中日ドラゴンズ年間シートを高価買取します。

中日ドラゴンズ年間シート 金券買取表

金券 - 中日ドラゴンズ年間シート 買取価格
中日ドラゴンズ年間シート
中日ドラゴンズ 詳細はこちら
中日ドラゴンズ年間シート
中日ドラゴンズ年間シート買取表

(2013年4月12日現在のデザイン)



中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズ(ちゅうにちドラゴンズ、Chunichi Dragons)は、日本のプロ野球球団でセントラル・リーグの球団の一つである。

中日ドラゴンズは愛知県を保護地域とし、同県名古屋市東区にあるナゴヤドームを専用球場(本拠地)としている。また、中日ドラゴンズ二軍(ウエスタン・リーグ所属)の本拠地は同市中川区にあるナゴヤ球場[1]である。


ナゴヤドーム

ナゴヤドーム(Nagoya Dome)は、日本の愛知県名古屋市東区大幸南一丁目1番1号にあるドーム型野球場。また、同球場を運営する企業である。企業としての商号は、株式会社ナゴヤドーム(Nagoya Dome Company, Limited)。運営企業についての詳細は、#運営企業を参照。

日本プロ野球セントラル・リーグ(セ・リーグ)加盟球団の中日ドラゴンズが専用球場(本拠地)として使用している。


チーム特徴
  • 中日ドラゴンズは中部地方唯一の球団ということもあり、東海3県や北陸3県には熱心なドラゴンズファンが多く、中日新聞東海本社が置かれている浜松市やその隣の磐田市を中心とする静岡県西部地方、中日スポーツの購読エリアの滋賀県(特に岐阜や三重の県境に近い彦根市や長浜市周辺)、長野県飯田市周辺の南信地方や松本市周辺の中信地方にも多くのファンがいる。近隣の岐阜や豊橋、浜松などでは毎年地方試合が開催されており、特に豊橋市民球場開催時は、往年のナゴヤ球場を彷彿させる応援であり、昔の応援を懐かしむ中日ドラゴンズファンも、東三河だけでなく各地からつめかける。
  • 中日ドラゴンズニックネームの「ドラゴンズ」は親会社・中部日本新聞社(社名は当時)の杉山虎之助社長の干支「辰」にちなむ。現在の球団名「中日ドラゴンズ」の初出は1948年のことで、親会社よりも先に「中日」と名乗ったことになる。
  • 明治大学出身者が多い。その他、応援スタイルや、ユニフォームのデザイン等共通点が多い[20]。
  • 中日ドラゴンズの親会社が新聞社というライバル関係もあり、「巨人にさえ勝てば優勝しなくてもいい」「巨人にだけは勝て」と言われていたと、数多くのOBが証言している。巨人のみに主眼を置いた結果が、巨人戦で力を使い果たし下位球団に取りこぼしが発生し、結果「2位が多い」「優勝できない」ことの一因とも言われている。1954年の日本一以降は日本シリーズで敗退することが多く、これも(巨人を破って)リーグ優勝した時点で達成感があるため、名古屋でのゲームを必ずと言っていいほど落とし(日本一にはなったものの、1954年も第6戦で負けている)、日本シリーズで敗退する一因とも言われている。
  • 巨人対阪神戦が「伝統の一戦」と呼ばれて阪神がライバル球団とされているが、通算の巨人との対戦成績(勝率)は中日ドラゴンズが阪神を上回りセ・リーグ球団中1位である(2012年シーズン終了時点。中日ドラゴンズは779勝960敗52分で.4480、阪神は755勝974敗66分で.4367となっている[21])。
  • 巨人対阪神戦がイベント的な盛り上がりを見せるのに対し、巨人対中日ドラゴンズ戦は親会社同士の関係も有り、殺気立った遺恨試合の様相を呈することも少なくなく、特に1990年代以前はその傾向が強かった。多くの選手が異様な雰囲気だったことを証言している。また、怪我で巨人を自由契約になった近藤貞雄や、川上哲治に巨人を追われた経緯を持つ与那嶺要、巨人からドラフト1位指名の確約をもらいながら実際には指名されなかった星野仙一など、個人的な遺恨がチームに持ち込まれていたこともある。
  • 中日ドラゴンズ監督選考に際し、生え抜き中心と言う訳では無く2年以上在籍した移籍選手でも数年監督を務める傾向がある一方で、山内一弘や山田久志の様に、中日ドラゴンズの選手経験が無い、所謂「外様」に関して言えば風当たりが厳しく、外様監督でのリーグ優勝や日本一経験があるのも、2010年シーズン終了後現在ではノンプロの天知俊一(1954年)のみである。ただし、中日ドラゴンズ監督交代の激しいチーム事情もあり、かつては2~3年以内やシーズン途中での監督辞任、休養による交代も珍しくは無く、特に95年シーズンは2度の監督交代が行われた(高木守道→徳武定祐→島野育夫)。通算で5年以上務めたのは、天知、与那嶺要、星野仙一、落合博満の4人だけである。
  • 中日ドラゴンズは日本シリーズには10回出場しているが、1954年に最初の日本一になってから2007年に2回目の日本一になるまで6連敗した。これは日本プロ野球の単独ワースト記録である。また、1954年に最初の日本一になってから2007年に日本一となるまで53年間日本一になっていなかったのは、日本一を達成している球団中最長記録である。またクライマックスシリーズが制定された以降はリーグ優勝以外の球団が日本一になる可能性があるため、リーグ優勝を経ての日本一という俗に「完全優勝」と言われる概念が生まれた。この概念においては1954年から58年間(2013年現在)完全優勝から見離されており、これも日本プロ野球の最長記録である。2007年の日本一はリーグ2位からクライマックスシリーズを経てのもの(2007年にリーグ優勝したのは巨人)である。日本シリーズでの通算成績は、60試合を行って23勝、勝率.383は日本プロ野球に現存する球団(日本シリーズ未進出の楽天を除く)中では最低である。
  • 日本一達成球団の中で、唯一敵地での日本一がない(1954年は当時の中日球場、2007年はナゴヤドームで日本一になっている)。
  • 一方、交流戦においては初年度(2005年)こそ15勝21敗で、12球団中9位と苦戦したものの、2006年以降は軒並み勝ち越し、もしくは五分以上の成績を残しており、2012年交流戦終了時点で通算216試合を消化し、110勝99敗7分、勝率526であり、12球団中5位、セ・リーグ球団においては巨人[12球団中4位(111勝97敗8分勝率534)]に次いで2位の成績である。ちなみに2012年の交流戦は24試合で12勝8敗4分、勝率600で、12球団中4位、セ・リーグでは2位である。加えて、2012年5月20日の西武戦に勝利し、セ・リーグ最速の交流戦通算100勝到達球団となった。
  • かつてはパ・リーグの球団相手に勝てない(日本シリーズでの分の悪さや交流戦初年度の苦戦等に因り)と言われてきたが、パ・リーグの球団が奮闘している交流戦(2011年までの7年間は全てパ・リーグの球団が優勝している[22]。)においてはむしろそこそこ健闘している部類である。 
  • 打線の愛称は「強竜打線」「恐竜打線」など。かつてナゴヤ球場(改修前)を中日ドラゴンズ1軍の本拠地にしていた時期は、狭い球場を生かした打力が売りのチームだったが、ナゴヤドームへ移転してからはチームが不振に陥り、一転して投手を中心とした守備重視のチームへと切り替え、2004年以降は奮起も目立つ。
  • 落合監督の時代となった2004年以降、助っ人の新外国人選手にドミニカ共和国出身選手が多いという特徴があり、2009年・2010年はアジア出身を除くと全外国人枠選手がドミニカ出身の選手である。詳細は中日ドラゴンズ#ドミニカ共和国とのつながり参照。
  • 育成選手の背番号が他球団では100番台を使うのが多いなか、育成選手には200番台を採用している(100番台はチームスタッフに採用している)。
  • 巨人・阪神・オリックスとともに、日本プロ野球発足時から存続している4球団の一つである。(ただし、産業軍時代は一時的に中部日本新聞社は中日の経営から手を引いており、経営母体まで全く変わっていないのは中日とオリックスを除く2球団)
  • 優勝時は巨人が2位になることが多く、1999年の5回目のリーグ優勝までは、すべて2位の球団は巨人だった(ただし、1988年のマジック対象チームは広島だった。)が、優勝時に巨人が2位ではなかったのは2004年が初めてである。このときは2位・マジック対象チームはヤクルトだったが、優勝を実質的に争ったライバルは巨人だった。
  • 2位になることが非常に多く、1950年に2リーグ制になってから2012年までの63シーズンで2位に24回なっており、この回数は2リーグ分立以降の両リーグでは最多であり、1リーグ時代(1943年、1947年の2回)を含めても、1球団の記録としては最多の26回である(1990年以降だけでも1991年、1993・1994年、1996年、1998年、2000年、2003年、2005年、2007年、2009年、2012年の10回)。そのため、2位が中日の「定位置」と呼ばれることもある(「万年2位」、「優勝と縁遠い」という悪いニュアンスも含む。『サンデードラゴンズ』で「もう2位はいらない」というナレーションが入ったこともある。)。23回の2位の内、最多優勝は巨人の14回。特に1963年、1994年、1996年、2000年、2009年は、直接対決で巨人に敗れて優勝を決められた。
  • 2位が非常に多いのは、巨人が2リーグ制移行後に33回も優勝していることもあるが、1994年の10.8決戦での敗北などに代表されるように、ここ一番で勝ち切れない体質も指摘されている。1990年代以降だけを見ても、1991年の広島、1993年のヤクルト、1994、1996、2007、2009年の巨人、1998年の横浜、2005年の阪神との優勝争いが挙げられる。その多くの年では首位と大きくゲーム差がついた状態から猛追して、あと一歩というところまで迫りながらも天王山の試合で致命的な敗北を喫し、優勝を逃した。ただし、2010年は首位巨人に一時は8ゲーム差をつけられながら後半に追い上げ、阪神も含めた三つ巴の優勝争いを制している。2011年も首位ヤクルトに最大10ゲーム差をつけられながら後半の猛進撃で追い抜き、直接対決でも圧勝して優勝を果たしており、2年続けて上記のパターンを破る形になった。また1999年、2006年には逆の立場で、一時の独走状態からそれぞれ巨人、阪神の猛迫を受けながら、最接近を許した直後の試合でライバルを退け、優勝を果たした。
  • かつては「前半戦を首位で折り返すと優勝できない」というジンクスがあり、1979年、1984年、1991年などはこのパターンで優勝を逃した。しかし1999年にこのジンクスを破って以降は、2004年、2006年も最後まで首位の座を明け渡すことなく優勝している。
  • かつては数年周期で低迷の年が来て、その翌年に優勝争いに絡むことが多かったが、2004年以降はほぼ毎年優勝争いに絡んでいる。
  • 2012年現在まで12球団で最も長くAクラス入りを維持している球団である(最後のBクラスは5位である2001年)。2011年にリーグ優勝を果たしたため10年、2012年に2位になり、11年連続Aクラス入りの球団新記録となった。[23]。
  • また、長期低落のない球団であり、2シーズン以上連続のBクラス転落が少ない球団でもある。2シーズン以上連続のBクラスは1987年以降、1回も記録しておらず、セ・リーグの球団では連続Bクラス転落から最も遠ざかっている球団である。ちなみに、最後の連続Bクラス転落は1985年・1986年の2年連続で、両年とも5位である。そして、球団最長の連続Bクラス期間は1リーグ時代の1939年〜1942年の4年連続が最長であり、2リーグ分立以降では1968年〜1970年の3年連続が最長である。1950年の2リーグ分立以降、現存する12球団を通じて、読売ジャイアンツの2005年・2006年の2年連続に次ぐ短さである[24]。加えて、2リーグ分立以降では、1950年〜2012年終了時点の63シーズンで、Aクラス入りが46回もあるのに対し、Bクラス転落はわずか17回だけであり、巨人に次いで、Bクラス転落回数の少ない球団である。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/4/19現在 Copyleft(c)



中日ドラゴンズ年間シート観戦・観劇券の買取の注意事項

■中日ドラゴンズ年間シート観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■HP上の買取レートは郵送買取限定になります。店頭買取とは異なりますので、ご注意ください。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ