白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証 を高価買取します。

白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証 買取価格表

金券 - レジャー 買取価格
白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証
白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証 詳細はこちら
白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証
白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証

(2013年12月18日現在のデザイン)



白馬八方尾根スキー場

白馬八方尾根スキー場(はくばはっぽうおねスキーじょう)は、長野県北安曇郡白馬村八方にあるスキー場で、単体のスキー場としては日本国内最大級のスキー場である。「八方尾根スキー場」と呼ばれることが多い。1998年の長野オリンピックの際にはアルペンスキーの高速系種目および複合の競技会場となった。

経営母体は八方尾根開発(株)と白馬観光開発(株)の2社。

営業期間は積雪の具合により異なるが、通常の場合は12月上旬~5月のゴールデンウィーク最終日までとなる。夏季は唐松岳登山の入山コースとして、スキー場のゴンドラ、リフトが使われており、またグリーンシーズンはパラグライダー等の滑空も盛んに行われている。


白馬岩岳スキー場

白馬岩岳スキー場(はくばいわたけスキーじょう)は、長野県北安曇郡白馬村にあるスキー場である。初級から上級コースを備えた本格的スキー場である。ナイター営業は実施していない。

スノーボードは全面滑走可能。

夏はサマーゲレンデでの滑走が可能。

学生スキーのメッカとしても有名。


栂池高原スキー場

栂池高原スキー場(つがいけこうげんスキーじょう)は、長野県北安曇郡小谷村の栂池高原にあるスキー場である。


白馬五竜スキー場

白馬五竜スキー場(はくばごりゅうスキーじょう)は、長野県北安曇郡白馬村にあるスキー場である。かつて「五竜とおみスキー場」と呼ばれていた。

日本で初めてゴンドラリフトを導入した。


白馬乗鞍温泉スキー場

白馬乗鞍温泉スキー場(はくばのりくらおんせんスキーじょう)は、長野県北安曇郡小谷村にあるスキー場である。白馬コルチナ国際スキー場とつながりが深い。


白馬コルチナ国際スキー場

白馬コルチナ国際スキー場(はくばコルチナこくさいスキーじょう)は、長野県北安曇郡小谷村にあるスキー場である。

池の田ゲレンデのすぐ近くにホテルグリーンプラザ白馬があり、赤い屋根は当スキー場の象徴といえる。 また、白馬乗鞍スキー場ともつながりが深い。


鹿島槍スキー場

鹿島槍スキー場(かしまやりスキーじょう)は、長野県大町市平鹿島槍黒沢高原に位置するスキー場である。セントラルプラザ1130を中心にすり鉢状に広がる中央ゲレンデと、ベース部分に広がる中綱ゲレンデから構成されている。

ゲレンデからは鹿島槍ヶ岳や爺が岳といった北アルプスの山々が眺望できる。 白馬エリアのスキー場では大都市圏に最も近く、国道148号から中綱湖民宿街へと進む中綱ルートと、大町市内から大町温泉郷方面へ進む中央ルートの2ルートでスキー場にアクセスできるのが特徴である。

メルセデス・ベンツと提携した唯一のスキー場である。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2012/11/2現在 Copyleft(c)



白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証の買取の注意事項

■白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の白馬山麓 小谷スキーエリア リフト1日券引換証の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ