ヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用)を高価買取します。

ヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用)買取表

金券 - その他金券 買取価格
ヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用)
ヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用) 詳細はこちら
ヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用)
ヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用)買取表

(2013年11月12日現在のデザイン)



ヤマダ電機

株式会社ヤマダ電機(ヤマダでんき)は、日本の家電量販店チェーン。ヤマダ電機は日本の家電販売最大手で、テックランド(Tecc.Land)、テックサイト(Tecc.site)、LABI(ラビ)などの屋号の店舗を展開している。

概要

ヤマダ電機は1973年、日本ビクターを退社した宮崎県出身の山田昇が個人商店(ナショナルショップ)「ヤマダ電化センター」(群馬県前橋市)として創業。1983年に株式会社ヤマダ電機設立。現在の法人は、1978年設立の休眠会社・日本電線工業株式会社と株式額面変更のために1987年5月21日に合併して、商号を株式会社ヤマダ電機に変更したものである。

ヤマダ電機は、群馬県を地盤とした郊外型家電量販チェーンとしてスタートし、1980年代からは北関東各県の同業である、コジマ(栃木県)、ケーズデンキ(茨城県)などと、互いの商圏への進出と価格競争で激しく競い合い規模を拡大した。ヤマダ電機は一時期コジマに対して売上高で劣勢に立たされたが、大型店舗出店の規制緩和にあわせて他社に先駆けて店舗を大型化する戦略に切り替えた。ヤマダ電機は1999年には京都府八幡市に関西第1号店の京都八幡店を開店させ、この店舗から全国展開に本腰を入れ、翌2000年の東京証券取引所第一部上場以降は、既存店の建替・移転を進めるとともに、各地の地元量販店との提携や買収によって全国展開を加速した。

ヤマダ電機は2002年に当時トップだったコジマを抜いて家電量販店国内最大手となり、2005年2月には、専門量販店としては日本で初めて売上高1兆円を達成している。2005年7月29日、最後まで未出店だった徳島県で徳島藍住店を開店させ、家電量販店で初の全都道府県進出を果たした。ヤマダ電機は2006年度には、家電量販業界内売上規模の2割を占めている。2008年3月にコジマが島根県に出店するまでは全都道府県に出店している唯一の家電量販店チェーンだった。

ヤマダ電機はさらなる業様拡大のため、小商圏や駅前への進出も目指している。2004年6月、都市型店舗の試験をかねて、広島市中心部に広島中央本店を開店。そのノウハウを元にして、2006年には大阪市浪速区に「LABI1 なんば」を開店し、以降は「LABI」を駅前型量販店業態の統一ブランド名として各地に出店しており、ビックカメラやヨドバシカメラなどの都市型量販店と激突する格好となっている。また、2006年9月29日、携帯電話や携帯オーディオなどのモバイル機器を専門に扱う小型店舗の新業態「テックサイト」を東京都の中野駅前に出店、これも以降各地に展開する。さらに2006年9月、関西および北海道エリアで「ヤマダTVショッピング」を放送開始。2007年1月4日からは地上波とBSで全国展開し、TVショッピング分野への本格進出を狙う。

2008年6月27日開催の株主総会をもって、山田昇代表取締役CEOが社長から会長へ、山田の甥の一宮忠男代表取締役COOが副社長から社長に昇格した。

2011年には住宅メーカーのエス・バイ・エル(現・ヤマダ・エスバイエルホーム)を傘下に収め、「S×L by YAMADA」のブランド名で太陽光発電・オール電化などを備えた「スマートハウス」の販売促進に力を注ぎ、2012年には住宅機器メーカーのハウステックを傘下に収めるなど、家電以外の業態拡大も視野に入れている。

2013年3月までに、ヤマダ電機は全国約700の直営店のうち、国内約300か店の屋上に太陽光パネルを設置して太陽光発電を行う予定である。

テーマソング

ヤマダ電機はCMソングや店内ソングとして用いられている曲として『ヤマダ電機の唄』(作詞:ヤマダ電機とゆかいな仲間たち作曲:富田伊知郎)が存在している。なお、ヤマダ電機を含めて、家電量販店9社のテーマソングを収録したアルバム『エレクトリックパーク』が、ポニーキャニオンより発売されている。

主な提携・買収

ヤマダ電機は東証一部上場以降、積極的に規模の拡大を指向しており、その手段の一つとしてM&Aを行っている。

2005年7月14日、静岡県が本拠の小売企業・株式会社マキヤと合弁会社・東海テックランドを設立(マキヤ80%、ヤマダ20%)。マキヤが営業する電器店業態「ヤベデンキ」を新会社に分離してテックランドに転換したが、業績が振るわなかったためフランチャイズ方式を断念。2007年10月1日、マキヤ保有分の東海テックランド株式をヤマダ電機が買い取り、完全子会社化した。

2005年11月1日、香川県を中心にスーパーマーケットを営業する株式会社マルナカ、同じく香川が本拠の小売企業・株式会社ダイナマイトコーポレーションとともに中四国テックランドを設立(ヤマダ55%、マルナカ25%、ダイナマイト20%)。ダイナマイトが営業する電器店業態「デンキのダイナマイト」の主力店舗を新会社に分離してテックランドのフランチャイズに転換。これにより実質的に「デンキのダイナマイト」店舗を買収した。

九州でケーズデンキのフランチャイズを展開していた正一電気が、ケーズとの契約終了後の2007年2月に合弁会社・九州テックランドを設立(正一電気60%、ヤマダ40%)。正一電気が営業していたケーズデンキ店舗はテックランドに転換された。

2007年6月29日には、新生銀行系ファンドの傘下で経営を再建したぷれっそホールディングスの全株式を取得し完全子会社化。2007年9月26日には、独立系投資会社のアセット・マネジャーズ系のファンドから、ディスカウントショップのキムラヤを運営する株式会社キムラヤセレクトの株式94.25%を取得して、連結子会社化した。

また、2007年9月頃から、業界7位のベスト電器の株式を純投資目的として買い進め実質的な筆頭株主になっており、ベスト電器がビックカメラとの資本・業務提携を発表した後も、2007年11月にはベスト電器株を40%まで買い増しする意向を示していた。ところが2008年8月25日に、ベスト電器がビックカメラに対して第三者割当による自己株式処分(増資)を行い、ビックカメラの株式比率は14.86%となり、2008年10月には、ビックカメラが株式を追加取得し、持株比率を15.03%まで高めて持分法適用関連会社化したため、当時のヤマダ電機はベスト電器との提携を一時は断念し、株式保有は引き継き続けるものの、売却も検討するとしていた。

2009年1月に、民事再生手続中の九十九電機から事業譲受する株式会社Project Whiteを設立し、3月10日に事業譲受完了。

2012年7月13日、同業のベスト電器と資本・業務提携を行うことを正式発表。同年12月10日に公正取引委員会の承認を経て、同月13日に子会社化した。

ヤマダ電機がベスト電器を子会社とする条件として2012年12月10日に公正取引委員会が示した「ベスト電器店舗の同業他社への譲渡」要件を受け、ヤマダ電機テックランドNew秩父店並びにベスト電器の直営5店舗(B・B唐津バイパス店、B・B甘木店、B・B島原店、諫早本店、サンロードシティ人吉店)の計6店を2013年9月から11月にかけてエディオンへ譲渡する。

沿革
  • 1973年(昭和48年) -ツꀀ日本ビクターを退社した山田昇が群馬県前橋市総社町総社で電気店を個人創業
  • 1978年(昭和53年)6月1日 - 現在の法人が、日本電線工業株式会社として設立
  • 1983年(昭和58年)9月1日 - (旧)株式会社ヤマダ電機設立
  • 1987年(昭和62年)3月1日 -ツꀀ休眠会社の日本電線工業株式会社が(現)株式会社ヤマダ電機に商号変更
  • 1987年(昭和62年)5月21日 - 株式の額面変更を目的として、(現)株式会社ヤマダ電機(形式上の存続会社)が(旧)株式会社ヤマダ電機(実質上の存続会社)を吸収合併
  • 1989年(平成元年)3月 - 株式を店頭 (JASDAQ) 公開
  • 1996年(平成8年) -ツꀀインターネットサービスプロバイダ事業を開始
  • 1997年(平成9年)12月 -ツꀀ南国殖産と合弁会社・南九州ヤマダ電機株式会社を設立
  • 1999年(平成11年) -ツꀀ京都府八幡市の国道1号沿いに関西第1号店「京都八幡店」を出店。この京都八幡店の開店を契機に全国展開を本格化させる。
  • 2000年(平成12年)9月24日 -ツꀀ東京証券取引所第一部に上場
  • 2001年(平成13年)
    • 7月 - 株式会社沖縄ヤマダ電機を設立
    • 9月 -ツꀀ和光電気と合弁会社・株式会社和光ヤマダ電機を設立
  • 2002年(平成14年)5月 - 株式会社ダイクマの株式をイトーヨーカ堂グループから取得し子会社化
  • 2004年(平成16年)
    • 1月14日ツꀀ- 株式会社神代の株式を取得し子会社化
    • 5月25日ツꀀ- 和光ヤマダ電機を株式会社関西ヤマダ電機に社名変更
    • 6月1日ツꀀ- 株式会社神代を株式会社KOUZIROに社名変更
    • 6月11日ツꀀ- 初の都市型店舗「テックランド広島中央本店」が開店
    • 7月23日ツꀀ- 沖縄初進出となる「テックランド具志川店」を沖縄ヤマダ電機が出店。なお沖縄初出店・具志川店を皮切りに「家電パソコン修理センター」を店内に初めて設置。以降LABIや大型店舗などに修理センターを配置するきっかけとなる。
  • 2005年(平成17年)
    • 1月27日ツꀀ- 初の駅前(駅直結)型店舗「テックランド別府駅前店」が開店
    • 2月25日ツꀀ- 日本の専門店として初めて連結売上高が1兆円を突破
    • 7月14日ツꀀ-ツꀀマキヤと合弁会社・株式会社東海テックランドを設立(「ヤベデンキ」をテックランドに転換)
    • 7月29日ツꀀ- 「テックランド徳島藍住店」を出店し、1999年の京都八幡店で本格的に始まった全都道府県進出をわずか6年で達成
    • 9月1日ツꀀ- 豊栄家電から小型電器店フランチャイザー事業を分離して、合弁会社・コスモスベリーズ株式会社を設立
    • 11月1日ツꀀ-ツꀀマルナカ、ダイナマイトコーポレーションと三社で合弁会社・株式会社中四国テックランドを設立(「デンキのダイナマイト」をテックランドに転換)
  • 2006年(平成18年)3月10日ツꀀ- 初のターミナル駅隣接型店舗「LABI1 なんば」が開店
  • 2007年(平成19年)
    • 2月 -ツꀀ正一電気と合弁会社・株式会社九州テックランドを設立
    • 6月29日ツꀀ- 株式会社ぷれっそホールディングスの全株式を新生銀行系ファンドから取得し、完全子会社化
    • 9月26日ツꀀ- 株式会社キムラヤセレクトの株式94.25%をアセット・マネージャーズ系ファンドから取得し、子会社化
    • 10月1日ツꀀ- 株式会社東海テックランドの残りの株式(マキヤ80%)を買い取り完全子会社化
    • 12月 - ぷれっそホールディングス傘下のサトームセン全店舗をテックランドとLABIに転換
  • 2008年(平成20年)
    • 7月1日ツꀀ- 本社を群馬県高崎市栄町1-1の高崎駅東口前に移転
    • 10月1日ツꀀ- 株式会社九州テックランドの残りの株式(正一電気60%)を買い取り完全子会社化
    • 10月15日ツꀀ- 株式会社中四国テックランドの残りの株式(マルナカ25%、ダイナマイトコーポレーション5%)を買い取り完全子会社化
    • 12月1日ツꀀ- コスモスベリーズ株式会社の残りの株式(豊栄家電保有の49%)を買い取り、完全子会社化
  • 2009年(平成21年)
    • (旧)九十九電機株式会社のスポンサー企業として株式会社Project Whiteを設立。
    • 1月6日ツꀀ- (旧)九十九電機株式会社からの事業譲受についての基本合意書締結。
    • 1月31日ツꀀ- (旧)九十九電機株式会社からの事業譲受についての事業譲渡契約書締結。
    • 3月10日ツꀀ- (旧)九十九電機株式会社から株式会社Project Whiteへの事業譲渡が完了。
    • 7月1日 - ぷれっそホールディングス傘下の株式会社星電社の「せいでん」ブランドの8店舗をテックランドとLABI(LABI三宮)に転換、転換しない2店は閉店する。なお、他の既存店と区別するため、看板やチラシには「せいでん」ロゴが入っている。
    • 8月1日 - マツヤデンキより16店舗をテックランドに転換。
  • 2010年(平成22年)
    • 4月1日 - 日本の家電量販店として初めて売上高2兆円突破。(国内初、世界第2位)
    • 9月1日ツꀀ- 子会社の株式会社ダイクマが、同じ子会社の株式会社関西ヤマダ電機、株式会社東海テックランド、株式会社中四国テックランドの3社を吸収合併。
    • 9月11日ツꀀ- 中古住宅事業に来年から本格参入する方針を明らかにした。
    • 12月10日ツꀀ- 初の海外店舗として、中国・遼寧省瀋陽市にLABI瀋陽を開店。
  • 2011年(平成23年)
    • 6月10日ツꀀ- 中国・天津市にLABI天津を開店。
    • 10月12日ツꀀ-ツꀀ株式公開買付けと第三者割当増資引き受けにより、住宅メーカーのエス・バイ・エルを連結子会社とする。
  • 2012年(平成24年)
    • 3月22日ツꀀ- 中国・江蘇省南京市にLABI南京を開店。
    • 12月13日ツꀀ-ツꀀベスト電器を子会社化する。
  • 2013年(平成25年)
    • 5月31日ツꀀ- 完全子会社のダイクマとサトームセンを吸収合併。
    • 5月31日ツꀀ- LABI南京閉店。
    • 6月6日ツꀀ- LABI天津6月末閉店を発表。
    • 10月1日ツꀀ- 「ベスト電器との資本・業務提携における公正取引委員会へ申し出た10地域の問題解消措置」に伴い、テックランドNew秩父店をエディオンへ譲渡予定。

グループ会社

家電等小売業

  • 株式会社キムラヤセレクトツꀀ- 「キムラヤ」の運営。2007年9月26日に94.25%の株式を取得し子会社化。
  • 株式会社マツヤデンキツꀀ- 完全子会社。
  • 株式会社星電社ツꀀ- 完全子会社。2009年6月30日をもって2店が閉鎖される以外は三宮本店がLABI三宮、他の店舗はテックランドに転換。会社は存続している。
  • 株式会社ベスト電器ツꀀ- 2012年12月に連結子会社化。52.2%出資。
  • 南九州ヤマダ電機株式会社 - 南国殖産との合弁(60%出資)。鹿児島県内に4店舗。
  • 株式会社沖縄ヤマダ電機 - 沖縄県内に4店舗。完全子会社。
  • 株式会社九州テックランドツꀀ- 正一電気との合弁だったが、2008年10月1日に株式取得により完全子会社化
  • コスモスベリーズ株式会社 - 2005年9月に豊栄家電との合弁会社として設立されたが、2008年12月1日に株式取得により完全子会社化。
  • 株式会社Project White -ツꀀTSUKUMO(ツクモ)の現在の運営会社(100%出資)。2009年、民事再生法のスポンサー企業として設立、同年3月10日(旧)九十九電機株式会社より事業譲渡。

その他の事業

  • 株式会社ヤマダ・エスバイエルホームツꀀ- 住宅メーカー。51.9%出資。2013年6月1日にエス・バイ・エル株式会社から商号変更。
  • 株式会社ハウステックツꀀ- 住宅設備機器メーカーの持株会社。2012年6月にハウステックホールディングス(当時)を全株取得し完全子会社化。2013年6月にハウステックがハウステックホールディングスを吸収合併。
  • 株式会社KOUZIROツꀀ- コンピュータ及び周辺機器の製造業者。2004年1月に株式会社神代に出資し、商号変更して子会社化。2013年7月16日に、親会社のヤマダ電機に吸収合併される予定
  • 株式会社ヤマダフィナンシャル - 66%出資のクレジットカード事業者。
  • 株式会社ヤマダエコソリューション - 家電商品の配送および取付工事業者。2003年1月に株式会社クライムエンターテイメントに出資し、関係会社化。2010年4月1日に現在の商号に変更。70%出資。
  • 株式会社シー・アイ・シー - 84.6%出資の廃棄家電処理の委託業者。
  • インバースネット株式会社 - 77.1%出資の中古パソコン再生・販売業者。

かつて存在したグループ会社

  • 株式会社ぷれっそホールディングスツꀀ- マツヤデンキ・星電社・サトームセンを経営統合した持株会社。ヤマダ電機の完全子会社となってからも中間持株会社として存続していたが、2012年度内に清算結了。傘下三社はヤマダ電機の直接の子会社となった。
  • サトームセン株式会社 -ツꀀ2008年7月15日に事業停止。その後はヤマダ電機への店舗賃貸のみを行っていたが、2013年5月31日にヤマダ電機が吸収合併。
  • 株式会社ダイクマツꀀ- 完全子会社だったが、2013年5月31日にヤマダ電機が吸収合併。
  • 以下の3社は、2010年9月1日付でダイクマに合併され解散した。
    • 株式会社関西ヤマダ電機 - 兵庫県と滋賀県に3店舗。2001年に和光電気との合弁会社・株式会社和光ヤマダ電機として設立されたが、合弁解消後に株式会社関西ヤマダ電機に商号変更、完全子会社化。
    • 株式会社東海テックランド - マキヤとの合弁だったが、2007年10月1日に株式取得により完全子会社化。2009年5月25日付でヤマダ電機に合併予定だったが同年5月23日に合併を中止し、グループ会社のダイクマとの合併に変更となった。
    • 株式会社中四国テックランドツꀀ- マルナカとダイナマイトコーポレーションとの合弁だったが、2008年10月15日付で株式取得により完全子会社化。2009年5月25日付でヤマダ電機に合併予定だったが同年5月23日に合併を中止し、グループ会社のダイクマとの合併に変更となった。
    なお、中四国テックランドに代わるマルナカとの合弁会社の株式会社デンキランドは、看板に「YAMADA(ロゴ表記) GR.」とあるものの、ヤマダ電機の資本が低いため(出資比率はマルナカ60%、ヤマダ電機40%)グループ会社には数えない。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/11/12現在



ヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用)の買取の注意事項

■ヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他金券をお売りいただける場合はヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用)の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用)を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のヤマダ電機 (年間商品割引券 冊子未使用)を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ