埼玉西武ライオンズ年間シートを高価買取します。

埼玉西武ライオンズ年間シート 金券買取表

金券 - 埼玉西武ライオンズ年間シート 買取価格
埼玉西武ライオンズ年間シート
埼玉西武ライオンズ 詳細はこちら
埼玉西武ライオンズ年間シート
埼玉西武ライオンズ年間シート買取表

(2013年4月12日現在のデザイン)



埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズ(さいたませいぶライオンズ、Saitama Seibu Lions)は、日本のプロ野球球団でパシフィック・リーグの球団の一つである。

埼玉県を保護地域とし、同県所沢市にある西武ドームを専用球場(本拠地)としている。阪神タイガースと同じく、都道府県庁所在地以外の市に本拠地を置く。また、埼玉西武ライオンズ二軍[1](イースタン・リーグ所属)の本拠地も一軍本拠地を同じ所沢市にあり西武ドームの近くにある西武第二球場である。



チームの特徴
  • 西鉄時代は三原・川崎徳次以外はチームの出身者が監督を務めた。太平洋・クラウン時代、西武時代は長らく外様監督が続いたが、1995年の東尾修以降は、伊原春樹、伊東勤、渡辺久信とチームの出身者の監督が続いている。
  • 西鉄黄金期の三原時代はトレードに消極的だった(ただし、広島に移籍した大和田明や近鉄に移籍した大津守のように、このままチームにいても出場機会に恵まれないと思われる選手を他球団に移籍させることはあった)のに対し、西武黄金期の根本・広岡・森時代は大型トレードを敢行。対照的な手法で黄金時代を作り上げた。

福岡時代

  • 戦時中の1943年に職業野球に参加していた西鉄軍は、親会社こそ同一企業(西鉄)だがチームとして直接の繋がりはなく、西鉄クリッパースは戦後一から作り直した球団である。
  • 西鉄クリッパースのニックネームの由来は、ニックネームを公募したところ、親会社だった西鉄が当時パンアメリカン航空の日本販売代理店だったことから、パンナム機の愛称「クリッパー」から採用されたと言われる[46]。
  • 西日本パイレーツの吸収合併に伴い1951年より採用した「ライオンズ」はライオン(獅子)から取ったもので、やはり公募による。西鉄時代から変わることなくニックネームとして定着している。ちなみに西日本パイレーツと合併した時には「ターザン」が流行していたため、愛称の最終選考には「ターザンズ」も残っていたという。
  • 1953年には中西太が平和台野球場のセンターバックスクリーンを越える、推定160mとされる大ホームランを放った。この他にも中西は多くの逸話を残しており、「野武士軍団」西鉄ライオンズの看板選手たる人物だった。
  • 西鉄全盛期というと「宿舎での女湯のぞきは当たり前、無断で他の選手のビールをスポーツ新聞の記者におごったり、博多どんたくの前日に仮装行列で繁華街を練り歩いたり…」といった数々の武勇伝が語り継がれているが、選手同士の仲は良いというよりも逆に悪すぎる(言い換えれば、馴れ合いが決してない)ほどで、たとえレギュラーであっても細かいミスを犯した選手に対しては容赦なく味方ベンチから罵声が飛んだ、大事な試合でエラーを犯した高倉照幸が、試合後全選手の前で土下座した(次の試合で高倉は名誉挽回の活躍をする)、全く試合に起用されない選手が、冴えないプレーをしたレギュラー陣に「俺の代わりに試合に出ていることを解っているのか」と説教したなど、エピソードには事欠かない。豊田泰光は「三原のオヤジの采配もさることながら、この雰囲気があったからこそ、3年連続日本一を達成できた」と述懐している。
  • 黒い霧事件以降は成績も低迷し、経営も逼迫していた。練習では球場外に飛んだファールボールを拾ってきては汚れを消しゴムで消して使い回すという有様だった。当時、巨人から移籍してきた関本四十四が若手の使っているバスタオルがぼろぼろなので自分が持っているものをあげると皆喜んでいたと述懐している。そんな状態だったので所沢に移転してエアコン完備の西武球場のベンチに入った選手は異様に驚いたという。

所沢時代

  • 所沢移転以降、「西武」を名乗っているが、元々は西武グループの意味であり、直接の球団親会社は1978年に旧クラウンライターライオンズを買収した国土計画(後のコクド)、2006年の西武グループの再編時にはコクドを吸収したプリンスホテルであった。しかし、2008年から本格化している地域密着の強化を目的として、2008年11月21日のプロ野球オーナー会議において、球団の親会社を所沢市内に移転していた西武鉄道に変更することが承認された[47]。
  • 西武になってからの球団シンボルマークは、西武線沿線にゆかりが深い手塚治虫の『ジャングル大帝』の主人公・レオを採用している。肖像権料は1億円という。
    • 作者の手塚によると、堤オーナーから直接「引退中のジャングル大帝レオを球団マークとして復帰させてみる気はないですか」との連絡があり、さらに「子供のレオではなく、大人になってからのレオに衣服(ユニフォーム等)を着用させて使いたい」との意向も示され、球団マスコットとしてレオが(人型で)登場した。発表後、手塚の周囲では「あれはレオじゃなくて父親のパンジャじゃないか。パンジャ球団にでもするのか」などと冷やかされたという。マスコットには他に女性キャラのライナがいるが、こちらは球団としてのオリジナルキャラクターとなるため、鼻の頭の色や目の大きさ等何度も作りなおした末に仕上げ、思い出深いキャラクターになったという。実際その後、手塚の自室では様々なライナの失敗作を飾っていたとのこと[48]。共に当初は背番号無し(のちにユニフォームのスポンサー・ナイキのロゴが入る)。また、このマスコットは「異競技交流」の一環として、2003-2004年シーズンに西武鉄道アイスホッケー部を統合したコクドアイスホッケーチームにも使用された(チームが西武プリンスラビッツとなった2006年からは使用せず)。
    • このレオの名前は共通SFカードシステム「パスネット」に加盟する西武鉄道のプリペイドカードの名称にも使用されていた(SFレオカード)
  • 2003年までのホーム用で使用されていたユニフォームによる白地に緑・青・赤のストライプを配した塗装は「ライオンズカラー」と呼ばれ、ユニフォームの変わった現在でも西武4000系電車・西武8500系電車や西武グループに所属する西武バス・伊豆箱根鉄道・近江鉄道のバスなど様々な場所で使用されている。このユニフォームは2009年の「ライオンズ・クラシック2009」企画で再び着用された。
  • 宣伝広告やチケットなど長らく自軍は「ライオンズ」、相手は企業名で表記する(例:「ライオンズ対ロッテ」)ことが多かった。
  • 西武鉄道の駅においては、試合のスコア速報を掲示板にて示している。かつては上記のように自軍表記は「ライオンズ」、相手は企業名であったが、近年は球団ロゴを使用する形となっている。
  • 西武鉄道の車内中吊りや駅では勝利試合や入団会見などの写真(基本的に白黒写真)を「ライオンズニュース」の名で掲示していた。特に勝利した試合の写真は、翌日には車内に掲示されるようになっていた。
  • 1982年に西武としてリーグ初優勝以来、2006年まで日本プロ野球新記録となる25年連続Aクラス入りを達成した。それ以前、黒い霧事件が発生する前の1968年から西武発足3年目だった1981年までの14年間ではAクラス入りが太平洋時代の1975年に1回(3位)しかなかった。
  • パ・リーグでは唯一、埼玉西武ライオンズ(福岡時代や西武ライオンズ時代も含む)としてセ・リーグに現存する6球団全てと日本選手権シリーズで対戦している。そのうち、西武時代からの対戦順に中日ドラゴンズ・読売ジャイアンツ・広島東洋カープ・ヤクルトスワローズの4球団には勝利したが、広島以外の5球団には福岡時代を含め敗北した経験がある。またこの6球団全てと対戦した事実を生かし、2011年の交流戦で「交流戦OB対決」と称して西武(投手)とセ・リーグ6球団(打者)のOB同士による始球式1打席対決を行った。


マスコット

埼玉西武ライオンズのマスコットキャラクターは、以下の2体。どちらもデザインは、手塚治虫。詳しくは当該項目を参照。

  • レオ
  • ライナ

なお、太平洋・クラウン時代は黄色い顔のライオンをペットマークに使用[57]。また、西鉄時代もライオンをデザインしたペットマークを使用。当時のジャンパーの胸部にワッペンが張り付けられていた。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/4/19現在 Copyleft(c)



埼玉西武ライオンズ年間シート観戦・観劇券の買取の注意事項

■埼玉西武ライオンズ年間シート観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■HP上の買取レートは郵送買取限定になります。店頭買取とは異なりますので、ご注意ください。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ