大宮発着新幹線回数券 を高価買取します。

大宮発着新幹線回数券 買取表

金券 - 新幹線回数券 買取価格
大宮発着新幹線回数券
大宮─宇都宮(自由) 詳細はこちら
大宮─郡山(指定) 詳細はこちら
大宮─高崎(自由) 詳細はこちら
大宮─新潟(指定) 詳細はこちら
大宮-仙台(指定) 詳細はこちら
大宮─長野 (指定) 詳細はこちら
大宮発着新幹線回数券

大宮駅

大宮駅(おおみやえき)は、埼玉県さいたま市大宮区錦町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東武鉄道・埼玉新都市交通の駅である。

概要

JRでは、新幹線・在来線ともに東北地方と信越地方を結ぶ路線の分岐点に位置する。東武鉄道や埼玉新都市交通の路線を合わせると14の路線が乗り入れる日本有数のターミナル駅である。さいたま市の合併前は、JTB時刻表での旧・大宮市の中心駅だった。

当駅周辺にはJR東日本大宮総合車両センター・JR貨物大宮車両所(旧国鉄大宮工場)をはじめとして、国鉄時代から数多くの鉄道施設があり駅周辺は「鉄道の町」として発展した。現在では大規模な百貨店やオフィスビルが建ち並び賑わいを見せている。

乗り入れ路線 [編集]

JR東日本の新幹線・在来線各線と、東武鉄道の野田線、埼玉新都市交通の伊奈線(愛称:ニューシャトル)が乗り入れており、接続駅となっている。野田線・伊奈線はともに当駅が起点である。

JR東日本の駅に乗り入れている路線は、線路名称上は、新幹線が東北新幹線と上越新幹線、在来線が東北本線・高崎線・川越線であり、東北本線を当駅の所属線としている(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」を参照)。東北本線に関しては本線のほか、武蔵浦和駅経由の別線(埼京線の線路)が分岐している。上越新幹線・高崎線・川越線は当駅を起点としている。

新幹線の運転系統としては、上述の2新幹線のほかに山形新幹線、秋田新幹線の列車が東北新幹線経由で、北陸新幹線(長野新幹線)の列車が上越新幹線経由で乗り入れている。これらの新幹線はすべて当駅以南で東北新幹線上野駅・東京駅方面へ乗り入れる。

在来線の運転系統は以下のように多岐にわたっている。
京浜東北線 : 東北本線の電車線を走行する近距離電車。当駅を運転系統の起点/終点とし、東京駅以南で東海道本線へ乗り入れている。
宇都宮線(東北線) : 東北本線の列車線を走行する中距離列車。上野駅発着列車と、新宿駅経由で横須賀線に直通する湘南新宿ラインが存在する。後者は当駅以南で東北貨物線を走行し、さいたま新都心駅・浦和駅を通過する。
高崎線 : 線路名称上では当駅が起点であるが、当駅以南で東北本線の列車線(宇都宮線)に乗り入れる中距離列車。上野駅発着列車と、新宿駅経由で東海道線に直通する湘南新宿ラインが存在する。当駅以南の走行線路は宇都宮線に同じ。
武蔵野線(むさしの号・しもうさ号) : 当駅から与野駅まで東北貨物線を経由し、同駅から武蔵野線支線に入り、同駅は通過する。公式サイトなどの時刻表では、当駅のみ湘南新宿ラインの列車として扱われる。
埼京線・川越線 : 地下ホームに発着する。武蔵浦和駅方面の東北本線別線を走行する埼京線と、当駅を起点とする川越線の間で直通運転をしている。

東北新幹線

東北新幹線(とうほくしんかんせん)は、東京駅から新青森駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の高速鉄道路線およびその列車(新幹線)である。

 

概要

全国新幹線鉄道整備法に基づく新幹線鉄道として初めて『全国新幹線鉄道整備法第四条第一項の規定による建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画』(1971年運輸省告示)に盛り込まれた3線のうちの一つで(残り2線は上越新幹線と成田新幹線)、東京 - 盛岡間はこの告示をもって着工、1982年に大宮 - 盛岡間が開業し、1985年には上野 - 大宮間、1991年に東京 - 上野間が開業した。

一方、盛岡 - 新青森間は1972年に告示された改正基本計画に盛り込まれた5線(整備新幹線と呼ばれるもの)のうちの一つで、北海道新幹線(青森市 - 旭川市間)の建設基本計画と合わせて追加されたものである。2002年に盛岡 - 八戸間が、2010年に八戸 - 新青森間が開業した。この区間を並行していた東北本線は、岩手県側がいわて銀河鉄道線に、青森県側が青い森鉄道線に転換された。

最初の区間の着工から全線開業まで、他の新幹線は長くても10 - 20年前後のところ、39年かかっている。

日本最長の鉄道路線(営業キロ713.7km、実キロ674.9km)であり、線内の白石蔵王駅 - 仙台駅間にある 25.7km の直線区間は、日本最長の線路の直線区間である(日本最長の鉄道直線区間る室蘭本線・白老駅 - 沼ノ端駅間 28.736km には、駅構内などに分岐器による曲線部分が含まれる)。

 

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(2012年2月7日現在の記述)

らくちん!!検索方法

※同一路線の複数買取について
同一路線の新幹線回数券の複数買取は路線ごとの
最大買取冊数までは同一レート。
最大買取冊数を超える場合は、左記買取率から
1%ダウン。

【買取例】新宿~甲府 買取率 98%(最大5冊) の場合

新宿~甲府 10冊
お買取:98.0%×5冊+ 97.0%×5冊


C制(クレジットカードで発券)回数券OK
新幹線回数券の確認の仕方
発券日を確認して下さい
表紙も同封して下さい

新幹線回数券の買取の注意事項

■新幹線回数券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および新幹線回数券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の 在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■新幹線回数券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は新幹線回数券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の新幹線回数券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ