たざわ湖スキー場 リフト1日券を高価買取します。

たざわ湖スキー場 リフト1日券 買取表

金券 - レジャー 買取価格
スキー場(有効期限60日以上)※10枚以上は問合せ下さい。
たざわ湖スキー場 リフト1日券 リフト1日券 詳細はこちら
たざわ湖スキー場 リフト1日券 リフト1日券
たざわ湖スキー場 リフト1日券

(2012年1月24日現在のデザイン)



たざわ湖スキー場

たざわ湖スキー場(たざわこスキーじょう)は、秋田県仙北市田沢湖水沢温泉郷にある第三セクター運営のスキー場である。秋田駒ケ岳の中腹にゲレンデがあり、すべてのコースから眼下に田沢湖を望む事ができる。


概要

田沢湖の東部、秋田駒ケ岳の斜面にある田沢湖高原に位置し、田沢湖畔からは車で10分ほどの距離がある。田沢湖を望む景観は素晴らしいが、その一方で田沢湖から吹き上げる風で強い向かい風となることもある。スキー国体での使用実績もあり、競技向けの上級コースからスキー教室向けの初心者コースまで多彩なコースを揃える。ナイター設備あり。スノーボード可。

周辺にはアッスルスキー場といったスキー場のほか、水沢温泉郷、田沢湖温泉郷といった温泉郷がある。なお乳頭温泉郷はここより奥にある。また、当スキー場の水沢リフトに隣接して「秋田県立田沢湖スポーツセンター」が整備されている(2006年、水沢温泉郷にあったものを移転改築し、高原ロッジと水沢レストハウスは統合廃止された)。


沿革
  • ・1969年(昭和44年)、秋田県などが開設。
  • ・1971年(昭和46年)、黒潮国体開催。
  • ・1977年(昭和52年)、全日本スキー選手権大会・アルペン競技開催。
  • ・1982年(昭和57年)、くにびき国体開催。
  • ・1984年(昭和59年)、全日本スキー選手権大会・ノルディッククロスカントリー競技開催。
  • ・1990年(平成2年)、ぎんれいクワッドリフト新設。初の高速リフトの誕生となる。
  • ・1992年(平成4年)、黒森山リフト・水沢リフト・かもしかリフトをペアリフトに架け替え。駒ヶ岳第1リフト廃止。
  • ・1995年(平成7年)、銀嶺第1リフト、銀嶺第2リフト廃止。
  • ・1995年(平成8年)、銀嶺第1リフト、銀嶺第2リフトをペアリフトに架け替え。
  • ・2005年(平成17年)、駒ヶ岳第2、かもしかの各リフトを廃止統合し、かもしかゲレンデにフード付き高速クワッドリフトを新設。スキーセンターとの高低差解消のために銀嶺クワッドリフトの乗り場の位置を変更。銀嶺第3リフト延長(駒ヶ岳第3リフトを統合廃止)・スキーセンター・高原ロッジ(宿泊施設)建て替えなどの大規模な改修が行われた。
  • ・2007年(平成19年)、秋田わか杉国体開催。ぎんれい第1リフトの経路をかもしかゲレンデへアクセスしやすいように変更。
  • ・2008年(平成20年)、厚生労働大臣杯争奪 第37回全国身体障害者スキー大会開催。
  • ・2009年(平成21年)3月、韓国ドラマ『アイリス』のロケ地となった[2][3]。
  • ・2010年(平成22年)2月2日、韓国ドラマ『アイリス』のロケが行われたゲレンデを「アイリスゲレンデ」と命名[4][5]。

ゲレンデ

初級

  • ・かもしかコース
  • ・かもしかジュニアコース
  • ・白樺コース
  • ・水沢コース(ナイターで使用される広く緩やかなコース)
  • ・アイリスゲレンデ

中級

  • ・かもしか林間コース
  • ・駒ヶ岳第2コース
  • ・ぎんれいユートピアコース:左曲がりのコースで途中で急激に斜度が変化する。
  • ・国体コース:国体や様々な大会でよく使用されるやや右曲がりの高速ロングバーン。

上級

  • ・駒ヶ岳第3コース:上部はコブ斜面となることも多い。中段からは非常に幅の広いコースとなる。
  • ・ぎんれい第2コース:幅の広い急斜面圧雪コース。
  • ・ぎんれいパラダイスコース:非圧雪コース。
  • ・水沢チャンピオンコース:たざわ湖スキー場で最も斜度のある非圧雪ロングコース。
  • ・黒森山コース:コースの向きが他と違い南向きのため雪が緩みやすく難しい斜面である。

施設
  • ・フード付きクワッドリフト2基、ペアリフト4基
  • ・スキーセンターレラ、レストハウスぎんれい、レストハウスかもしか、無料休憩所

アクセス
バス
・東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖駅から羽後交通バス「乳頭線」利用。「たざわ湖スキー場前」下車、所要時間約30分、片道510円。
・秋田空港から「あきたエアポートライナー(角館・田沢湖・乳頭温泉郷号)」利用。「たざわ湖スキー場」下車、所要時間約110分、片道3000円。
・東北自動車道・盛岡ICから国道46号。約49km、1時間。
・秋田自動車道・協和ICから国道341号、国道46号。約60km、1時間30分
駐車場
・かもしか側駐車場:1200台
・スキーセンター側駐車場:1600台

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2012/1/24現在 Copyleft(c)



たざわ湖スキー場 リフト1日券の買取の注意事項

■たざわ湖スキー場 リフト1日券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびたざわ湖スキー場 リフト1日券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のたざわ湖スキー場 リフト1日券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■たざわ湖スキー場 リフト1日券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はたざわ湖スキー場 リフト1日券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のたざわ湖スキー場 リフト1日券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ