マイカル商品券を高価買取します。

マイカル商品券 金券買取表

金券 - スーパー表品券(ギフト券) 買取価格
スーパー商品券
マイカル商品券 詳細はこちら
マイカル商品券
マイカル商品券買取表

(2012年4月13日現在のデザイン)



マイカル

株式会社マイカルは、大阪市に本社を置き全国各地に総合スーパーなどを展開していた総合小売業者である。

近畿地方を中心に北海道や沖縄など一部地域を除く全国各地に事業を展開していたが、2011年3月1日にイオンリテールが吸収合併し消滅した。


概要

社名のマイカル (MYCAL) は、Young & Young Mind Casual Amenity Lifeの略称、YM-CALを組み合わせたものを語源としている。合併直前までのコーポレートアイデンティティは、もっと、心つなげること。もっと、幸せつながること。であった。

1985年、CMにソフィー・マルソーを起用し、話題となる。

2001年9月に経営破綻し、会社更生法の適用を受け、イオン株式会社の支援により再建されることになる。2003年にイオンの完全子会社となり、2005年12月31日に更生手続きの終結決定がなされ、再建が完了。その後はイオングループの一員となった。イオングループの一員となったことで事業再編の対象となり、その一環である総合スーパー事業の再編が決定された。

2011年3月1日、イオンリテールがマイカルを吸収合併し、同日サティとジャスコがイオンへ統一された。ニチイ時代から続いたマイカルの歴史は幕を閉じた。前日の2月28日に会社公式サイトが閉鎖された。

旧社名は株式会社ニチイであり、熱心な仏教徒であった当時の社長である西端行雄が「日本は一つ」と言う理念を社名に託し、日本衣料を略してニチイとなった。


業態
存続している業態
ビブレ
当初は若者をメインターゲットとしたファッションビルとしてスタートした。その後、高感度専門百貨店と銘打って衣食住フルライン型で郊外にも出店。東北地方では、子会社のダックビブレが百貨店を運営していた。

破綻後は、マイカルが運営していた食品を扱う店舗を一部を除きサティへと転換。また、子会社のダックビブレが運営していた東北地方の店舗はマイカルから離れ、さくら野百貨店として再出発している。

現在では、イオンモールSC内にサブ核店舗で出店を再開している。
ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・ブラザーズとの合弁会社によって運営されているシネマコンプレックス。サティやビブレなどの店舗、敷地内に併設されており、全国に展開されている。

近年はイオンモールなどのイオングループの展開する大型商業施設や、イオングループ以外の商業施設にも展開されている。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/4/13現在



スーパー商品券(ギフト券)の買取の注意事項

■スーパー商品券(ギフト券)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のスーパー商品券(ギフト券)をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はスーパー商品券(ギフト券)の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■スーパー商品券(ギフト券)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■スーパー商品券(ギフト券)、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はスーパー商品券(ギフト券)を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のスーパー商品券(ギフト券)を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ