読売ジャイアンツ年間シートを高価買取します。

読売ジャイアンツ年間シート 金券買取表

金券 - 読売ジャイアンツ年間シート 買取価格
読売ジャイアンツ年間シート
読売ジャイアンツ 詳細はこちら
読売ジャイアンツ年間シート
読売ジャイアンツ年間シート買取表

(2013年4月12日現在のデザイン)



読売ジャイアンツ

読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、Yomiuri Giants、読売巨人軍)は、日本のプロ野球球団でセントラル・リーグの球団の一つ。日本に現存する12球団の中で最も歴史が長いプロ野球球団である。親会社は読売新聞グループ本社。運営法人の商号は「株式会社読売巨人軍」である。

東京都を保護地域とし、都内文京区にある東京ドームを専用球場(本拠地)としている。また、読売ジャイアンツ二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地は神奈川県川崎市多摩区にある読売ジャイアンツ球場である。



チームの特徴

球団名

  • 読売ジャイアンツのニックネームの「ジャイアンツ」はアメリカメジャーリーグのニューヨーク・ジャイアンツ(現・サンフランシスコ・ジャイアンツ)から取り、創設時には東京ジャイアンツと名乗った。

    • 現在でもアメリカのマスコミや日本の英字新聞などではTokyo Giantsと呼称される事がある

呼称について

戦前から、「ジャイアンツ」を日本語に意訳した愛称「巨人軍」が用いられている。球団の運営会社は現在も「株式会社読売巨人軍」である。球団広報等では、多く球団の自称に「巨人軍」を用いている。

野球規約上定められている球団呼称は「読売ジャイアンツ」であるが、テレビ放送などでは、一般には日本野球機構の球団名を漢字2字で表す慣習から、「軍」を略して「巨人」と呼ぶことが多い。読売グループを含めた全てのマスコミが「読売」と略称せず「巨人」と称するのは、他球団と異なり「巨人」という和名的愛称が広く定着しているためである。ただし、ドラフト会議においては「読売」と呼称されている。例えば自軍主催試合ではチケットの印字など他球団の表記も略称を使っている場合には「巨人」と表記され、場内アナウンスなど他球団でも球団呼称を使用する場合には「読売ジャイアンツのスターティングラインナップをお知らせいたします」などのように使用されている。したがって、本球団を指す呼称は「巨人」および「読売ジャイアンツ」の両方とも正しい事が明らかであるため、どちらか一方のみの呼称が正しいとするのは適切ではない。なお、読売巨人軍を指して「巨人」と言った場合、アクセントは「きょじん」の「きょ」に置かれる。

マスコット

  • 初代マスコットはミスタージャイアンツ。ペットマークとして、当時のジャンパーの右胸部分に大きいワッペンが貼り付けられていた。ミスタージャイアンツは長嶋茂雄の太い眉、王貞治の大きな目、川上哲治の太鼓腹がモチーフになったと言われている。デザインを手掛けたのは、相沢光朗。後に漫画家の森田拳次が雑誌『少年』で、このキャラを主人公とする漫画(コミカライズ版)を手掛けた(同年4月号縲鰀1967年頃まで連載)。
  • 2代目はバットに乗りボールに帽子と顔と手足を足した「バットに乗った少年」で、1980年から1991年までの12年間の長きにわたりペットマークとして使用された。
  • 3代目は1992年から使われている「ジャビット」である。これはチームのロゴマークであるYGの組み合わせに、ウサギを絡ませたものである。ペットマークとして使用。また、着ぐるみキャラクターでは「ジャビットファミリー」として5人のキャラクターが登場する。2007年からそれぞれ個別のキャラに愛称がつけられた(を参照)。
  • 2006年からペットマークを変更、東京の街並み(東京ドームや東京都庁舎など)のシルエットの中に「G-KING」という巨人が描かれたものになった。マスコットはジャビットのままである。
  • 2011年1月11日からペットマークを「ウイニングジャビット」に変更した。普通のジャビットを強さや格好良さのイメージを盛り込んだスマートなデザインにしたもの。


試合、勝敗、勝率に関する記録
優勝 42回(日本プロ野球記録)
・(1936年秋 - 1937年春、1938年秋 - 1943年、1949年、1951年 - 1953年、1955年 - 1959年、1961年、1963年、1965年 - 1973年、1976年 - 1977年、1981年、1983年、1987年、1989年 - 1990年、1994年、1996年、2000年、2002年、2007年 - 2009年)
日本一 21回(日本プロ野球記録)
・(1951年 - 1953年、1955年、1961年、1963年、1965年 - 1973年、1981年、1989年、1994年、2000年、2002年、2009年)
連続優勝最長記録 9年(日本プロ野球記録)
・(1965年 - 1973年)
Aクラス 68回
・(1936年秋 - 1946年、1948年 - 1961年、1963年 - 1974年、1976年 - 1978年、1980年 - 1990年、1992年 - 1996年、1998年 - 2004年、2007年 - 2010年)
Bクラス 8回
・(1947年、1962年、1975年、1979年、1991年、1997年、2005年 - 2006年)
連続Aクラス入り最長記録 14年(1948年 - 1961年)
連続Bクラス最長記録 2年(2005年 - 2006年)
シーズン最多勝利 92勝(1955年)
シーズン最多連勝 15連勝(1951年7月16日 - 8月3日)※1引き分けを挟む
シーズン最多敗戦 80敗(2005年)
シーズン最多連敗 11連敗(1975年9月4日 - 11日)
シーズン最多引分 16引き分け(1978年)
シーズン最高勝率 .769(1938年秋)(2リーグ制以降.731 1951年)
シーズン最低勝率 .382(1975年)
通算試合 8748試合(日本プロ野球記録・2リーグ制以降7527試合)
通算勝利 4982勝(日本プロ野球記録・2リーグ制以降4199勝)
通算敗戦 3503敗(2リーグ制以降3093敗)
通算引分 263引き分け(2リーグ制以降235引き分け)
通算勝率 .587(日本プロ野球記録・2リーグ制以降.576)
最小ゲーム差 0.0ゲーム(1974年、1986年)
最大ゲーム差 27.0ゲーム(1975年)
最長試合時間 5時間42分(2004年8月20日対広島東洋カープ)
最短試合時間 1時間14分(1951年3月31日対大阪タイガース)


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/4/19現在 Copyleft(c)



読売ジャイアンツ年間シート観戦・観劇券の買取の注意事項

■読売ジャイアンツ年間シート観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■HP上の買取レートは郵送買取限定になります。店頭買取とは異なりますので、ご注意ください。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ