日通旅行旅行券を高価買取します。

日通旅行旅行券 金券買取表

金券 - 旅行券 買取価格
日通旅行旅行券
日通旅行 詳細はこちら
日通旅行旅行券
日通旅行旅行券買取表

(2013年7月5日現在のデザイン)



日通旅行

日本通運株式会社(にっぽんつううん、Nippon Express Co., Ltd.)は、大手物流業者および旅行業者である。総合物流国内最大手で、業界唯一の災害対策基本法における指定公共機関。通称は「日通」「NIPPON EXPRESS」など。


概説

1937年10月1日 に戦時中の経済統制の一環として戦時物資を円滑供給するため、自動車(トラック)を用いて鉄道貨物の集荷・配達業務を行う全国の通運業者を統合して日本通運法のもとで国営企業として成立された。 戦後、1950年に日本通運株式会社法を廃止する法律が施行され、民間企業として再出発した(各地の旧日通系業者は「赤丸に白抜きの旧字体“通”」マークを共通使用している)。その経緯からか、旧国鉄の流れを残す会社である。

「引越しは日通」(一時は「引越し王日通」も)などのキャッチコピーを用い、一般には引越業務に強い会社、との印象が強い。 また、かつては宅配便サービスの「ペリカン便」でも知られており(コンビニエンスストアでは、日通時代は「am/pm」、「デイリーヤマザキ」、「アンスリー」などで取扱いをしていた。JPエクスプレス (JPEX) 移行後、一部は、併売していたゆうパックに一本化したコンビニチェーンもあったため、現状は不明。インターネットポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を通じてネットによる集荷受付も実施)、業務車両にもペリカンが描かれていたが(JPEX譲受直後の時点では、社名やフリーダイヤル番号を新たなものにシールでマスクしただけで、JPEX塗装に塗り替えていない車両も相当数残っている)、2008年6月に郵便事業(JP 日本郵便)と宅配事業を統合し、新会社“JPエクスプレス”をJP主導で設立することになり、また宅配事業ブランドも旧郵政省(官営時代の“郵便局”)時代から続いている「ゆうパック」に、いったんは決定していたが、システム移行に手間取ることから、2009年4月より、JPエクスプレス宅配便・「ペリカン便」として、JPエクスプレスの暫定ブランドとなった(このため、日通での宅配便事業は、日通航空扱いのスーパーペリカン便など、ごく一部に限定されることになった)。2009年10月からは、新ブランドによる「JPエクスプレス宅配便」(ブランド名は未定)が開始される予定となっていたが、現時点では先送りされている。これに伴い、一部の拠点の再編を行い、2009年10月からは、直轄拠点のない地域の集配を郵便事業が受託することになり、該当地域の担当店として、郵便事業の統括支店(一部の県では、JPEXの統括支店)にJPEXの「○○広域支店」が併設された。

詳細は「JPエクスプレス」、「ペリカン便」、および「#事業の概要」を参照 旅行業としては「日通旅行」の名称で展開しており海外旅行商品「ルックワールド」を始めとする旅行商品や手配などの業務を広く行っていたが、2002年7月と2007年11月に大幅に事業の縮小が行われた(詳細は下記参照)。

また、一部の日本国内の地方空港において航空会社のグランド(地上)業務も一部請け負っている。


沿革

旅行事業としては、1950年(昭和25年)3月、ノースウエスト航空とBOAC航空との旅客代理店契約から国際旅行業務が始まり、翌年9月に日本航空との国内旅行業務が始まり、以後、時代を重ねると同時に、単なる旅客航空券の代売業から総合旅行業へと発展してきました(参考文献:社史、「航空支店のあゆみ」「日通旅行の歩み」)。

日本国内事業

国内旅行商品は旧国鉄〜JRグループとの関係が深いながらも、みどりの窓口に代表される国鉄券の販売が立ち遅れた。国鉄商品は1982年からの参入と遅めである(貨物も旅客も日通に握られることを嫌った国鉄側の考えとも言われている)。海外旅行商品は「ルックワールド」を中心に展開していたが、シェアダウンにより厳しい販売状況が続き、「ルックワールド」は2006年9月末で事実上撤退に追い込まれた。

事業全体としてエンドユーザー向け事業が不得手な体質を抱えることは前項でも述べられているが、旅行業でも個人向けの自由旅行や格安航空券の販売は弱い。企業関係への手配業務(海外への視察旅行や出張、企業の海外赴任者への手配)では、1980年代までは業界トップであった。かつては日本交通公社(現・JTB)とパッケージツアー「LOOK」を共同主催し、海外旅行の日通、あるいはヨーロッパ旅行のエキスパートの日通、といわれた事もあった。

しかし、JTBと業務提携解消後は販売力の不足からシェア低下に歯止めがかからず、「ルックワールド」の起死回生を目指し、東京へのコールセンター、オペレーションの集約を図ったが業績は好転しなかった。そして「ルックワールド」は2006年9月末をもってホールセール(他旅行会社への委託販売)から撤退し、旅行情報誌「旅のソムリエ」、インターネット、及び自社店舗(※)を販売媒体とする直販ブランドとして展開していくことになった。しかし実情は「ルックワールド」の看板を「旅のソムリエ」に架け替えたに過ぎない状態で、特に通年全方面のパンフレットなどは存在しておらず、事実上の撤退を余儀なくされた。

また、自社ウェブサイトにはオーストリアデスクと銘打ってアピールをしているが、現地契約代理店を通してのオペレーションとなっている。

国内旅行の宿泊ホームページでは同業他社のように直接予約ができるシステム・宿の達人と銘打って、ホームページで大々的に宣伝をしていたが、予約できるホテルが他社と比較して極めて少ない。そのため現在はTOPページからの積極的なリンクはしていない。

2011年9月現在 日通旅行国内支店網(地区別、一般向け営業店舗)

  • 札幌旅行支店  
  • 仙台旅行支店
  • 東京旅行統括支店 
    • (法人営業部)
    • (国際総合営業部)
    • 首都圏旅行支店
    • 汐留シオサイト旅行支店
    • 名古屋旅行支店
    • 大阪旅行支店
      • 京都旅行営業課
      • 神戸旅行営業課
  • 岡山旅行支店
  • 広島旅行支店
  • 福岡旅行支店

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/7/5現在



日通旅行旅行券の買取の注意事項

■日通旅行旅行券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の日通旅行旅行券をお売りいただける場合は日通旅行旅行券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■日通旅行旅行券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■日通旅行旅行券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は日通旅行旅行券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の日通旅行旅行券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ