苗場スキー場 リフト引換券1日券 を高価買取します。

苗場スキー場 リフト引換券1日券 買取価格表

金券 - レジャー 買取価格
苗場スキー場 リフト引換券1日券
苗場スキー場 リフト引換券1日券 詳細はこちら
苗場スキー場 リフト引換券1日券
苗場スキー場 リフト引換券1日券

(2013年12月18日現在のデザイン)



苗場スキー場

苗場スキー場(なえばスキーじょう)は、新潟県南魚沼郡湯沢町にあるスキー場である。旧コクドの経営を引き継いだ株式会社プリンスホテルが運営している。


概要

東京から近い上、湯沢地区のなかでも一番の標高差があることで人気が高く来場者数も多い。 豪雪地帯の湯沢地区のスキー場の中でも一番内陸側にあり、標高が高いため良質の乾いた雪が降る。
西武グループの元総帥だった堤義明が自ら音頭を取り、筍山(標高1,789.7m)を買い取って一大リゾート地を建設する構想を企画し、1961年に苗場国際スキー場という名称でオープンした。
実際には右下写真のように、苗場山山麓に存在しているわけではなく、苗場プリンスホテルを中心にゲレンデが構成されている。初心者から上級者向けまでバラエティーに富んだゲレンデが存在し、スキースクールも行われている。
スキー用品のレンタルや宅配便で送るサービスもある為、手ぶら来場することも可能である。またプリンスホテルやゲレンデ(浅貝含む)のスキーチケット売り場、プロショップ、コンビニエンスストア、おサイフケータイを使用したiDなどでチケット等が購入可能となっており財布を持たずにスキーができるような工夫もされている。
また、2002年に近隣のかぐらスキー場(旧かぐら・みつまた・田代スキー場)との間に世界最長のゴンドラ(区間全長は5,481m)である「苗場・田代ゴンドラ」(ドラゴンドラ)が設置された。これにより苗場からかぐら・みつまた・田代の各スキー場にアクセスすることが可能になっており(スキーのオフシーズンでは観光用として利用されている)、全てのスキー場を総称して「Mt.Naeba」とも呼ばれる。毎年、苗場でライブを行う松任谷由実が「ドラゴンドラ」を命名したほか、彼女がライブを行なうスペース「ブリザーディウム」も彼女の命名である。松任谷由実が30年以上にわたってライブを続けている他、1999年からはフジロック・フェスティバルの会場ともなっている。


オープン期間

標高が高く営業期間は長い。営業期間が比較的長いのも特徴の一つである。外気温の低下に依存しないスノーマシン(人工降雪装置)の導入によってオープン時期が早まり、11月上旬から開業することもあった。 かぐらスキー場についで営業期間も長く、春スキーの期間が比較的長いのも特徴の一つで、かつては5月中下旬頃まで営業していたこともあった。 現在では、来場客数の減少、またドラゴンドラの出現でかぐらスキー場への客の割り振りが容易になったことあり、春の営業期間は縮小傾向にある。

早朝営業

かつては早朝の4時から営業していた。これは、スキーブーム期、朝の高速道路のスキー客渋滞を避け、深夜早朝の来場客が多かったり、 西武バス(西武観光)がスキーバスを運行していた時代に、早朝のバス到着客に合わせていたため。のちに早朝営業はなくなった。

ナイター営業

最も遅い時期は、毎日22時(週末は23時)までオープンしており、群馬県・新潟県の近隣のサラリーマンなどが日中の仕事を終えてから訪れる者も少なくなかった。


ゴンドラ・リフト

ドラゴンドラを含め3本のゴンドラを保有するのは、1つのスキー場(志賀高原スキー場を除く)で日本最多である。 多くの来場者をカバーするため、他にもクワットリフトをはじめ多くのリフトを配置し、混雑をカバーしている。 現在は来場者数が減ったため、休止しているリフトもある。


来場者数

スキー場としては日本一の来場者で、1987年公開の映画「私をスキーに連れてって」を契機にして、スキーブームが訪れた際、ピーク時は年間380万の来場者数を誇った。 当時、正月三が日の人出ランキングでも「明治神宮」「東京ディズニーランド」と並んで上位の常連であった。 現在は1/3程度となっているが、それでも単一のスキー場の来場者数は1位である。(エリアとしては志賀高原スキー場が1位)


交通
自動車
  • 東京・前橋方面から
関越自動車道月夜野ICより、国道17号を湯沢・新潟方面へ約33km(三国峠を越える)。冬場の三国峠越えはタイヤチェーン規制が行われることもある。
  • 新潟・長岡方面から
関越自動車道湯沢ICより、国道17号をみなかみ・東京方面へ約21km。
鉄道
  • 上越新幹線・上越線越後湯沢駅下車、南越後観光バス苗場プリンスホテル線利用で越後湯沢駅から約50分。
  • 苗場プリンスホテル宿泊者専用のエクスプレスバスもある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2012/11/9現在 Copyleft(c)



苗場スキー場 リフト引換券1日券の買取の注意事項

■苗場スキー場 リフト引換券1日券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および苗場スキー場 リフト引換券1日券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の苗場スキー場 リフト引換券1日券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■苗場スキー場 リフト引換券1日券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は苗場スキー場 リフト引換券1日券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の苗場スキー場 リフト引換券1日券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ