JTBナイスステイ旅行券を高価買取します。

JTBナイスステイ旅行券 金券買取表

金券 - 旅行券 買取価格
JTBナイスステイ旅行券
JTBナイスステイ 詳細はこちら
JTBナイスステイ旅行券
JTBナイスステイ旅行券買取表

(2013年7月16日現在のデザイン)



ジェイティービー

株式会社ジェイティービー(JTB Corporation)は、日本の旅行会社で、ジェイティービー・グループを統括する持株会社である。本社は東京都品川区にある。


概要

1963年、財団法人日本交通公社の営利部門を分割・民営化し、株式会社日本交通公社として創業。現社名のジェイティービーは、Japan Tourist Bureauの頭文字である。旅行業界では日本最大かつ世界有数の事業規模を有する企業である。

旅行業本体は日本国内や欧米諸国が中心で、近年は海外新興市場(BRICS、ASEAN諸国)において新中間所得層向けに旅行需要の発掘と旅行販売を始めている(2011年には中国でJTB現地法人が外資系旅行会社として初めて海外旅行販売の許可を得た)。また、現地の法人向けに日本国内と同様の会議・イベント等のコンサルタント等も行っている。

国内ではパッケージツアー「ルックJTB」(海外旅行)、「エースJTB」(国内旅行)、「旅物語」(メディア型直販商品、海外旅行・国内旅行)に代表される旅行業のほか、時刻表(『JTB時刻表』など)や旅行雑誌「るるぶ」などの出版業(現在はJTBパブリッシングに分社)をはじめ、旅行業以外にも、ホテル、不動産、金融、情報サービスなど様々な事業を統括している。なお、JRの乗車券類発売指定はジェイティービー本社が受けている。

近年は旅行業で培ったノウハウによる地域活性化事業、法人向けソリューション事業、ソーシャルビジネス、グローバル事業などを手がけ、業界の枠をこえたM&Aや事業投資も積極的に行うなど、全体の事業ドメインを旧来の総合旅行業から交流文化事業に転換している。なお、持株会社となった後も旅行業登録(観光庁長官登録旅行業第64号)はされている。毎年、学生の志望企業アンケートで上位にランキングされる人気企業である。


沿革
  • 1963年(昭和38年)11月12日 - 財団法人日本交通公社の一部であった営業部門を「株式会社日本交通公社」として分離・完全民営化される。本社は東京都千代田区丸の内一丁目の交通公社ビル(現丸の内オアゾ)。
  • 1988年(昭和63年)10月 - CI導入。「JTB」浸透に向けシンボルマークを刷新。
  • 1996年(平成8年) 3月 - 「ルックJTB」の参加者が年間100万人を突破する。
  • 2001年(平成13年)1月1日 - 商号を株式会社ジェイティービーに変更。併せて本社を東京都品川区東品川二丁目(シーフォートスクエア内)に移転
  • 2004年(平成16年)10月1日 - 出版部門を株式会社JTBパブリッシングとして分社化。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 持株会社制移行の前段階として、東北6県の直営支店7店舗(加えて法人部門の拠点)の事業をジェイティービー東北(同日付でJTB東北に改称)に譲渡。
  • 2005年(平成17年)11月 - 米国・ミクロネシア地域を得意とする独立系ツアーオペレーター・旅行会社の株式会社アールアンドシーツアーズを子会社化。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 純粋持株会社(事実上は事業持株会社)に移行。既に移行済みであった東北を除く直営店舗は、既存ないし新設の受け皿会社に事業を譲渡(既に直営店とは別に店舗を展開していたJTB北海道を除き、直近に受け皿会社として新設されている)。
  • 2006年(平成18年)5月30日 - ジェーシービー(以下、JCB)と包括事業提携を発表。7月に折半出資による株式会社J&J事業創造を設立。
  • 2007年(平成19年)
    • 4月 - JCB子会社の株式会社ジェーシービートラベルの事業を、J&J事業創造傘下に設立した株式会社JCBトラベルへ移管。
    • 6月1日 - 自社発行の汎用商品券JTBナイスギフトシリーズとJCB発行のJCBギフトカードの発行・運営事業をJ&J事業創造子会社のJ&Jギフトへ移管し、JCBギフトカート加盟店で扱える「JTBナイスギフト」の発行開始。従来のナイスストリップについてはJTB取扱店のみで扱える「JTB旅行券」となる。
    • 6月12日 - 子会社のJTBコミュニケーションズ(当時のジェイコム)がJTBエンタテインメントを立ち上げ、芸能プロダクション事業への参入を発表。声優の緒方恵美らと専属契約を結ぶ。同時に声優の育成を行うJTBエンタテインメントアカデミーを開校することも発表。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 子会社のJTBトラベランドが運営する店舗をJTB東北などJTB地域会社8社に事業譲渡し、地域会社各社のトラベランド店舗へ移行[1]。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/7/16現在



JTBナイスステイ旅行券の買取の注意事項

■JTBナイスステイ旅行券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のJTBナイスステイ旅行券をお売りいただける場合はJTBナイスステイ旅行券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■JTBナイスステイ旅行券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■JTBナイスステイ旅行券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はJTBナイスステイ旅行券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のJTBナイスステイ旅行券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ