広島東洋カープ年間シートを高価買取します。

広島東洋カープ年間シート 金券買取表

金券 - 広島東洋カープ年間シート 買取価格
広島東洋カープ年間シート
広島東洋カープ 詳細はこちら
広島東洋カープ年間シート
広島東洋カープ年間シート買取表

(2013年4月12日現在のデザイン)



広島東洋カープ

広島東洋カープ(ひろしまとうようカープ、Hiroshima Toyo Carp)は、日本のプロ野球球団でセントラル・リーグの球団の一つである。

広島県を保護地域とし、同県広島市南区にあるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島を専用球場(本拠地)としている。また、広島東洋カープ二軍(ウエスタン・リーグ所属)の本拠地は山口県岩国市にある広島東洋カープ由宇練習場である。


概要

広島東洋カープは親会社を持たない市民球団として結成されたという他の球団と比較して特異の歴史を有する。マツダは球団の3分の1以上の株式を保有する筆頭株主であり、球団名の「東洋」はマツダの旧社名「東洋工業」に由来するが、マツダは広島東洋カープを「持分法を適用していない非連結子会社」と位置づけており[3]、親会社としての球団への資金提供(赤字補填など)など球団経営への積極関与は行っていない(ただし、現在の常務取締役球団本部長である鈴木清明はマツダからの出向である)。その一方でマツダ創業家である松田家の所有する株式を全て合わせるとマツダの所有比率を上回り[2]、歴代のオーナーも松田家から輩出されていることから、実質的に同族経営を行っているという見方もある。市民が直接株式を保有するという意味での市民球団ではないが、特定の企業に依存しないという意味では今なお市民球団のイメージを有する[4]。


チームの特徴
  • ニックネームの「カープ」は「鯉」の英語『Carp』に由来。名付け親は政治家の谷川昇(公職追放指定を受けたため球団経営には参画せず)。このニックネームになった経緯は以下の通り。
    • 広島市を流れる太田川が鯉の産地であること
    • 広島城が鯉城と呼ばれていること、鯉は滝を登る出世魚であること、また当時、太平洋戦争での広島市への原子爆弾投下の後に生まれたチームであることから滝を登る鯉の姿に広島の復興の想いを込めようとしたこと
    • 谷川の発言「文献によると、鯉は諸魚の長となす。形既に愛す可く又神変乃至飛越をよくす、とある。また己斐(こい)〔広島市西区の地名〕は鯉から転化したものであり、恋にも通ずる」から
    • 当初は「カープス」だったが、Carpは単複同形という指摘を受け「カープ」に改め正式名称とした(ただしチーム名としてCarpを使用する場合には最後にsを付けるのが正しく「カープス」は間違いではない。実際、メジャーリーグでは単複同形のMarlinにsを付けたマイアミ・マーリンズがある)。他のニックネーム候補にはレインボー(虹)、アトムズ(原子)、ブラックベア(黒熊)、ピジョン(鳩)、グリーンズ(緑)などがあった。このうち「グリーンズ」は1954年に結成された二軍の前身チーム(広島グリーンズ)に使用された。また「アトムズ」はその後1966年から1973年にサンケイ→ヤクルトが、フジテレビジョンのアニメ鉄腕アトムに由来する名称として採用していた。なお、現在のプロ野球12球団でチーム名が複数形のsのス、ズ、ツで終わらない唯一のチームである。
      • メディアなどで一文字の略称を用いる場合、漢字では「広」、アルファベットでは「C」で表記される[45]。また、一般的な略称は「広島」であって「広島東洋」の略称を使うのはドラフト会議などに限られている。
      • テレビやラジオのプロ野球中継などでは前の球団名である「広島カープ」と呼ばれる事が比較的多い。
  • 広島東洋カープのチームをイメージさせるカラーとして赤が知られている。1958年にユニフォームのロゴ・袖口・襟周りに赤い縁取りがなされ、1975年には当時のジョー・ルーツ監督のアイディア[46]で帽子を赤一色に変えたのがその由来で(前述)、1977年以降はホーム用ユニフォームに赤と白を基調としたデザインが用いられている。ただし、球団旗は40年近く紺地の中央に白文字で「H」が描かれたシンプルなデザインであり、赤が用いられたことはない。
  • 資金難もあって監督は広島東洋カープチームの生え抜き、すなわち他球団への在籍経験がない選手が昇格することが多いが、球団の黎明期には白石勝巳、門前眞佐人といった、他球団から選手として移籍してきた広島県出身者を中心とした選手が(選手兼任で、あるいは引退後に)監督をつとめることもあった。広島初の生え抜き監督は球団創設16年目に中途就任した長谷川良平で、当時35歳だった。基本的に広島の監督・コーチは生え抜きか、外様でも広島での選手経験者を優先し、純粋な外様(広島での選手経験無し)は少ないが[47]、2001年には松原誠(1軍チーフ兼打撃コーチ)が、2012年オフには新井宏昌(1軍打撃コーチ)が純粋な外様として入団している。
  • 他球団が外国人選手を採用しても、平山智らのような日系人や、形式的に外国人登録がなされた場合でも日本人選手と同様に扱われていた在日コリアンの他は、外国人選手を長らく採用しなかったが、1972年にMLB・アメリカンリーグでMVPに輝いたことのあるソイロ・ベルサイエスが日系以外の外国人選手として初めて入団した。その後も、リッチー・シェーン、ゲイル・ホプキンス、ジム・ライトル、マイク・デュプリー、ルイス・ロペス、エディ・ディアス、ネイサン・ミンチー、アンディ・シーツ、コルビー・ルイスといった外国人選手が顕著な活躍を残している。しかしカープ在籍中に活躍したにも関わらずシーズンオフに年俸などの待遇で契約交渉が纏まらず、外国人選手が他球団に移籍する事例が後を絶たない。近年ではネイサン・ミンチー(2001年にロッテに移籍)が代表例である。また、戦力外になった選手の移籍後の活躍も近年目立ち、アンディ・シーツ(2005年に阪神に移籍)トム・デイビー(2006年にオリックスに移籍)グレッグ・ラロッカ(2006年にヤクルトに移籍→オリックス)などの例が見られる。
  • 1963年春から、宮崎県日南市で春・秋キャンプを行っているが、1966年日南市が巨人からキャンプのオファーを受けたこともあり、巨人キャンプ誘致を検討されたことがあった。しかし地元協力者などの請願により白紙撤回され、現在に至るまで40年以上、日南市は広島のキャンプ地として知られる。(日南市天福球場の項も参照)
  • 広島東洋カープは現存する日本プロ野球チームの中で、一度たりとも正式に企業の傘下に入らず独立採算制を貫く唯一の市民球団である。このため資金が豊富ではないこともあって、フリーエージェント (FA) 制度やドラフト希望枠での選手の獲得の活用には消極的(あるいは否定的)である。現在まで他球団のFA宣言選手の獲得も行っておらず、2005年までは所属選手のFA宣言をしての残留(一般的には再契約金が発生する)も認めていなかったが、2006年以降はFA宣言選手の残留も認め、希望枠選手の獲得も行っている。FAに関しては2006年に資格を取得した黒田博樹に対して球団として初めて宣言後の残留交渉を行うこととしていたが、結果的にその年は黒田は宣言せず、複数年契約(後述)を結んだ。2007年は阪神にFAで移籍した新井貴浩の人的補償として赤松真人を獲得した。希望枠選手の獲得は2006年の社会人・大学生ドラフトでの宮崎充登がある。また、2008年オフに相川亮二がFA宣言し横浜からヤクルトに移籍したことにより、セリーグでは唯一FA宣言した選手を獲得したことのないチームとなった。
  • 広島東洋カープ合宿所は一軍と二軍それぞれに設けている。以前は広島市内の三篠寮1ヶ所だけだったが施設の老朽化が進んだことから、1984年以後佐伯郡大野町(現廿日市市)にある「大野屋内練習所」(カーサ・デ・カルピオ〔Casa di CARPIO〕、イタリア語で「カープの館」の意味)の敷地内に二軍の合宿所を建設。三篠寮は一軍選手専用となった。
  • 8月6日の広島原爆忌当日、仮に広島の主催試合が編成された場合は広島市民球場は使用せず、岡山県倉敷スポーツ公園野球場(マスカットスタジアム)、福山市民球場などで行う。これは球場を保有している広島市が、8月6日を原爆記念日として休日となっているためで、2009年に開場したマツダスタジアムも同様。初代広島市民球場最終年となる2008年には8月6日に試合を行う方向で検討もされたが、実現しなかった。2011年、53年ぶりに本拠地(マツダスタジアム)で開催された。2013年も対阪神戦を開催予定。
  • 広島東洋カープはかつては他球団に比べ地方球場での主催試合が多かった。上記の倉敷、福山以外にも、尾道しまなみ球場、米子市民球場、松山中央公園野球場(坊っちゃんスタジアム)等、中国・四国地方の球場で主催ゲームが開催される。なお2005年、松山では主催試合を開催していないが、ビジターでヤクルトと阪神のそれぞれ主催で2連戦ずつが編成されている。またビジター球団が地域保護権を有する自治体に程近い地域や、ビジター球団のファンが多い地域で主催試合を行うケースも多く、1989年には群馬県前橋市の群馬県立敷島公園野球場と新潟県新潟市の鳥屋野運動公園野球場で対ヤクルト戦を、1990年から1997年にかけては岐阜市の長良川球場で対中日戦を開催しており、更に近年は北陸地方(福井県営球場、石川県立野球場、富山市民球場アルペンスタジアム、ハードオフ・エコスタジアム新潟)で対阪神戦を開催している。また他球団の地方主催試合の相手となることも多かった。
    • 但し近年は交流戦の影響や新本拠地の開場もあってか、地方試合は年々減少傾向にある(2003年頃までは地方での試合が大体10-13試合程度あったものの、2010年は4試合、2013年度は僅か2試合にまで減りセ・リーグで最小の開催数となっている)。詳細は広島東洋カープ主催試合の地方球場一覧を参照の事。
  • 1980年代後半から1990年代前半は、地方開催主催ゲームでもとりわけ東北地方への遠征が多く、5月から7月にかけての週末にはよく東北各地の野球場(福島県営あづま球場、宮城球場、岩手県営野球場、秋田市八橋運動公園硬式野球場など)でデーゲームを開催していた。バブル経済全盛期には二軍の拠点を広島とは別途に、関東や東北に設置する構想もあった。
  • 新規竣工、もしくは大規模改修が竣工した地方球場で主催試合を開催するケースも多い。広島県内では1993年に呉市二河野球場で改修後初のプロ公式戦を開催した他、2009年には竣工したばかりのみよし運動公園野球場(三次きんさいスタジアム)で「球場開き」を飾っている。また県外の地方主催公式戦でも同様のケースが多く、2003年には秋田県立野球場(こまちスタジアム)で、2009年にはハードオフエコスタジアム新潟でそれぞれ球場開きを飾った他、2000年には長野オリンピックスタジアムで同スタジアム初のセ・リーグ公式戦を開催している。
  • 1995年から2005年まで、広島市民球場でのナイターの試合開始時間は18時20分だった。これは広島市の日照時間が日本一長いための措置。1994年以前は18時試合開始としたこともあったが、特に日没が遅い夏場に球場の外野・レフト側から西日が差し込み、試合運営、特に外野手の守備の面で支障をきたすという理由から18時20分にしたという経緯がある。しかし、対戦カードの集客力と遠方のファンの観戦に柔軟に対応する、更には球場周辺の滞在時間増加を見込む等の方針見直しに伴い、2006年よりナイター全試合を18時試合開始に変更している。一部試合(土曜・日曜・祝日など)は薄暮試合という処置を取り、15時から試合を行う。
  • 広島東洋カープは市民球団として早くから広島地域に根付いた活動をしていたことから私設応援団が多数存在していたため、公式ファンクラブが結成されたのは2007年からと12球団で最後の結成となっている。
  • 2010年までは三軍という区分けを公式に用いている唯一のNPBチームで、三軍担当のコーチも配属されている。三軍には主に故障した選手が属する。なお、2011年からは福岡ソフトバンクホークスも3軍を立ち上げ、読売ジャイアンツ、阪神タイガースも公に「3軍」とは表示していないが、事実上の3軍が試合(社会人野球や独立リーグチーム)などを通して実践感を養うための活動をしている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/4/19現在 Copyleft(c)



広島東洋カープ年間シート観戦・観劇券の買取の注意事項

■広島東洋カープ年間シート観戦・観劇券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および観戦・観劇券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■観戦・観劇券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■HP上の買取レートは郵送買取限定になります。店頭買取とは異なりますので、ご注意ください。

■アクセスチケット店頭買取は観戦・観劇券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の観戦・観劇券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ