東急ホテルズ ギフト券を高価買取します。

東急ホテルズ ギフト券買取表

金券 - その他金券 買取価格
東急ホテルズ ギフト券
東急ホテルズ ギフト券 詳細はこちら
東急ホテルズ ギフト券
東急ホテルズ ギフト券買取表

(2013年11月15日現在のデザイン)



東急ホテルズ

株式会社東急ホテルズ(とうきゅうホテルズ)は、日本のホテルチェーン運営会社である。東急ホテルズは、東京急行電鉄(東急)の完全子会社で、東急グループのホテル事業を担う。

概要

東急ホテルズに至る東急グループの国内のホテル事業は、1960年(昭和35年)開店の銀座東急ホテル(2001年に閉店)に始まる。東急ホテルズは、当初は東京急行電鉄の直営事業だったが、1968年に子会社「株式会社東急ホテルチェーン」を設立し、シティホテル部門を同社が担うことになる。一方で、東京急行電鉄本体の別の部署が1973年(昭和48年)にビジネスホテルチェーン「東急イン」を手がけ、東京急行電鉄の国内のホテル事業は、この2種類が長く存在することになった。

2001年(平成13年)、東急ホテルズは、東急イン事業を本体から分離し「株式会社東急ホテルマネジメント」(後の「東急ホテルズ」)を設立。東急ホテルチェーンとの間で予約販売業務など一部業務の統合をすすめ、2002年に「東急ホテルズ」のホテルブランドを掲げて、事実上の事業統合。2005年(平成17年)に、東急ホテルマネジメントが東急ホテルチェーンや東京急行電鉄からホテル運営事業の譲渡を受けるとともに、現在の商号に変更された。

沿革
  • 1960年(昭和35年)5月8日ツꀀ- 後の東急ホテルチェーンの第1号店となる、銀座東急ホテルを開業。
  • 1968年(昭和43年)6月1日ツꀀ- 株式会社東急ホテルチェーン設立。
  • 1970年(昭和45年)7月1日ツꀀ- 東急ホテルチェーン発足。
  • 1972年(昭和47年)10月2日ツꀀ- 東急ホテルチェーンが東京証券取引所市場第二部に上場。
  • 1973年(昭和48年)
    • 10月7日ツꀀ-ツꀀ上田交通の子会社である上交開発(現:株式会社上田東急イン)が「東急イン」ブランドの第1号店となる上田東急インを開業。
    • 11月1日ツꀀ- 東京急行電鉄がイン事業の直営第1号店として京都東急インを開業。
  • 1983年(昭和58年)6月1日 - 東急ホテルチェーンが東京証券取引所市場第一部に指定替え。
  • 1992年(平成4年)3月15日ツꀀ- 東京急行電鉄が東急インの上級ブランドホテル第1号店として、富山エクセルホテル東急を開業。
  • 1994年(平成6年)4月1日 - 東急インチェーンが会員組織「東急REIクラブ」を創設。
  • 1999年(平成11年)10月1日ツꀀ- 東急インチェーンが「インターネットリアルタイム予約システム」を導入。
  • 2000年(平成12年)3月1日ツꀀ- 東急インチェーン、東急ホテルチェーンの宿泊予約サイト「東急チェックインドットコム」を開設。
  • 2001年(平成13年)
    • 1月9日ツꀀ東京急行電鉄ホテル事業部の一部を分離し、国内ホテル運営会社として株式会社東急ホテルマネジメントを設立。
    • 7月11日ツꀀ東急ホテルチェーンが上場廃止。
    • 7月17日ツꀀ東京急行電鉄が株式交換により東急ホテルチェーンを完全子会社化。
    • 7月23日ツꀀ東急ホテルチェーン、東急インチェーンの予約・販売業務を一元化し、「東急ホテルズ予約センター」を開設。
  • 2002年(平成14年)
    • 4月1日
      • 東急ホテルチェーンと東急インチェーンのマーケティング関連業務の一部を一元化し、「東急ホテルズ」にチェーン名称を統一。
      • 仙台、赤坂、横浜、金沢の「東急ホテル」を「エクセルホテル東急」にブランド変更。博多の「東急ホテル」を「東急イン」にブランド変更。
      • 東急ホテルチェーンの会員組織「ウエルカムメンバーズ」と、東急インチェーンの「東急REIクラブ」を一元化し、新たな会員組織「コンフォートメンバーズ」として発足。
    • 5月27日ツꀀ東京急行電鉄が国内ホテル経営機能の集約を発表。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 東京急行電鉄がホテル事業を東急ホテルチェーンに営業譲渡。
  • 2004年(平成16年)11月1日 -ツꀀポイントサービスのティーポイントに参加。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月1日 東急ホテルマネジメントが東急ホテルチェーンからホテル事業の各部門を会社分割により吸収し、株式会社東急ホテルズに商号変更。
    • 12月1日ツꀀ- エクセルホテル東急と東急インに電子マネーの楽天Edyを導入。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - ポイントサービスのTOKYUポイントに参加。
  • 2008年(平成20年)1月9日ツꀀ- 会員組織「コンフォートメンバーズ」をリニューアル。
  • 2009年(平成21年)6月20日ツꀀ- 宿泊主体型ハイグレードビジネスホテルの新ブランド第1号店として、ホテル東急ビズフォート那覇を開業。
  • 2010年(平成22年)10月22日ツꀀ- 「(旧)キャピトル東急ホテル」時代から引き続いて東急ホテルズのフラッグシップホテルを担う、「ザ・キャピトルホテル 東急」 が開業。

ポイントサービス

以下のようなポイントサービスがある。。

コンフォートメンバーズ

東急ホテルズ独自の会員組織。東急インチェーンの会員組織「東急REIクラブ」と、東急ホテルチェーンの会員組織「ウエルカムメンバーズ」を2002年(平成14年)4月1日に一元化したもの。年会費無料(最初に加入料が必要)で、最終利用日の翌々年末までに利用する限り半永久的に会員資格が持続する。TOP&カードに付帯したタイプもある。

東急ホテルズ傘下ホテルの宿泊優先予約受付や料金の割引、チェックアウト延長サービスなどの会員特典がある。

ホテルでの宿泊・飲食等に応じて付与されるポイントシステムが付帯しており、たまったポイントは宿泊・飲食料金への充当やギフトカードとの交換、。TOP&カード付帯形会員はTOKYUポイントへの振り替えが可能。ポイントの有効期限はポイントごとの加算日の翌々年の12月31日まで。

また、コンフォートメンバーズカードを提示することで、東急グループ運営のゴルフ場の利用料金割引やNHK学園の生涯学習通信講座の受講料金割引、読売日本交響楽団主催の演奏会のチケット料金割引などの優待措置がある。

提携ポイントサービス

  • 東急ホテルズの宿泊利用により、日本航空、全日空、フィリピン航空が提供するマイレージサービスに対応しており、一滞在につき200から500ポイント(マイル)を加算できる。コンフォートメンバーズとの併用可。
  • ティーポイントまたはTOKYUポイントにポイント加算できる。コンフォートメンバーズとの併用不可。

類似名称
東横イン(東横INN)
株式会社東横インが運営するホテルチェーン「東横イン(東横INN)」は、東急ホテルズの「東急イン」と名称が似ていることや、閉鎖された旧東急インの建物が東横インとしてリニューアルオープンした物件が現状複数存在すること、東急グループの東京急行電鉄に東横線(東急東横線)という路線が存在することなど、様々な理由により混同される可能性があるが、東横インは東急グループとは設立当初より全く無関係の、別の会社である。
2006年(平成18年)に東横イン不法改造問題が発生した際や、2008年(平成20年)に東横インの前社長が廃棄物処理法違反で逮捕されたときには、東急ホテルズのウェブサイトや各ホテルの店頭では、「東横インは東急グループとは関係ありません」という告知の掲載がなされている。

尚、「東急」に類似した名称を(ホテル名の一部分に)使用したホテルは、前述の東横イン以外にも存在するが、その何れも東急ホテルズ、並びに東急グループとは関係のない、別の会社である。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/11/15現在



東急ホテルズ ギフト券の買取の注意事項

■東急ホテルズ ギフト券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他金券をお売りいただける場合は東急ホテルズ ギフト券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■東急ホテルズ ギフト券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は東急ホテルズ ギフト券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の東急ホテルズ ギフト券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ