ゆうえんち券を高価買取します。

ゆうえんち券買取表

金券 - その他金券 買取価格
ゆうえんち券
ゆうえんち券 詳細はこちら
ゆうえんち券
ゆうえんち券買取表

(2013年10月15日現在のデザイン)

文化放送

株式会社文化放送(ぶんかほうそう)は、関東広域圏を放送対象地域とする民放ラジオ局。文化放送の英称はNippon Cultural Broadcasting inc.。文化放送のコールレターは英称の頭文字「NCB」が用いられたが現在は使用されず、1954年以降は専らコールサインの一部「QR」を使用している。
文化放送2013年度 年間コンセプトは『ラジオはアートだ! 文化放送』。

概説

文化放送は、ニッポン放送と共にフジサンケイグループのラジオ部門を構成し、ラジオネットワーク「NRN」のキー局を務めている。しかし、文化放送のロゴマークはいわゆる目玉マークを用いず、『文化放送』および『JOQR』を図案化したものを使用している。

文化放送のステーションソングは『QRソング』(1961年発表。作詞: 野坂昭如、作曲:いずみたく、原曲歌唱: ザ・ピーナッツ)。

歴史

カトリック布教を目的に、聖パウロ修道会が1951年に設立した、財団法人日本文化放送協会(略称 NCB)が前身。文化放送開局時には「日本文化の向上を図るとともに、真善美の理想と正義、人道を基調とした健全な民主主義思想の普及、国家の興隆と民族の反映に資する」という理念を掲げていた。しかし経営が内紛して代表者が頻繁に入れ替わったり、「共産圏の日本向け放送ではないか」と言われるほどに偏向をきたしていたり、また左傾・反米化していた日本労働組合総評議会(総評)に乗っ取られるという噂まで出ていた。これに危機感を抱いた財界の呼びかけで、財界と旺文社・講談社等の出版社が協力し、1956年に現在の株式会社に改組し、社長に水野成夫(国策パルプ工業(現 日本製紙)副社長)・会長に渋沢敬三(元日本銀行総裁・大蔵大臣)を送り込んで再建に乗り出した。聖パウロ修道会は、2012年現在も、文化放送の筆頭株主である。

現社設立時から旺文社が主要株主となり、民間放送教育協会に加盟して夜間帯・深夜帯には教育・教養番組の比重が高かったが、1995年を境に、番組編成を転換し、アニメ関連の情報番組(アニラジ)など、アニメファン向けの番組が占める割合が多くなり、アニメ関連ビジネスも展開している。

文化放送は、ニッポン放送との共同出資で、フジテレビジョンの設立に参加しており、現在もフジ・メディア・ホールディングスの主要株主であるが、旺文社が出資していた日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)との関係性もあり、これがテレビ局との交流関係の捻じれの原因の一つになる。1978年、テレビ朝日専務の岩本政敏が文化放送社長に就任したことでテレビ朝日との関係が深まったが、旺文社との絶縁後はフジテレビと「復縁」して、両社と人的交流を保っている。

ただし、旺文社を通じてテレビ朝日と交流していた期間が長かったこともあり、現在も、プロ野球の埼玉西武ライオンズ戦や東京国際女子マラソン→横浜国際女子マラソンの中継などのようなスポーツ中継番組をはじめとして、文化放送とテレビ朝日が連携しているケースも少なくないので、それなりに交流は続いている。

その他文化放送は、テレビ東京グループのアニメ専門チャンネルAT-Xに出資しており、AT-Xの新作紹介特番を放送したり、『聖剣の刀鍛冶』などのUHFアニメの製作委員会に参加している。また、箱根駅伝中継では日本テレビの協力を受け、文化放送のイベントに後援することも多い。さらに、埼玉西武ライオンズの試合中継などを通じて、NACK5とのつながりがある。これらから、同じフジサンケイグループでありながら、フジ・メディア・ホールディングス直系のニッポン放送に比べてグループからの独自色が強くなっている(ニッポン放送はフジテレビと親子関係で結びつきが強い)。

2003年に文化放送は、株式公開を目指していたが見送られた。その後、2005年2月ライブドアが時間外取引で、ニッポン放送の筆頭株主になって以降の一連の混乱があり、2012年時点で株式公開への表立った動きはない。

文化放送は、四谷(東京都新宿区若葉1丁目5番地)の局舎・演奏所は、非常用の予備送信所を兼ねていた。竣工時は修道院兼用で、パイプオルガンや聖歌隊用の雛壇を備え、本格的な聖堂もあったが、度重なる増改築で建物は次第に宗教色を薄めていった。四谷局舎は2006年7月24日をもって業務を停止して、浜松町に建設した自社ビル内の新局舎・演奏所に移転した。ただし四谷局舎の跡地に建てられたマンションには再び非常用の予備送信所を設置している。

キャッチコピーの変遷
  • - 1984年頃 - 不明
  • 1984年頃 - 1987年頃 - 楽しさイメージ無限大、文化放送
  • 1987年頃 - 1989年頃 - 1134,イイザンス
  • 1989年頃 - 1990年頃 - アッと言わせる 文化放送
  • 1992年3月 - 1994年3月 - ステレオ文化放送
  • 1994年4月 - 1997年3月 - しあわせ、いっしょ。福ミミラジオ
  • 1997年4月 - 1998年3月 - 熱愛発覚
  • 1999年4月 - 2001年3月 - 新世紀ステーション 文化放送
  • 2001年4月 - 2002年3月 - 文化おもしろ革命ィ~ッ!
  • 2002年4月 - 2003年3月 - どっきん!? 文化放送
  • 2003年4月 - 2006年3月 - ファミリー! 文化放送
  • 2006年4月 - 2007年3月 - おつきあい 文化放送
  • 2007年4月 - 2010年3月 - ダイジナコト 文化放送
  • 2010年4月 - 2011年3月 - 言葉の力×ラジオのチカラ ことバリュー 文化放送 <イメージキャラクター:武田鉄矢>
  • 2011年4月 - 2012年3月 - 文化放送 勇気と元気 つながろうジャパン!
  • 2012年4月 - 2013年3月 - 文化放送 いつもあなたと つながろうジャパン!
  • 2013年4月 - ラジオはアートだ! 文化放送

1961年以来親しまれて来たステーションソング『QRソング』や『1134kHz』のイメージが強い。キャッチコピーは1年から3年程度の期間限定で設定することが殆どであり、短命に終わったものが多い。

1984年以前は『QRソング』に加え「報道の文化放送」というイメージが強かった。平日の夜間時間帯は、開局以来ニュースや『大学受験ラジオ講座』『百万人の英語』といった報道や教育系の硬い番組が編成され、深夜の『セイ!ヤング』へと繋がっていた。

ステーションキャラクターとして「チャッタくん」を用いていた時期があった(1997年4月より使用。『QRソング』冒頭の一節「聴いちゃった」と「チャット」を掛け合わせたものである。名称は公募で決定したが、定着しないまま廃止)。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/10/15現在



ゆうえんち券の買取の注意事項

■ゆうえんち券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他金券をお売りいただける場合はゆうえんち券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ゆうえんち券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はゆうえんち券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のゆうえんち券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ