東京発着新幹線回数券 を高価買取します。

東京発着新幹線回数券 買取表

金券 - 新幹線回数券 買取価格
東京発着新幹線回数券
東京─新大阪(指定)    20枚綴り 詳細はこちら
東京─新大阪(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─京都(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─名古屋(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─新神戸(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─西明石(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─相生(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─新倉敷(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─広島(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─博多(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─新横浜(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─小田原(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─熱海(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─三島(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─新富士(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─掛川(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─浜松(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─豊橋(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─米原(自由)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─高崎(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─越後湯沢(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─長岡(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─燕三条(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─新潟(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─金沢(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─軽井沢(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─上田(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─長野(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─宇都宮(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─郡山(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─福島(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─仙台(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京─秋田(指定)    6枚綴り 詳細はこちら
東京発着新幹線回数券

東京駅

東京駅(とうきょうえき)は、東京都千代田区丸の内一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。

概要

東京の表玄関とも言うべきターミナル駅で、プラットホームの数は日本一多く、在来線が地上5面10線と地下4面8線の合計9面18線、新幹線が地上5面10線、地下鉄は地下1面2線を有しており、面積は東京ドーム約3.6個分に相当する。赤レンガ造りの丸の内口駅舎は1914年竣工で、国の重要文化財に指定されている。「関東の駅百選」認定駅でもある。現在、北海道[※ 1]と北陸地方(新潟県を除く)[※ 2]、離島でレールが繋がっていない沖縄地方以外の各地方へ(から)の列車が発着している。

乗り入れ路線

当駅にはJRの新幹線と在来線各線(後述)、東京メトロの丸ノ内線が乗り入れている。丸ノ内線の駅には「M 17」の駅番号が与えられている。また、当駅を発着するJR線と東京メトロ大手町駅間との連絡運輸は東西線のみ行われている[1]。

JRの駅に乗り入れている路線は、正式な路線名称上は、新幹線が東海道新幹線と東北新幹線の2路線、在来線が東海道本線・東北本線・総武本線・京葉線の4路線であり(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」を参照)、東海道本線を当駅の在来線における所属線としている[2]。管轄会社は東海道新幹線がJR東海、それ以外の路線がJR東日本となっている。これら各路線はすべて当駅を起点としており、当駅構内にはこれら各線の0キロポストが設置されている。ただし旅客案内では後述の運転系統名称が使用される。「東北(本)線」は案内上では上野駅発着の長・中距離列車を意味するため、当駅では現在用いられていない。なお中央本線についてもかつては当駅が正式な起点であったが、当駅 - 神田間における東北本線との二重戸籍区間を解消するため、JRへの移行に伴い中央本線は神田駅が起点とされた。ただし、現在でも0キロポストは設置されている。

運転系統では、JR東日本の新幹線ホームには、以下の路線の列車が乗り入れている。
東北新幹線 : 当駅 - 大宮駅間に新幹線の各列車が乗り入れている。
上越新幹線 : 大宮駅から東北新幹線に乗り入れている。
長野新幹線 : 長野駅 - 高崎駅間は北陸新幹線を、高崎駅 - 大宮駅間は上越新幹線をそれぞれ走行し、大宮駅から東北新幹線に乗り入れている。
山形新幹線 : 新庄駅 - 福島駅間は奥羽本線を走行し、福島駅から東北新幹線に乗り入れている。
秋田新幹線 : 秋田駅 - 大曲駅間は奥羽本線を、盛岡駅間は田沢湖線をそれぞれ走行し、盛岡駅から東北新幹線に乗り入れている。

また在来線に関しても多岐にわたる運転系統が発着する。これらの在来線各線のうち、京葉線と武蔵野線が同一の線路を共有している以外は、各系統ごとに専用の線路が割り当てられている。
中央線 : 中央本線の近距離電車[※ 3]。神田駅から東北本線に入る。
山手線 : 東海道本線・東北本線の電車線を走行する環状路線。
京浜東北線 : 東海道本線・東北本線の電車線を走行する近距離電車。
東海道線 : 東海道本線の列車線を走行する中距離電車および特急列車。
横須賀線・総武快速線 : 当駅以南は東海道本線地下線と支線(品鶴線)を経て大船駅から横須賀線に直通、当駅以東は総武本線を走行。
京葉線
武蔵野線 : 西船橋駅より京葉線に乗り入れている。

JRでは当駅を「中央駅」と位置付けており、前身である日本国有鉄道(国鉄)の時代から列車の進行方向を示す「上り・下り」の基点となっていた。現在、中央本線は当駅 - 神田間は戸籍上東北本線となっているが、起点であった当駅へ向かう列車が引き続き上りとされている。なお、「中央駅」である当駅は東京都区内および東京山手線内各駅を発着するJR線長距離乗車券の運賃を算出するためのキロ数基準駅ともなっている(前者:201km以上、後者:101 - 200km)。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(2012年2月17日現在の記述)

らくちん!!検索方法

※同一路線の複数買取について
同一路線の新幹線回数券の複数買取は路線ごとの
最大買取冊数までは同一レート。
最大買取冊数を超える場合は、左記買取率から
1%ダウン。

【買取例】新宿~甲府 買取率 98%(最大5冊) の場合

新宿~甲府 10冊
お買取:98.0%×5冊+ 97.0%×5冊


C制(クレジットカードで発券)回数券OK
新幹線回数券の確認の仕方
発券日を確認して下さい
表紙も同封して下さい

新幹線回数券の買取の注意事項

■新幹線回数券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および新幹線回数券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■新幹線回数券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は新幹線回数券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の新幹線回数券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ