高鷲スノーパーク スキーリフト1日券を高価買取します。

高鷲スノーパークスキーリフト1日券 買取表

金券 - レジャー 買取価格
スキー場(有効期限60日以上)※10枚以上は問合せ下さい。
高鷲スノーパーク スキーリフト1日券 詳細はこちら
高鷲スノーパーク スキーリフト1日券
高鷲スノーパークスキーリフト1日券

(2012年1月27日現在のデザイン)



高鷲スノーパーク

高鷲スノーパーク(たかすスノーパーク)は、岐阜県郡上市高鷲町の大日ヶ岳山麓にあるスキー場である。

概要

高鷲スノーパークのコースは全12あり、イタリア製の15人乗りゴンドラと3本あるハーフパイプが特徴。山頂部分でダイナランドと隣接しており、連絡口が設けられている。

高鷲スノーパークに東和観光が開発し1999年にオープン。ジェイ・マウンテンズ・グループ(OPEスノーアライアンス)が2006年に買収、傘下に入った。

2004-2005年シーズンから高鷲スノーパークは毎年、PSA ASIAのプロツアー(ハーフパイプ)が行われているほか、2008年2月に行われたスノーボードFISワールドカップ2008 GIFU/GUJO大会の会場としても使われた。

2010-2011年シーズンからは、高鷲スノーパークの一日リフト料金で、隣接するダイナランドも滑れるようになった。

2012年に高鷲スノーパークはマックアース(兵庫県養父市)傘下のスキー場となった。

高鷲スノーパークセンターハウスの2階に山岳ガイド会社「パワーゾーン」のバックカントリーデスクがある。当スキー場を起点に大日ヶ岳へのバックカントリーツアーが行われている。ガイドツアーとは云えど、高鷲スノーパーク管轄外(スキー場トップには登山者に対する警告看板がある)へ行くため山登りの体力は勿論、ある程度の滑降技術、万一のための遭難対策(保険・装備)が必要である。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/12/18現在



高鷲スノーパーク スキーリフト1日券の買取の注意事項

■高鷲スノーパーク スキーリフト1日券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および高鷲スノーパーク スキーリフト1日券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■高鷲スノーパーク スキーリフト1日券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は高鷲スノーパーク スキーリフト1日券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の高鷲スノーパーク スキーリフト1日券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ