福岡ソフトバンクホークス年間シートを高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページプロ野球、Jリーグ観戦券買取表 > 福岡ソフトバンクホークス年間シート買取表

福岡ソフトバンクホークス年間シート 金券買取表

金券 - 福岡ソフトバンクホークス年間シート 買取価格
福岡ソフトバンクホークス年間シート
福岡ソフトバンクホークス 詳細はこちら
福岡ソフトバンクホークス年間シート
福岡ソフトバンクホークス年間シート買取表

(2013年4月12日現在のデザイン)



福岡ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホークス(ふくおかソフトバンクホークス、Fukuoka SoftBank Hawks)は、日本のプロ野球球団でパシフィック・リーグの球団の一つである。

福岡県を保護地域とし、同県福岡市中央区にある福岡ヤフオク!ドームを専用球場(本拠地)としている。また、福岡ソフトバンクホークス二軍(ウエスタン・リーグ所属)の本拠地は同市東区にある福岡市雁の巣レクリエーションセンター野球場である。


球団愛称
  • 戦後チームの球団愛称となった「グレートリング」は鉄道の車輪をイメージし、併せて近鉄の社章や沿線の「大和」地区(大→おおきな、和→わ、に掛けて「大きな輪」→グレートリング)、並びに合併会社である近鉄の一致団結をイメージしたものだった。しかしこれが性に関するスラングであったため、このチーム名を面白がって観戦に来た米軍兵士が「グレートリング」という言葉を聞くたびに大笑いしていたという(資料によって「女性器」「男性器」「性行為」と複数の説がある。あくまで俗語であるため真説は不明)。そのため翌年の親会社の変更に合わせて南海「ホークス」と改称している。
  • 福岡ソフトバンクホークスの「ホークス」は南海電鉄の社章が車輪の両側から鳥の羽根が伸びる意匠だったことから、鳥の名前から選択して決定した(この社章はもともと南海電鉄の前身の1つである阪堺鉄道〈阪堺電気軌道とは別〉のもので、さらに元をたどれば当時阪堺鉄道がイギリスから輸入した客車に付いていたカーテンのデザインに由来するという)もので、ダイエーとソフトバンクがそれぞれ買収した後も現在に至るまで引き継がれている。南海ホークスの球団史である『南海ホークス四十年史』(1978年)には、当初「コンドル」も愛称の有力候補に挙がったが、当時の松浦竹松球団代表が禿頭であったことから、コンドルを名乗るのは遠慮されたとある。また、南海電鉄社内報『親和』に1960年に掲載された文章には、最終候補として「ホークス」のほかに「カージナルス」があったという伝聞がみられる。のちに、ソフトバンクに譲渡される際にもチーム名を「コンドルス」にするプランがあったと孫正義オーナーが語っていたが、これは自らの頭髪が薄いことと「ハゲタカ」をかけた冗談である。また、一説にはホークスの名前の起源は高島屋難波店にある鷹の彫刻によって命名された、という説もある。
  • 「ホークス」は1947年途中から使っており、これは日本球界では「タイガース」(1936年から、ただし戦時中は使っていない)、「ジャイアンツ」(1947年から、ただし「巨人軍」は1936年から)、「ドラゴンズ」(1947年から)に次いで歴史が長い。
  • 福岡移転直後の福岡ダイエーホークスの低迷期には「ホークスの愛称を変更か?」との報道が何度かマスコミを賑あわせたことがあったが、当時フロント入りしていた杉浦忠らの反対もあって存続されて今日に至り、今や地域に根付いている。当時のオーナー代行の中内潤は「伝統のあるホークスの名前をダイエーという一企業の判断で代えることは出来なかった」とある雑誌のインタビューで語っている。


マスコット

福岡ソフトバンクホークスのマスコットはダイエー時代より使用されている、鷹を擬人化したもので「ハリー・ホーク」など8体。ホークファミリーの体の色はダイエー時代はオレンジ、ソフトバンクになってからはイエローになっている。

詳細は「ホークファミリー」を参照

ちなみに、南海時代も鷹を擬人化したマスコットキャラクターが存在していた(愛称・たかちゃん)。ペットマーク等に使われていた。

また2012年からは、内川・松田・本多・森福の各選手をモチーフにした着ぐるみキャラクターがヤフードームに登場。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/4/19現在 Copyleft(c)



福岡ソフトバンクホークス年間シート観戦・観劇券の買取の注意事項

■福岡ソフトバンクホークス年間シート観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■HP上の買取レートは郵送買取限定になります。店頭買取とは異なりますので、ご注意ください。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ