、予めご了承下さい。
A3の紙に切手を50枚貼り付けて下さい(買取時)

※台紙張り切手買取の注意点②※
台紙に切手を貼る際には、切手が破れないように切手を貼り付けてください。
破れてしまった切手はお買取り出来かねますので予めご了承下さい。
欠けた切手はお買取出来ません(買取時)
切手シートになるものとならないもの

シート扱いになる(買取時)

シート扱いにならない(買取時)

切手買取の注意事項

■切手の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた切手は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の切手をお売り(買取依頼)いただける場合(金券買取総額300万円以上)は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■切手の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■使用済み、使用できない切手は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき買取価格が異なります。

■アクセスチケット店頭買取は現金にて切手を買取いたします。

■当サイト記載の切手を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない切手の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、買取時に身分証明は必要となります。

※買取の方法、買取の手順、買取時の発送方法、買取時に必要な添付書類など、買取に関するご不明点は切手買取手順をご参照ください。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ