北海道日本ハムファイターズ年間シートを高価買取します。

金券ショップ アクセスチケットトップページプロ野球、Jリーグ観戦券買取表 > 北海道日本ハムファイターズ年間シート買取表

北海道日本ハムファイターズ年間シート 金券買取表

金券 - 北海道日本ハムファイターズ年間シート 買取価格
北海道日本ハムファイターズ年間シート
北海道日本ハムファイターズ 詳細はこちら
北海道日本ハムファイターズ年間シート
北海道日本ハムファイターズ年間シート買取表

(2013年4月12日現在のデザイン)



北海道日本ハムファイターズ

北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんハムファイターズ、Hokkaido Nippon-Ham Fighters)は、日本のプロ野球球団でパシフィック・リーグの球団の一つである。 北海道を保護地域とし、道内札幌市豊平区にある札幌ドームを専用球場(本拠地)としており、2003年までの本拠地である東京都文京区にある東京ドーム(後述)を現在も準本拠地としており、更に道内の地方球場(後述)でも主催公式戦を開催している。また、北海道日本ハムファイターズ二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地は千葉県鎌ケ谷市にあるファイターズスタジアムである。


チームの特徴

球団史上、生え抜き監督(当球団のみで現役生活を終えた後に監督を務めた人物)は保井浩一、土橋正幸の2人のみである(なお、土橋は日拓時代の1973年と日本ハム時代の1992年に監督を務めたが、その間の1984年から1986年にヤクルト監督を務めた事がある)。また、1992年の土橋退任後の6人については、現役生活22年のうち最後の7年間在籍した大島康徳を除いて、北海道日本ハムファイターズでプレーした経験がない完全な外部招聘監督である。

北海道日本ハムファイターズ歴代の4番打者も他球団から移籍した選手が多い。小田義人(ヤクルト)、柏原純一(南海)、落合博満(巨人)、外国人では1990年から1994年のマット・ウインタース、1999年から2002年のシャーマン・オバンドー、2004年から2007年まで、4番に座っていたフェルナンド・セギノールなどである。80年以降、半シーズン以上定着した生え抜きの4番打者は古屋英夫、田中幸雄、高橋信二、小谷野栄一、中田翔のみである。

チーム名が日本ハムに変わってからトレードによる補強が積極的に行われ、他球団と比較しても多い。それは生え抜きレギュラーやチームの顔、またタイトルホルダーも例外ではなく、特に主力捕手が入団から引退までいたケースが皆無に等しい。この積極的トレードの姿勢は監督・フロントとして長年務めていた大沢啓二によるチーム体質改善が今も受け継がれている。

2006年以降で見ると、同年3月24日に行われた岡島秀樹と實松一成・古城茂幸のトレードから数えて、22人の選手がトレードによる入団、24人の選手が退団であり、これは毎年約6人の選手がトレードで入れ替わるペースである。ベテラン生え抜き選手や主力選手であってもトレードされる事があり、その根拠となっているものは「ベースボール・オペレーション・システム(BOS)」という情報システムである。これは所属選手をセイバーメトリクスを元に成績・年俸・年齢によって主力、控え、育成、在庫の4種類に分類し、現場とフロントがチーム編成に関して客観的な数値に基づく共通の理解のもと、若手を適正に育て、ベテランを適宜放出することで、年俸総額を抑えながらチーム力を維持し、登録選手全員を戦力として活用することを目標としたものである。BOSは千葉ロッテマリーンズ、福岡ソフトバンクホークス、読売ジャイアンツにも採用されているが、他球団ではセイバーメトリクスに未だ懐疑的で日本ハムほど重用されていない。過去にスキャンダルを起こした選手についても、「獲るべき選手を獲る。名誉挽回のチャンスを与えることが、球界全体にとって必要。(山田正雄GM)」とこだわらない方針である。背景には、低コストで戦力を整えるためには「何らかの事情でもなければ、良い選手を獲るのが難しい(同GM)」という判断がある。

上記の通り年俸総額を抑えるため、ほとんどが高年俸であるフリーエージェント(FA)選手の獲得には基本的には消極的である。そんな中、2004年オフに唯一稲葉篤紀をFAで獲得している。 過去1人も育成選手を採用しておらず、現在は12球団中唯一となっている。過去に育成枠に大学生を指名しようとしたが、その大学生が既に内定を得ていたため、NPBから「内定者への育成枠指名は禁止」と通達され断念。現在、「いくら個別練習しても、実戦体験に勝る練習は無い」という方針で、選手の出場機会を増やすために取ってはいない。

過去1人も盗塁王を出していない。張本勲と島田誠は、かつて共に通算300盗塁を記録したが、広瀬叔功や福本豊がタイトルを保持し続けた期間が長く、タイトルを取れなかった。

本塁打の出やすい東京ドームを本拠地としていた時代はビッグバン打線を中心とした攻撃型チームだったが、広い札幌ドームに本拠地を移転したことと、2005年に5位に終わった事で監督のトレイ・ヒルマンがチーム方針を転換したことを機に、2006年以降は投手力・守備力主体のチームとなり、犠打や走塁による得点を目指すスモールボール型のチーム編成となった。



マスコット
熊のマスコット(正式名称不明)
東急時代の1949年に、ユニフォームの胸マークの右上に入れていた。
帽子をかぶった少年の似顔絵(正式名称不明)
東映時代の1972年から日拓時代の1973年に、上記似顔絵が入ったペットマークを採用。球団発行印刷物に使用されていた。
弓を射るヘラクレス(正式名称不明)
日本ハム球団となってから1987年までペットマークに採用していた。
ユニフォームを着た少年(正式名称不明)
上のヘラクレスのマークと同時期にペットマークとして使用された。背番号は「100」。
ギョロタン
1980年、球団の着ぐるみマスコット第1号として登場。モチーフは太陽。名前の由来は「ギョロ目のタン吉」から。自転車が得意だった。晩年にはスクーターで走ることが多かった。
ちなみにギョロタンは、パリーグ初の着ぐるみキャラクターであり、ヤクルトスワローズのヤー坊に続き、日本球界2体目の着ぐるみキャラクターである。
ファイトくん
1988年の東京ドームへの移転に合わせて登場。翼をつけた戦士にバットとヘルメットをつけた1頭身の姿。ペットマークはもちろん、着ぐるみ化もされ、動物の着ぐるみ数体と共に球場を盛り上げた。
甲冑の戦士(正式名称不明)
1993年から2003年までのペットマーク。ユニホームを着た騎士が、剣の代わりにバットを振り上げているポーズ。
ファイティー(100)
1993年に登場した、東京ドーム時代の翼竜型のマスコット。英語表記は「FIGHTY」。大社義規オーナーがモデルといわれており、背番号も同じ100だった。北海道移転の際に引退が予定されていたが、ファンによる存続希望の署名活動を受け、北海道移転後の2年間は東京ドームでの主催試合限定で登場していた。2005年8月17日に現役引退。この日東京ドームでは引退セレモニーが行われた。
B・B(ブリスキー・ザ・ベアー)(212)
愛称「B・B(ビー・ビー)」。2004年、球団の北海道移転とともに登場。詳しくは当該項目を参照。
カビー(カビー・ザ・ベアー)(337)
B・Bの年の離れた弟で、2006年から登場している二軍マスコット。詳しくは当該項目を参照。
ベビービー(baby☆B)
B・Bの小学生時代の姿。2010年デビュー。
ポリー(ポリーポラリス)
北海道移転10年目となる2013年シーズンに向けて2012年オフに登場した、球団初の女の子のマスコット。エゾリスがモチーフになっている。1軍公式戦デビューは札幌ドームではなく、2013年3月30日にマスコット交流で訪れた西武ドームでの対埼玉西武ライオンズ戦であった


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/4/19現在 Copyleft(c)



北海道日本ハムファイターズ年間シート観戦・観劇券の買取の注意事項

■北海道日本ハムファイターズ年間シート観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■HP上の買取レートは郵送買取限定になります。店頭買取とは異なりますので、ご注意ください。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ