東急 リフト1日券を高価買取します。

東急 リフト1日券 金券買取表

東急プリンス共通 リフト1日券
東急プリンス共通 リフト1日券
東急スノーリゾート リフト1日券
東急スノーリゾート リフト1日券

東急リゾートサービス

株式会社東急リゾートサービス(とうきゅうリゾートサービス、英称:Tokyu Resort Service Co.,Ltd.)は、東急不動産の子会社で、会員制リゾートホテルやゴルフ場などの運営、それらのリゾート会員権・ゴルフ会員権の発売を主な事業とする企業である。東急リゾートサービスは、東京都渋谷区に本社を置く。

東急リゾートサービスは、東急ハーヴェストクラブとホテルハーヴェストがTOKYUポイント加盟店。


沿革
  • 1963年 - 東急不動産がリゾート観光事業を開始
  • 1979年 - 東急不動産興業株式会社設立(東急リゾートサービスの設立年という位置付け)
  • 2001年 - 各地の東急リゾートサービスなど12社を合併して株式会社東急リゾートサービス設立

運営施設一覧

会員制リゾートホテル

  • 東急ハーヴェストクラブ
    裏磐梯グランデコ / 那須 / 勝浦 / 山中湖マウント富士 / 箱根甲子園 / 天城高原 / 旧軽井沢 / 旧軽井沢アネックス / 蓼科 / 蓼科アネックス / 斑尾 / 静波海岸 / スキージャム勝山 / 南紀田辺 / 鬼怒川 / 箱根明神平 / 伊東 / 軽井沢高原 / 蓼科リゾート / 浜名湖 / 京都 / 有馬六彩
  • 東急ハーヴェストクラブ VIALA
    箱根翡翠 / annex有馬六彩
  • 東急ハーヴェストクラブ会員サロン
    2008年10月7日、東京日本橋にオープン。専用コンシェルジュが会員の要望・相談に対応。サロンには和食レストラン「日本橋 織音(おりね)」も併設。

リゾートホテル

  • ニセコ高原ホテル
  • ホテルニセコアルペン
  • ホテルグランデコ
  • 蓼科東急リゾート
  • ホテルタングラム
  • 箱根翡翠
  • 有馬六彩
  • ホテルハーヴェスト
    那須 / 鬼怒川 / 斑尾 / 旧軽井沢 / 蓼科 / 箱根甲子園 / 伊東 / 天城高原 / スキージャム勝山 / 浜名湖 / 京都 / 南紀田辺
  • リフレッツ倶楽部
    2010年4月1日より、グループ会社である株式会社イーウェルに事業移管

ゴルフ場

  • ニセコ東急ゴルフコース
  • 那須国際カントリークラブ
  • 板倉ゴルフ場
  • サミットゴルフクラブ(提携)
  • 筑波東急ゴルフクラブ
  • 猿島カントリー倶楽部
  • 麻倉ゴルフ倶楽部
  • 小見川東急ゴルフクラブ
  • 芝山ゴルフ倶楽部
  • 季美の森ゴルフ倶楽部
  • 鶴舞カントリー倶楽部
  • 大多喜城ゴルフ倶楽部
  • 勝浦東急ゴルフコース
  • 蓼科東急ゴルフコース
  • 望月東急ゴルフクラブ
  • 斑尾東急ゴルフクラブ
  • 天城高原ゴルフコース
  • 有田東急ゴルフクラブ
  • 関西カントリークラブ
  • 吉川カントリー倶楽部
  • 三木よかわカントリークラブ
  • 大分東急ゴルフクラブ
  • 阿蘇東急ゴルフクラブ

スキー場

  • ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ
  • グランデコスノーリゾート
  • ハンターマウンテン塩原
  • マウントジーンズスキーリゾート那須
  • たんばらスキーパーク
  • タングラムスキーサーカス
  • 戸隠スキー場(提携)
  • 蓼科東急スキー場
  • 富士見パノラマリゾート(提携)
  • スキージャム勝山

その他

別荘などの管理を請け負っている。


リフト

高速クワッドリフト3基、ペアリフト2基

  • レインボー第1クワッド
  • レインボー第2クワッド
  • レインボー第1ペア
  • レインボー第2ペア
  • オーロラ第3クワッド

プリンスホテル

株式会社プリンスホテル(Prince Hotels, Inc.)は、西武グループに属し、グループ内でのホテル・レジャー事業会社であり、西武ホールディングスの子会社。また、同社が運営するホテルブランドである。



概要

西武グループによるホテル・リゾート事業は、国土計画(後のコクド、2006年2月解散)が主導して計画・立案した箱根・軽井沢などへの観光地への進出を図ったのが源流である。プリンスホテルの社名は、敗戦に伴い行われた皇籍離脱後、占領軍によって没収された旧皇族の土地が日本国との平和条約締結によって日本政府に返還された後、安価で購入し、その土地にホテルを開業した事に由来している(後述の千ヶ滝プリンスで命名されたのが起源)。

コクド・西武鉄道の創業者である堤康次郎が1964年に逝去し、三男・堤義明がコクド・西武鉄道の後継者の座に就くと、1971年に西武鉄道のホテル部門を独立させる形で「(初代)株式会社プリンスホテル」を設立し、康次郎の五男で西武百貨店寄りの要職に就いていた堤猶二が社長に就任する(後にセゾン下のIHGの社長・東京テアトル社長を歴任)。同氏によって『プリンスホテルスクール』が設立され、各種学校としてホテリエの育成を手がけ始めるが、1976年に笹川良一率いる日本財団が支援した財団法人日本ホテル教育センターに経営が譲渡され、「専門学校 日本ホテルスクール」として継承されている。ホテル会社によって設立されたホテル養成学校はプリンスホテルスクールが国内では唯一であり、設立に際しては一定の評価がなされている。

1980年代からは義明元会長と政界との繋がりが強まり、大規模なスキーリゾートやシティホテルを首都圏・東北・北海道を中心に数多く進出させる。また、時期を前後してアメリカ合衆国(ハワイ・アラスカ・グアム)・カナダ・東南アジア諸国・台湾・オーストラリアなどの海外リゾート企業を買収・提携のうえで進出を行い、バブル景気の中でプリンスホテルの母体であったコクドは一大ホテル・レジャー事業を運営する企業へ成長した。

コクドの下で行われてきた事業拡大に合わせて資金調達に用いた手法は、銀行などから巨額の融資を得て土地を取得後、ホテルやレジャー施設を建設して土地の付加価値を高め、値上がりした地価上昇分などでさらに融資を受けて新たな土地開発を進めることだった。マスメディアなどからは「借金経営」と呼ばれ日本の高度経済成長期に続いていた地価の上昇などがこの経営手法を可能にさせた。当時の経営基本は「土地は値上がりを待つ」「利益を押さえ節税する」だった。そごう・ダイエーも酷似した手法で店舗網を拡大させたが、後に経営破綻をしている。

日本経済がバブル景気にへ突入した1980年代からは地価上昇はさらに加速して、土地本位制経営で融資を受けるビジネスモデルを活かした事業を拡大していたプリンスホテル事業は、さらに積極的なホテルチェーン事業の拡大を推し進めることになった。1990年代のバブル経済崩壊後は地価の価格上昇による事業計画は軌道修正されたが、2004年に堤義明がコクド会長を辞任して会社から去るまで平成不況期のプリンスホテル事業は基本的にリストラ・事業再編は実施されず、「東京プリンスホテルパークタワー」の建設など事業の拡大を続けていた。

その後2006年前半(2005年度末)に西武ホールディングスの元で西武グループが再編される際に、不採算施設については順次売却し、それ以外の(旧)コクド・(初代)プリンスホテル・西武鉄道(西武線沿線施設は除く)が所有するホテル・リゾート事業の不動産については「(二代目・新)株式会社プリンスホテル」のもとに集約・統合された。

2006年の西武グループ再編以前までの「(初代)株式会社プリンスホテル」は、コクドの筆頭株主であった堤義明元会長・オーナーの計画立案により西武鉄道・伊豆箱根鉄道・近江鉄道・西武不動産といったコクドの傘下企業(主に首都圏・近畿)が開発した、あるいは他企業とコクドの合弁や地方自治体の誘致による第三セクター方式で設立した運営会社(海外、苗場・軽井沢以外のスキーリゾートなど)が開発した「プリンスホテル」のフランチャイズや客室販売など対外的なマーケティング事業が主体であり、経営自体は各社が行っているため統一的な戦略はなかった。(初代)プリンスホテルの自社物件は「サンシャインシティ プリンスホテル」のみである。

2006年7月、高輪地区と品川地区の競合解消のため、2名いた総支配人を1名にし、高輪地区を上位とする地区統合を行なった。2007年12月中に、本社を所沢市くすのき台から豊島区東池袋へ移転した。

2007年4月1日より、プリンスホテルは、グレードに応じた3つのカテゴリーに分かれ、ブランドマークやサービスを一新した。



沿革
  • 1971年8月1日 会社設立。
  • 2006年2月1日 プリンスホテルを存続会社とし、コクドを合併した。
  • 2006年2月3日 株式移転で新設持株会社の西武ホールディングスの100%子会社になる。
  • 2007年4月1日 プリンスホテルを再編し、3つのカテゴリーに分ける。ロゴマークを変更。


運営ホテル・宿泊施設

ザ・プリンス

海外の「マウナケアビーチホテル」と共に、プリンスホテルのフラグシップとして位置づけられている最上級クラスのホテル。4施設が該当。

  • ザ・プリンス さくらタワー東京(東京都港区高輪) - 1998年に「高輪プリンスホテル さくらタワー」として開業。
  • ザ・プリンス パークタワー東京(東京都港区芝公園) - 2005年に徳川家霊廟跡に存在した「芝ゴルフ場」跡地に「東京プリンスホテル パークタワー」として開業。丹下憲孝(丹下都市建築設計)の設計で、客室内装は村野・森建築事務所。プリンスホテルの中では最も新しいホテルで、プレステージランク(旗艦店)とされる。
  • ザ・プリンス箱根(神奈川県足柄下郡箱根町) - 1978年に「箱根プリンスホテル」として開業。アネックス(別館)としてコテージ「箱根園コテージ」併設。
  • ザ・プリンス軽井沢(長野県北佐久郡軽井沢町) - 1982年に「軽井沢プリンスホテル南館」として開業。清家清(デザインシステム)設計。

グランドプリンスホテル

プリンスホテルのうち都市部に所在する上級の施設に対して設定されたブランドで、京都を除いて「○○プリンスホテル」から「グランドプリンスホテル○○」に改称された。4施設が該当する。

  • グランドプリンスホテル高輪(東京都港区高輪) - 1953年開業。旧竹田宮邸跡。
  • グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区高輪) - 1982年開業。上述のグランドプリンスホテル高輪に隣接しているが、別館ではなく、別のホテルという扱い。
  • グランドプリンスホテル京都(京都府京都市左京区) - 1986年開業。旧・京都宝ヶ池プリンスホテル。村野藤吾設計。近江鉄道所有・近江観光運営のフランチャイズホテル。旧名称に「宝ヶ池」が入っていたのは、西武グループとは無関係の「京都プリンスホテル」(下鴨神社近くにあり、1987年に統一協会に買収された。2000年12月10日閉館)がかつて存在したためである。宝ヶ池公園や京都国際会館に隣接しており、建設計画当時、周辺の景観への影響を懸念した市民団体などから反対運動が起こった。その影響からか、周囲にはホテル全体を包み込む様に植樹林が立ち並んでいる。
  • グランドプリンスホテル広島(広島県広島市南区) - 1994年開業。池原義郎設計。

プリンスホテル

  • 東京プリンスホテル(東京都港区芝公園) - 1964年開業。徳川家霊廟跡。
  • 品川プリンスホテル(東京都港区高輪) - 1978年開業。旧・毛利公爵邸跡。
  • 新宿プリンスホテル(東京都新宿区歌舞伎町) - 1977年開業。西武新宿線西武新宿駅の入居する駅ビル「西武新宿ビル」内。1996年10月から屋上にテレビ朝日の情報カメラが設置されている。西武鉄道所有。
  • サンシャインシティプリンスホテル(東京都豊島区東池袋) - 1980年開業。複合商業施設「サンシャインシティ」内。コクド合併前のプリンスホテル(旧社)の自己所有物件。
  • 新横浜プリンスホテル(神奈川県横浜市港北区) - 1992年開業。
  • 川越プリンスホテル(埼玉県川越市) - 1991年開業。西武新宿線本川越駅の駅ビル「本川越ステーションビル」内。
  • 飯能プリンスホテル(埼玉県飯能市) - 1992年開業。西武池袋線飯能駅の駅ビル「飯能ステーションビル」内に所在。2010年よりレストラン部門はヘリテイジ(同県熊谷市)に移管し「ヘリテイジリゾーツ飯能」に改称。また2012年10月1日より宿泊部門もヘリテイジに移管され「ホテル・ヘリテイジ飯能 sta.」に改称、プリンスホテルとしての営業を終了。
  • 鎌倉プリンスホテル(神奈川県鎌倉市) - 1995年開業。
  • 大磯プリンスホテル(神奈川県中郡大磯町) - 1964年開業。吉田茂元首相邸跡に隣接し、大磯ロングビーチと一体となった近郊型リゾートホテル。堤義明が早稲田大学商学部の卒業論文として企画した案をもとに開業したもの。大磯ロングビーチは1990年代前半までアイドルの水泳大会の収録が盛んに行われたことでも有名。また、毎年2月には自動車輸入協会主催の輸入車のプレス向け試乗会が行われる。旧吉田邸は2009年火災により焼失、別館・滄浪閣既に売却されている(売却先は個人のため非公表)。
  • 下田プリンスホテル(静岡県下田市)黒川紀章設計。1973年開業。1975年-2006年までは伊豆箱根鉄道が所有するフランチャイズホテルだった。
  • 苗場プリンスホテル(新潟県南魚沼郡湯沢町) - 1962年開業。苗場スキー場併設のホテル。
  • 軽井沢プリンスホテル(長野県北佐久郡軽井沢町) - 1973年開業・黒川紀章設計の「イースト」(旧・東館)と、1950年開業の旧・晴山ホテル(元根津嘉一郎別荘)の系譜を受け継ぐ1986年開業の「ウエスト」(旧・西館)から成る。
  • 軽井沢浅間プリンスホテル(長野県北佐久郡軽井沢町) - 1997年開業。冬季は休業
    • 「ザ・プリンス軽井沢」「軽井沢プリンスホテル(イースト・ウエスト)」「軽井沢浅間プリンスホテル」は、周辺の軽井沢・プリンスショッピングプラザ・軽井沢プリンスホテルスキー場などと共に「プリンスグランドリゾート軽井沢」を構成する。
  • 千ヶ滝プリンスホテル(長野県北佐久郡軽井沢町) - 旧・軽井沢プリンスホテル。プリンスホテルの名の起源。皇太子・同妃時代の明仁と皇后美智子が最初にテニスをしたこと(いわゆる「テニスコートの恋」)で知られる隠れた名門。朝香宮の沓掛別邸跡に建てられたもので、買収した堤康次郎が皇室の為に用意した。1964年からは一般市民の利用は出来なくなり、事実上皇室専用施設となっている。名前こそ「プリンスホテル」だが、現在、いわゆるホテルとしての登録はされていない。1980年代に堤義明から非公式に「軽井沢御用邸」にとの計画が持ち上がったが、グループの経営悪化、民間からの献上は受けない定めが法律にあること、後年に堤義明の逮捕もあり立ち消えとなった。天皇皇后が1990年8月に静養の為訪れたのを最後に現在まで使用されておらず、年に一度のメンテナンスが行なわれているのみ。
  • 嬬恋プリンスホテル(群馬県吾妻郡嬬恋村) - 1979年開業。
  • 万座プリンスホテル(群馬県吾妻郡嬬恋村) - 1960年開業。
  • 志賀高原プリンスホテル(長野県下高井郡山ノ内町) - 1984年開業。長野オリンピックのスキー競技会場の1つとして一部の環境保護団体の反対を押し切って志賀高原焼額山スキー場と一体で開発した。なお、同オリンピックの誘致活動に携わったのは、1990年代にJOC会長に就任した堤義明である。南館(1987年)・西館(1996年)が増築され、当時の本館は東館へ改称。冬季営業だが、西館のみ夏季営業も行う。
  • 十和田プリンスホテル(秋田県鹿角郡小坂町) - 1977年開業。冬季は休業
  • 雫石プリンスホテル(岩手県岩手郡雫石町) - 1990年開業。1993年オートスリアチームよりオーストリアハウスを寄贈された。
  • 札幌プリンスホテル(北海道札幌市中央区) - 1972年開業。2004年に旧本館の代替としてタワー棟を増築。別館(旧・新館)は主に繁忙期のみ宿泊営業。
  • 新富良野プリンスホテル(北海道富良野市 - 1988年開業。清家清(デザインシステム)設計。
  • 富良野プリンスホテル(北海道富良野市) - 1974年に「北の峰プリンスホテル」として開業。
  • 函館大沼プリンスホテル(北海道亀田郡七飯町) - 1990年開業。黒川紀章設計。
  • 釧路プリンスホテル(北海道釧路市) - 1993年開業。北海道東部(ガレリア・タワー以東)で最も高い建物。同地には『釧路オリエンタルホテル』が所在していたが、1990年に親会社の釧路貨物自動車がコクドとの提携を契機に、大幅増築および改築を経て開業した。
  • 屈斜路プリンスホテル(北海道川上郡弟子屈町) - 1981年開業。2000年東館を増築
  • 大津プリンスホテル(滋賀県大津市) - 1989年開業。丹下健三設計。近江鉄道所有・近江観光運営のフランチャイズホテル。滋賀県で最も高い建物で、日本最大級のコンベンションホールがある。琵琶湖に面している。同地は堤康次郎・義明らの出生地でもある。
  • 日南海岸 南郷プリンスホテル(宮崎県日南市) - 1994年開業。リゾート法適用第一号。埼玉西武ライオンズの春季キャンプの宿舎としても使用される。

その他の宿泊施設

プリンスホテルが「プリンスホテル&リゾーツ」と位置づけているその他の宿泊施設。

  • 万座高原ホテル(群馬県吾妻郡嬬恋村)
  • 中国割烹旅館掬水亭(きくすいてい)(埼玉県所沢市) - 1990年開業。池原義郎設計。西武鉄道所有・西武レクリエーション運営。
  • ホテル シーパラダイス イン(神奈川県横浜市金沢区) - 1993年開業。横浜・八景島シーパラダイス内。横浜八景島所有・運営。
  • 芦ノ湖畔蛸川温泉龍宮殿(神奈川県足柄下郡箱根町) - 旅館。本館は旧浜名湖ホテルを移築したもの。
  • 箱根湯の花温泉ホテル(神奈川県足柄下郡箱根町)- 1988年開業。池原義郎設計。
  • ホテル大箱根(神奈川県足柄下郡箱根町) - 1992年開業。
  • 川奈ホテル(静岡県伊東市) - 1936年開業。大倉喜七郎が設立。元ホテルオークラ系。2002年にプリンスホテルが買収。
  • 伊豆長岡温泉三養荘(静岡県伊豆の国市) - 旅館。1929年開業。旧三菱財閥・岩崎久彌の旧別邸。新館は村野藤吾の遺作

海外ホテル

  • ハワイプリンスホテルワイキキ(アメリカ合衆国 ハワイ州ホノルル) - 1990年開業。西武グループ(旧西武不動産・ハワイ現地法人)が開発。
  • ハプナビーチプリンスホテル(アメリカ合衆国 ハワイ州 コハラコースト) - 1994年開業。西武グループが開発。
  • マウナケアビーチホテル(アメリカ合衆国 ハワイ州 コハラコースト) - 1965年開業。1990年に旧西武グループのハワイ現地法人が取得。海外のホテルでは唯一「ザ・プリンス コレクション」にカテゴライズ。
  • グロリアプリンスホテル・台北(華泰王子大飯店 / 中華民国 台北市) - 1972年開業。2001年フランチャイズ提携。
  • 剣湖山プリンスホテル(中華民国 雲林県) - 2003年開業。フランチャイズ提携。
  • ナイスプリンスホテル嘉義(中華民国 嘉義市) - 2006年開業。耐斯企業とのフランチャイズ。
  • プリンスホテル&レジデンス クアラルンプール(マレーシア クアラルンプール) - 2002年開業。フランチャイズ提携。


運営しているスキー場(ロープウェイ・普通索道)
  • 富良野スキー場 北海道富良野市
  • 雫石スキー場 岩手県岩手郡雫石町
  • 苗場スキー場 新潟県南魚沼郡湯沢町
  • かぐらスキー場 新潟県南魚沼郡湯沢町
  • 妙高杉ノ原スキー場 新潟県妙高市
  • 六日町八海山スキー場 新潟県南魚沼市
  • 志賀高原焼額山スキー場 長野県下高井郡山ノ内町
  • 軽井沢プリンスホテルスキー場 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
  • 万座温泉スキー場 群馬県吾妻郡嬬恋村

※狭山スキー場は西武レクリエーションが運営している。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/8/30現在 Copyleft(c)



東急 リフト1日券の買取の注意事項

■東急 リフト1日券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および東急 リフト1日券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■東急 リフト1日券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は東急 リフト1日券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の東急 リフト1日券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ