東急観光旅行券を高価買取します。

東急観光旅行券 金券買取表

金券 - 旅行券 買取価格
東急観光旅行券
東急観光 詳細はこちら
東急観光旅行券
東急観光買取表

(2013年6月21日現在のデザイン)




トップツアー

トップツアー株式会社(英称:TOPTOUR CORPORATION )は、東京都目黒区に本社を置く日本の旅行会社。


概要

国内旅行ブランド「トップツアー」が有名な総合旅行会社だが、創業時から団体旅行を得意分野の一つとしており、旅のコンサルタントとして教育関連、企業・法人、官公庁などに強みがある。また、外国の旅行会社とも提携し海外ネットワークを広げている。旧社名は東急観光株式会社(とうきゅうかんこう)で東急グループの一員であったが、同グループから外され、社名をパッケージツアーのブランド名であったトップツアーに変更した。 近年は会議ビジネスやWEB販売、あるいはSITツアー(テーマのある旅)等にも注力しており、「ストリームライン事業」や「ミーティングプランナーサービス」を強化している[1][2]。ストリームライン事業はインセンティブツアーの提案、訪日外国人旅行者を含むイベントや会議の受け入れ、BTM(出張に係る旅行業務代行)を主に扱い、ミーティングプランナーサービスは会議やミーティングの企画・運営をサポートするものである。

会社の設立は1956年(昭和31年)。東急グループの旅行会社として、東京急行電鉄の子会社である「東急観光株式会社」として設立された。設立当初は国内旅行の取扱いのほかに、東京タワーの大食堂の運営もしていた[3]。1972年に東急航空株式会社と合併し、旅行業務を海外旅行や訪日旅行を扱うまでに拡大し、航空貨物運送の代理店にもなった。特に東日本の地方都市での学校や企業に営業活動を行ってきたため、同地域での修学旅行や社員旅行は多く扱ってきた[1]。そして1987年(昭和62年)には近畿日本ツーリストにつづき2番目となる東京証券取引所第一部への株式上場を果たした[4]。

売上高では長年業界4位だった[1]が、1990年(平成2年)から赤字となり[4]無配が続き、1990年代後半には阪急交通社に抜かれ4位から転落する[1]。2000年からはバブル崩壊後の不況の長期化に加え新型肺炎SARSやイラク戦争の影響による売上高の減少で厳しい経営状態となる。2003年から首都圏の個人旅行、国際旅行(BTMを含む)、法人営業の3つを分社し[5]、6月には増資も行った[6]。さらに東急電鉄と株式交換を行い同社の完全子会社になり、後に東証一部上場を廃止となった[7]。しかし東急グループ全体でもリストラを余儀なくされており、東急観光も例外ではなく、2004年3月には東急電鉄が東急観光の株式の大部分を独立系の投資会社であるアクティブ・インベストメント・パートナーズに売却したため東急グループから外されることになった[8]。

東急グループを外れてからは投資会社のもとで経営再建をすすめ、2004年7月に一旦分社化した個人旅行、国際旅行(BTMを含む)、法人営業の会社3社を吸収合併し[9]、2006年1月には社名をトップツアー株式会社に変更した。その後2007年9月にはみずほ証券系ファンド会社であるポラリス・プリンシパル・ファイナンスが全株式を取得し[11]、同社のもとで再上場を目指すとしている。


沿革
  • 1956年(昭和31年) 1月 - 東急観光株式会社として設立。
  • 1959年(昭和34年)12月 - 一般旅行斡旋業登録。
  • 1972年(昭和47年) 4月 - 東急航空株式会社と合併。
  • 1972年(昭和47年)12月 - パッケージツアー「トップツアー」の販売を開始。
  • 1982年(昭和57年) 7月 - 東証第二部上場。
  • 1987年(昭和62年) 6月 - 東証第一部に株式を上場(二部から指定換え)。
  • 1993年(平成 5年) 3月 - 本社所在地を東京都渋谷区から東京都目黒区に変更。
  • 2003年(平成15年) 1月 - 首都圏の個人旅行、国際旅行(BTMを含む)、法人営業の事業を分社化し、東急トラベルエンタテインメント株式会社(個人旅行)、東急ストリームライン株式会社(国際旅行・BTM)、東急ナビジョン株式会社(法人営業)を開業。
  • 2003年(平成15年)12月 - 東証第一部上場の廃止。
  • 2004年(平成16年) 1月 - 株式交換により東京急行電鉄の完全子会社となる。
  • 2004年(平成16年) 3月 - 東急電鉄が投資会社に東急観光株を譲渡したことにより主要株主が変わり東急グループから分離される。
  • 2004年(平成16年) 7月 - 東急トラベルエンタテインメント株式会社、東急ストリームライン株式会社、東急ナビジョン株式会社を合併。
  • 2006年(平成18年) 1月 - 社名をトップツアー株式会社に変更。
  • 2006年(平成18年) 2月 - 株式会社日中旅行社を子会社化[12]。
  • 2006年(平成18年) 5月 - ビジネストラベル部門で世界第3位のBCDトラベル(本社:オランダ)と業務提携[13]。
  • 2007年(平成19年) 9月 - 株主がポラリス・プリンシパル・ファイナンス株式会社に変わる。
  • 2008年(平成20年) 2月 - 株式会社日中旅行社を解散させる[14]。

関連会社
  • 株式会社トップ・スタッフ

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/6/21現在



東急観光旅行券買取の注意事項

■東急観光旅行券買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の東急観光旅行券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は東急観光旅行券在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■旅行券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■旅行券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は旅行券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の旅行券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ