東京ヤクルトスワローズ年間シートを高価買取します。

東京ヤクルトスワローズ年間シート 金券買取表

金券 - 東京ヤクルトスワローズ年間シート 買取価格
東京ヤクルトスワローズ年間シート
東京ヤクルトスワローズ 詳細はこちら
東京ヤクルトスワローズ年間シート
東京ヤクルトスワローズ年間シート買取表

(2013年4月12日現在のデザイン)



東京ヤクルトスワローズ

東京ヤクルトスワローズ(さいたませいぶライオンズ、Saitama Seibu Lions)は、日本のプロ野球球団でパシフィック・リーグの球団の一つである。

埼玉県を保護地域とし、同県所沢市にある西武ドームを専用球場(本拠地)としている。阪神タイガースと同じく、都道府県庁所在地以外の市に本拠地を置く。また、東京ヤクルトスワローズ二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地も一軍本拠地を同じ所沢市にあり西武ドームの近くにある西武第二球場である。



チームの特徴

球団名

東京ヤクルトスワローズの「スワローズ」の名称は、当時の国鉄では唯一の特急列車、かつ日本最速だった「つばめ」号に由来する。球団旗には、列車のヘッドマーク等に使われていた「つばめマーク亅を採用し、「スワローズ」のロゴデザインは国鉄のデザイン室がデザインしたものを今日まで使っている。

  • ニックネーム決定の際、国鉄職員を対象とした公募を行ったところ、「サービス」「ホイッスル」「弁慶」などの名前も挙がったが、最終案として残ったのが「スワローズ」と「キリバース」の2つである。しかし国鉄の社章「動輪に桐」は一般にそれほど知られておらず、国鉄内部向けの印象が強かった。一方、ツバメは古来スピードの象徴で、スピードを重視する野球チームの愛称にふさわしく、人の生活圏に営巣する習性があるので、人に愛される球団名として適切であることが考慮され、「スワローズ」で決定した、という経緯がある(徳永喜男「ヤクルトスワローズ球団史」参照)。
  • 元来「燕」は国鉄の象徴的な存在だった。1950年に国鉄自動車局がシンボルマークに「燕」を一般公募で採用しており、現在のJRバス各社がツバメをマスコットキャラクターとして継承しているのもその名残である。旧・丸善石油(現・コスモ石油)がツバメのマークを使っていたのも、開業当初に鉄道省との繋がりが深かったからである。現在の九州新幹線でも列車の愛称に「つばめ」号が使用されている。
  • 「国鉄は当初『コンドルズ』にしようとしたが、本業の鉄道が『“混んどる”ず』ではマイナスイメージだから取り止めた」「『“座ろう”ず』にすれば鉄道業としては快適なイメージだから採用した」という俗説が有名だが、これは漫才のジョークが元ネタである。なお、南海ホークスにも「コンドル」をチーム名候補とした話があるが、こちらは球団史にも記載されており、根拠のないジョークではない(『スポーツに関する都市伝説』の該当項目参照)。
  • 「アトムズ」は当時の親会社だったフジテレビでアニメが放映され、改名後産経新聞の日曜版にも漫画原作が連載されていた手塚治虫原作の『鉄腕アトム』からとった。なお広島東洋カープが創設された当初、アトムズも球団名の候補に挙がっていたといわれている(広島東洋カープ#チーム特徴を参照。由来は当球団とは異なる)。なお前述の経緯から、1969年だけは球団名・法人名を純粋にニックネームのみの「アトムズ(球団)」とした。


マスコット
現在
  • つば九郎 - 1994年登場。スワローズのヘルメットをかぶったツバメ。

    詳細は「つば九郎」を参照

  • つばみ - つば九郎の妹。1999年登場。

    詳細は「つばみ」を参照

  • 燕太郎(えんたろう) - 2005年登場。スワローズのユニフォームを着たツバメ。

    詳細は「燕太郎」を参照

ペットマークは、基本的につば九郎を使ったものが使用されるが、一部メディアでは燕太郎を使ったものを使用。

過去
  • アトム - アトムズ時代の1966年から1973年まで使用。漫画「鉄腕アトム」の主人公。球団旗やペットマーク等に使用。
  • ボールの顔をしたマスコット - 1978年登場。つば九郎の前のペットマークに使われたキャラクター。通称「ボール坊や」、正式名称はなし。
  • ヤー坊 - 1978年縲鰀1979年頃には登場し、つば九郎登場まで存在したツバメのキャラクター。神宮球場での着ぐるみのみだったようで、ペットマーク等に起用されなかった。
  • スーちゃん - ヤー坊と同時期に存在したツバメのキャラクター。
    • なおヤー坊・スーちゃんは、日本プロ野球初の着ぐるみキャラクターである。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/4/19現在 Copyleft(c)



東京ヤクルトスワローズ年間シート観戦・観劇券の買取の注意事項

■東京ヤクルトスワローズ年間シート観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■HP上の買取レートは郵送買取限定になります。店頭買取とは異なりますので、ご注意ください。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ