都内共通入浴券を高価買取します。

都内共通入浴券買取表

金券 - レジャー 買取価格
都内共通入浴券
都内共通入浴券(3ヶ月以上) 詳細はこちら

都内共通入浴券(参考)

都内共通入浴券買取表"

(2011年4月11日現在のデザイン)


入浴料金について

銭湯の入浴料金は、「公衆浴場入浴料金の統制額に指定等に関する省令」により、各都道府県知事において処分する価格となっております。 東京都においては、「公衆浴場対策協議会」で決算書をもとに原価を計算し、東京都知事が告示しております。


入浴料金の区分について

「公衆浴場入浴料金の統制額の指定等に関する省令(昭和32年9月12日厚生省令第38号)」に基づき、次のように区分されています。


・12才以上の者についての入浴料金(大人)

・6才以上12才未満の者一人についての入浴料金(中人)

・6才未満の者一人についての入浴料金(小人)

・年齢その他必要な事情を考慮して、入浴者の洗髪についての料金の区分を設けることができる。

※なお、東京都においては、昭和45年5月1日より、洗髪料金は徴収していません。


(2011年4月11日現在)


入浴の医学的知見

一般に適度な入浴は皮膚の清潔を保ち、心身のストレスを取り除く効果がある。長期間入浴せずシャワーも浴びなかった場合、衛生状態が保たれず皮膚炎や感染症を引き起こす可能性がある。例えば中世頃にペストが大流行した時入浴の習慣のないヨーロッパ人の間では流行したが入浴の習慣を先祖から受け継いできたユダヤ人は中々感染せず、この事から毒を盛ったと疑われ各地でユダヤ人に対する虐殺が起きた。1960年代にヒッピーが流行した時には現存の文化を否定する意味で入浴、歯磨きといった衛生概念を殆ど行わない習慣が流行し感染症が広まった。逆に42度以上の高温の入浴や洗いすぎは皮膚の角質層を破壊し、痒みや皮膚炎に繋がる。


入浴したときに熱くも感じず冷たくも感じない温度を不感温度といい、36~37度程度である。この不感温度での入浴したときに消費されるエネルギーがもっとも少ない。不感温度より高くても低くても入浴中に消費されるエネルギーは増加する。


不感温度よりも5度以上高い、熱い温度のお湯に入浴すると入浴開始直後は血液の流れを皮膚表面から遠ざけようとする身体的現象が発生する。また水圧により血管が押しつぶされ、心臓に加わる負担が大きくなる。


高血圧症や心臓に持病を持つ人が熱い湯に入浴することを避けるように言われるのはこのためである。


また入浴時間が長くなるにつれて、体温の上昇が始まる。すると身体の放熱をするために血管の拡張がおこり、脳や内臓に回る血液の量が減少する。これは血圧の低い人が湯上りの立ちくらみを起こしやすい原因となっている。


入浴の際に湯に塩を混ぜるとまろやかさが出る。そのためバスソルトという入浴剤の一種も販売されている。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(2011年4月11日現在の記述)

らくちん!!検索方法


都内共通入浴券の買取の注意事項

■都内共通入浴券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の都内共通入浴券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は都内共通入浴券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■都内共通入浴券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■使用済みの都内共通入浴券、使用できない都内共通入浴券買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は都内共通入浴券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の都内共通入浴券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ