白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券 を高価買取します。

白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券 買取表

金券 - レジャー 買取価格
白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券
白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券 詳細はこちら
白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券
白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券

(2013年12月18日現在のデザイン)



白馬八方尾根スキー場

白馬八方尾根スキー場(はくばはっぽうおねスキーじょう)は、長野県北安曇郡白馬村八方にあるスキー場で、単体のスキー場としては日本国内最大級のスキー場である。「八方尾根スキー場」と呼ばれることが多い。1998年の長野オリンピックの際にはアルペンスキーの高速系種目および複合の競技会場となった。

経営母体は八方尾根開発(株)と白馬観光開発(株)の2社。

営業期間は積雪の具合により異なるが、通常の場合は12月上旬~5月のゴールデンウィーク最終日までとなる。夏季は唐松岳登山の入山コースとして、スキー場のゴンドラ、リフトが使われており、またグリーンシーズンはパラグライダー等の滑空も盛んに行われている。


ゲレンデ

北アルプス唐松岳の東側斜面に広がり、八方尾根の名の通り尾根上にコースが伸びる。 縦が長くて横にも広がりがあるゲレンデだが、大半が斜度が強めの中上級者向けであり、初級者に適したゲレンデは麓の各ゲレンデと、夏秋季の道路を利用した中間エリアからの迂回コースに限定される。なお、兎平109より上部には迂回コースが無いので、初心者は十分に注意しなければならない。

  • 名木山ゲレンデ…上部の急斜面「名木山の大壁」が名物。ナイター滑走が可能。
  • 白樺ゲレンデ…ゴンドラ「アダム」の出発点。あまり混まず、午後になっても荒れないので、練習に最適。
  • リーゼンスラロームコース…歴史・規模・人気どれをとっても日本を代表するダウンヒルコース。クワッドリフトを使っての繰り返し滑走が可能。午前中は綺麗に圧雪整備されていてカービングに最適。コース脇には少し緩やかなコブが並んでいるため、中級者でも手軽に挑戦できると思う。午後になると少し荒れるので注意が必要。
  • 白樺セントラルコース…実質、スキー場内で一番の急斜面が中間部にある。
  • 白馬国際ゲレンデ…ピステンが入る事が滅多にないハードなコブ斜面。
  • チャンピオンコース…チャンピオンスカイのリフトが無くなったため、国際ゲレンデの付属的なコース。
  • パノラマゲレンデ…八方尾根スキー場におけるランドマーク的な中級者~上級者向けのコース。初心者向けの迂回コースもあるが、下部はやや急な斜面となっている。
  • 兎平ゲレンデ…アルペンリフト沿いに並んだ大きなコブは八方の象徴となっている。名物コース。
  • リーゼングラート…北アルプスを間近に望む絶景のコースだが、風の通り道ともなっているため閉鎖されていることが多い。リフトの山頂駅から少し歩くと第一ケルンがある。
  • 黒菱ゲレンデ…兎平と並ぶ名物コース。コブの難易度は兎平をしのぐと言われる。
  • スカイラインコース…幅が広く何通りものコース取りが可能なクルージングコース。高速リフトが無いのが難点で、常にリーゼンスラロームより空いている。
  • 北尾根コース…初心者から中級者向けのコースだが、新コースは急で不規則なコブが続くハードな斜面がある。
  • 咲花ゲレンデ…スキー場で唯一と言ってもよい純粋な初心者ゲレンデである。ファミリーにも人気がある。

レストラン等
  • 八方池山荘…白馬村が経営母体となる山小屋。昔ながらの食事が並ぶが宿泊も可能。ここに泊まると朝一リーゼンを堪能できる。(席数:約70)
  • ヴァージンカフェ黒菱…英国の航空会社が経営母体となる洒落たカフェ。コース料理を楽しめるレストラン「ピラール」が併設されている。(席数:約70)
  • カフェテリア黒菱…インド・マレーシア・タイ等、様々な種類のカレーライスを主に扱う。(席数:約250)
  • うさぎ平テラス…ゴンドラの終点駅でインフォメーションカウンター・スキースクール・パトロール本部が併設されている。カフェやチューンナップショップなどがある巨大な空間。(席数:約550)
  • ハイカスケードカフェ…北尾根ゲレンデにあるアメリカンスタイルのカフェ。(席数:約80)
  • サンテラスパノラマ…パノラマゲレンデ中腹にあり、手作りものの惣菜やスキー場での定番メニューが揃っている。1階にはラーメン店が併設されている。(席数:約360)
  • スノープラザ咲花…咲花ゲレンデのベースにあり、ハンバーガーや白馬産の食材を使ったメニューが揃う。(席数:約300)
  • 咲花第2食堂…咲花第2リフト乗り場前にある昔ながらの食堂。(席数:約50)

交通アクセス

以下のバスにて「八方バスターミナル」下車

  • 大糸線白馬駅から路線バス(松本電鉄バス)
  • 長野駅から特急バス(松本電鉄バス・川中島バス)
  • 新宿から中央高速バス(京王バス・松本電鉄バス)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2012/11/2現在 Copyleft(c)



白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券の買取の注意事項

■白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の白馬岩岳、八方尾根、栂池高原 共通リフト一日券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ