イズミヤ商品券を高価買取します。

イズミヤ商品券 金券買取表

金券 - スーパー表品券(ギフト券) 買取価格
スーパー商品券
イズミヤ商品券 詳細はこちら
イズミヤ商品券
イズミヤ商品券買取表

(2012年6月1日現在のデザイン)



イズミヤ

イズミヤ株式会社(英: Izumiya Co., Ltd.)は、近畿地方を中心に、関東、中国、九州地方にスーパーマーケットチェーンを展開する、日本の大手小売業者である。なお、中国・九州地区を地盤とする同業の株式会社イズミ(本社・広島市)をはじめ、全国各地に類似した名称の企業が少なからずあるが、それらとの関係はない[1]。かつてはGMS業態での出店が主力であったが、近年は食品スーパー「デイリーカナート」での出店に力を入れており、さらに最近では低コスト運営に注力した『まるとく市場』という新業態も開発。当該業態による、既存の小型・不採算店舗の再生にも取り組んでいる。


沿革
  • 1921年(大正10年)5月 - 和田源三郎が、いづみや呉服店として大阪市西成区花園町で創業。
  • 1952年(昭和27年)4月 - 衣料品の販売を主とする(旧)いづみや株式会社設立。
  • 1959年(昭和34年)8月 - 第2号店舗として尼崎市に尼崎店を開店。チェーンストア展開開始。
  • 1968年(昭和43年)4月 - 日本初のショッピングセンターとして岸和田市に岸和田店を開店。
  • 1970年(昭和45年)9月 - 当時休眠会社の株式会社いづみや商店が(旧)いづみや株式会社を吸収合併しいづみや株式会社に商号変更(いわゆる株式額面変更目的の合併)。
  • 1973年(昭和48年)
    • 7月 - 現行ロゴマークを導入。
    • 9月 - 大阪証券取引所に上場。
  • 1978年(昭和53年)9月 - 東京証券取引所に上場。
  • 1979年(昭和54年)9月 - イズミヤ株式会社に社名変更。
  • 1987年(昭和62年)3月 - 関東進出1号店舗として牛久市に牛久店を開店。
  • 2003年(平成15年)
    • 3月 - 大阪の小売業「はやし」と資本業務提携、持分法適用会社とする。
    • 6月 - 高島屋のスーパー部門子会社「高島屋ストア」を買収。買収後「カナート」に社名変更。
  • 2007年(平成19年)3月 - 新業態の食品スーパー「まるとく市場」1号店を茨木市に開店(デイリーカナートから業態転換)。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月 - 中京地方を基盤とする流通業・ユニー(愛知県)と業務提携。
    • 11月 - 「はやし」を完全子会社化。
  • 2009年(平成21年)8月 - ユニー、(愛媛県)と組んだ3社共同のプライベートブランド「スタイルワン」の販売を開始。2年掛かりで「good-i」ブランドから「スタイルワン」に全面的に切り替える予定。
  • 2010年(平成22年)2月 - 伊藤忠商事と資本・業務提携することを発表。
  • 2011年(平成23年)11月1日 - 同社グループの中国進出1号店として、蘇州泉屋百貨有限公司(本社:蘇州市)が運営する『泉屋百貨』が開業。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/6/1現在



スーパー商品券(ギフト券)の買取の注意事項

■スーパー商品券(ギフト券)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のスーパー商品券(ギフト券)をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)はスーパー商品券(ギフト券)の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■スーパー商品券(ギフト券)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■スーパー商品券(ギフト券)、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はスーパー商品券(ギフト券)を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のスーパー商品券(ギフト券)を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ