ユニーを高価買取します。

ユニー 金券買取表

金券 - スーパー商品券(ギフト券) 買取価格
ユニー
ユニー 詳細はこちら
ユニー
ユニー買取表

(2011年9月20日現在のデザイン)



ユニー

ユニー株式会社(英: Uny Co., Ltd.) は、日本国内外に数多くのグループ企業を形成するユニーグループの中核となる大手流通企業である。本社は愛知県稲沢市。


概要

総合スーパーの大型店「アピタ」、中型・小型店「ピアゴ、ホームセンターの「ユーホーム」、書籍等を販売する「夢屋書店」など3種5タイプの店舗のほか、モール型ショッピングセンター「ウォーク(ウォークモール)」、ミニモール型店舗「ラスパ」などのショッピングセンターを運営し、ターゲットとする層ごとに店舗ブランドを使い分けている。店舗数は夢屋書店を除いて、229店舗(2011年2月現在)。

国内の小売業としてはイオン、イトーヨーカ堂に次いで全国第3位の売上高を持つが、東海地方から関東地方、北陸地方、及び東北、近畿地方の一部など限られた地域に集中出店しているため、その企業規模に比して全国的な知名度はそれほど高くない。

現在では小売業の主要出店形態となったドミナント(特定地域集中出店)方式をいち早く実行した企業であり、全店舗の約3分の2に当たる店舗が東海4県に集中しているほか、発祥企業の1つ、「ほていや」の地盤であった横浜市周辺にも集中している。こうしたドミナント政策を採る総合スーパーとしては他に、西川屋チェン初代社長・西川義雄(故人)から直接指導を受けて琵琶湖ネックレスチェーンを推進し地盤を築いた平和堂、指導とは別に中四国9県と九州7県にゆめタウンとしてドミナント展開するイズミ、関西2府4県にドミナント展開するイズミヤ、南関東1都3県でドミナント展開を行うイトーヨーカドーなどがあり、何れも財務体質は比較的健全である。その成果としてユニーの社債格付けは今でもセブン&アイ・ホールディングス(イトーヨーカドー)に次ぐ高さを誇っている。2008年(平成20年)3月25日付で、日経平均225に採用された。

他の大手小売業と比べて商品へのこだわりが強いことで知られる[1]。同社が国内第3位の小売業であることを考えれば量で押さえ込んだ低価格戦略も十分に可能ながら、あえて商品にこだわった売場展開を行っているのが特徴であり、同社のプライベート商品の性格にもよく現れている。また、大手総合スーパーとされる企業の中では最も食料品の比率が高い企業である。

店舗ではアピタ高蔵寺店、アピタ千代田橋店、アピタ向山店、アピタ金沢店等の既存のユニー店の敷地を活用して建て替えるなど既存店の強化も行っており、派手さには欠けるものの手堅い経営手法でイオンによる地盤の東海地方への攻勢を凌ぎ、着実に売上拡大を図ることに成功している。

今なお主力はGMS店舗であるが、近年ではアピタを核店舗とした「ウォークモール」と呼ばれる大型のモール型ショッピングセンターや、「ラスパ」と呼ばれるミニモールタイプのショッピングセンターの展開にも注力し始めている。

ユニーのロゴマークは、「太陽の暖かさ ・地平線から昇ってくる太陽」に由来している[2]。1977年(昭和52年)に制定。本社建物は東海道新幹線の近くにあり北側の車窓から確認できる。

会社組織としては「中京(近畿圏含)(愛知・岐阜・三重・長野・滋賀・奈良・京都)」「山静(静岡・山梨)」「関東(東北圏含)(関東6県・新潟・福島)」「北陸(富山・石川・福井)」の4つの大区分で、それぞれアピタ・ピアゴ毎に計17営業部単位の商品展開やセール・イベント企画を実施している。

2008年(平成20年)8月21日に、同社のグループ会社で食品、衣料品等のスーパーを運営する「株式会社ユーストア」を吸収合併し、同社の「ユーストア」店舗の運営を引き継いだ。同年、12月4日付のプレスリリースにて、中小型店舗について新たな店舗ブランド「ピアゴ」に統一することが発表され、翌2009年(平成21年)2月21日から1店舗を除き順次「ユニー」「ユーストア」が「ピアゴ」もしくは「アピタ」に変更された[3]。

本社について

かつて本社は名古屋市中村区の名古屋駅前に所在し、駅前で借りていた事務所(桑山ビル、日興証券ビル(現SIAビル))から、1993年(平成5年)に元々配送センターだった現在の建物に本部機能を移し、配送業務を外部委託に切り換えている[4]。


店舗ブランド

アピタ (APiTA)

日常生活にこだわりを持つトレンドを追求した広域商圏対応型の大型GMS(総合スーパー)。名称の由来は、イタリア語の「apice(アピス/先端の)」「tasca(タスカ/ポケット)」の2語を足した造語。旧ユニー店のGMSであった旧サンテラス店からブランド変更した店舗がある。その他、ギャラリエ(GALLERIA/回廊)を冠する店舗もあるが、現在はギャラリエアピタ知立店1店舗のみ。1983年に1号店をオープン。

ピアゴ (PIAGO)

地域密着型の品揃えとサービスを提供する中型・小型店が中心のSM(スーパーマーケット)。名称の由来は、イタリア語の「piacevole(ピアチェヴォーレ/楽しい)」「luogo(ルオゴ/場所)」の2語を足した造語。旧ユニー店 ・旧ユーストア店から主に構成され、取り扱い自体が食料品主体とする店舗がある。

ピアゴ ラ フーズコア (PIAGO La FoodsCore)

主に食品に特化した都市型小型SMS(食品スーパー)。名前の由来は、英語の「foods(食べ物)」「core(中心)」の2語を足した上で、前に強意の声語「La」を加えた造語。2003年(平成15年)2月20日に1号店神野店をオープン。

ユーホーム

住まいに関する商品を取り扱うホームセンターで、主に中京・北陸地方の一部のアピタやピアゴに併設して展開している。詳細はユーホーム参照。

夢屋書店

「文化の遊園地」をキャッチフレーズに書籍を中心にCD・ビデオなどの商品を取扱う。主に東海地方を中心に直営のほか、フランチャイズ店舗も展開している。詳細は夢屋書店参照。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2011/9/20現在



ユニー商品券の買取の注意事項

■ユニー商品券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のユニー商品券をお売りいただける場合はユニー商品券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ユニー商品券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■ユニー商品券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はユニー商品券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のユニー商品券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ