OMC旅行旅行券を高価買取します。

OMC旅行旅行券 金券買取表

金券 - 旅行券 買取価格
OMC旅行旅行券
OMC旅行 詳細はこちら
OMC旅行旅行券
OMC旅行旅行券買取表

(2013年7月16日現在のデザイン)



日本旅行

株式会社日本旅行(にほんりょこう、Nippon Travel Agency Co., Ltd.)は、日本最初の旅行会社で、西日本旅客鉄道(JR西日本)の連結子会社。通称(略称)は「日旅(にちりょ)」、NTA。


概要

国内旅行に強みを持ち、「赤い風船」というブランド名でパック旅行を提供するほか、JR路線を活用したWENS(ウエンズ)がある。また、海外旅行商品として高級志向のMACH(マッハ)、リーズナブルなBEST(ベスト)がある。旅行業登録番号は観光庁長官登録旅行業第2号、現存する旅行業では最若番である。発祥が関西であり、主要株主がJR西日本であることなどから、阪急交通社のように大阪を拠点とする旅行会社と思われることも多い。しかし、1967年12月に本社を大阪から東京へ移しているため、長年にわたり東京に本社を置く旅行会社の一つである。

東海道本線草津駅で駅弁を販売していた南新助が伊勢神宮参拝の団体旅行を主催(今でいう企画旅行)したことが発祥である[2]。 日本国有鉄道(国鉄)が指定席予約システムのMARS(マルス)を導入した際に、当時弱小だった日本旅行が他の旅行会社に先駆けて積極的にMARSを導入・活用した。そのため国鉄より団体客の予約において優遇され、現在の国内旅行の強さができたというのが旅行業界では通説となっている。


沿革
  • 1905年(明治38年)11月 - 滋賀県栗太郡草津町(現・草津市)で南新助が創業。
  • 1941年(昭和16年)8月 - 世情悪化に伴い廃業。
  • 1949年(昭和24年)1月 - 株式会社日本旅行会として再設立。
  • 1967年(昭和42年)12月 - 本社を大阪から東京に移転。
  • 1968年(昭和43年) - 株式会社日本旅行に改称。
  • 1994年(平成6年)4月 - 日本旅行北海道設立に伴い、北海道内の支店を同社に移行。
  • 2001年(平成13年)
    • 1月 - 近畿日本ツーリストと 2003年(平成15年)の合併に合意、翌年撤回。
    • 10月 - 西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)から旅行業部門(TiS)を譲受。TiSの旅行ブランドであったWENSも引き継いだ。
  • 2002年(平成14年)12月 - JR西日本に対して第三者割当増資を実施し、同社の連結子会社化。
  • 2004年(平成16年)9月 - オーエムシーカード(現・セディナ)との合弁会社「日本旅行オーエムシートラベル」を設立、オーエムシーカードの旅行業事業を移管。
  • 2006年(平成18年)11月 - 松下電器産業(現・パナソニック)向け旅行代理店「MIDツーリスト」(旧・松下旅行)が株式譲渡により日本旅行の完全子会社となり、社名を「エムハートツーリスト」とする。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 東北地方に所在する支店すべてを、全額出資子会社の株式会社日本旅行東北へ事業譲渡[3]。
  • 2013年(平成25年) - 株式会社読売旅行と受託契約を再締結し連携強化を図る。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/7/16現在



OMC旅行旅行券の買取の注意事項

■OMC旅行旅行券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のOMC旅行旅行券をお売りいただける場合はOMC旅行旅行券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■OMC旅行旅行券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■OMC旅行旅行券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はOMC旅行旅行券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のOMC旅行旅行券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ