タクシークーポン を高価買取します。

タクシークーポン 買取表

金券 - その他金券 買取価格
タクシークーポン
タクシークーポン 東京都
※ホログラムがない券については買取不可。
詳細はこちら
タクシークーポン 神奈川・埼玉・千葉県
※ホログラムがない券については買取不可。
詳細はこちら
タクシークーポン 東京都
タクシークーポン 東京都表

(2013年9月17日現在のデザイン)


タクシークーポン 神奈川・埼玉・千葉県
タクシークーポン 神奈川・埼玉・千葉県

(2013年9月17日現在のデザイン)



日本交通 (東京都)

日本交通株式会社(にほんこうつう)は、東京を拠点にハイヤー・タクシーを運行する事業者であり、グループの売上高は同業で日本最大である。

タクシー事業において同グループは約3,170台の車両を有し、kmホールディングス(国際自動車、同・約3,050台)と並んで東京地区における最大手となっている。また、日本交通は大和自動車交通、帝都自動車交通、国際自動車とともに東京四社営業委員会(いわゆる「東京四社」)を組織している。

略称は「日交(にっこう)」で、「桜にN」のマークが目印。本社は、赤羽営業所とともに東洋交通(東京都北区浮間)に同居している。

経営事業

以前は観光バス部門を有していたが、2005年に売却されている。

ハイヤー

  • 都内のハイヤーは、地方とは異なり国や大企業の顧客が多いことから、通常のタクシー用車両ではなく国内最高級セダン車両を用い、VIPなどの定期送迎、来賓・国賓送迎、冠婚葬祭時の利用などが中心となっている。一部に1BOXタイプの車両がある。
  • ハイヤー車両は基本的に全車黒色である。クーラーの無い1950~1960年代には、天井のみ白くした「日交カラー」のハイヤーが存在したが、クーラーの装備とともに再び黒一色に統一された。
  • 自家用車の運行管理請負のアウトソーシングも行っている。

タクシー

  • タクシー車両は、黄色に赤い帯の東京四社営業委員会の統一カラーと黒一色の「黒タク」が存在する。1952年にタクシーのカラー化を業界に先駆けて行い、前年に渡米視察した川鍋秋蔵社長がアメリカのイエローキャブをヒントに天井がブルー、ボディがグレーという「日交カラー」を提案統一した。その後、1963年からライトスカーレットオレンジとレモンイエローの四社統一カラーに変更、1969年から現行四社カラーとなる。黒タクは2001年から。一部にワゴンタイプのタクシー車両もあるが、カラーは黒である。日交本体の車両にはボンネットから屋根、トランクにかけて赤帯が塗られているが、提携会社の車両についてはボディ側面のみである。
  • タクシーの車種はかつて廉価グレードのクラウンコンフォート・デラックスとセドリック・スーパーカスタムを導入していたが、黒タク導入後は車体色関係なしにクラウンセダン・スーパーデラックスGパッケージとセドリック・クラシックSVを導入していた。日本交通本体では一旦は全車ハイグレード化したが、2010年からはセドリック・スーパーカスタムも導入している。提携会社の車両はクラウンコンフォートやセドリック・オリジナルも多く残っている。
  • タクシーにはGPS無線システムを導入し、カーナビゲーションと連動させ、配車効率を向上。「GPSコード」を入力すればカーナビに目的地情報を表示することも可能。ただし提携会社の一部車両には未導入。
  • ドライブレコーダーをタクシー全車に装着しており、事故の際の記録のみならず、データの分析により事故の未然防止活動にも役立っている。
  • 日本交通では接客サービス品質を重視しており、高品質化のための様々な社内的取り組みを行っている。特にタクシーのビジネスクラスに相当するハイグレードタクシー「黒タク」は、通常のタクシー料金でハイグレード車両を使用するのみならず、乗務員も特別な講習を受けた有資格者が乗務する。本社「パトロールカー」が定期的に都内を巡回して、サービス品質の維持に努めている。アイドリング・ストップにも積極的に取り組み、チーム・マイナス6%参加とともに環境品質の強化にも取り組んでいる。
  • 都内各所に日本交通の専用タクシー乗り場を設置するとともに、営業提携として「日本交通ブランド」のフランチャイズにより都内タクシー台数を確保し、「すぐ乗れる」タクシーを目指す営業展開をしている。

経営事業
  • 日本交通は、川鍋秋蔵が1928年4月に1台のハイヤーで営業を開始し、翌年に銀座木挽町において「川鍋自動車商会」を創設したことから始まる。その後は会社組織を変えつつ事業規模を拡張していくが、一貫して「お客様への誠実とサービス」を経営方針の第一としていた。なお日本交通の創業年数は、川鍋秋蔵がハイヤー営業を開始した1928年4月から数えている。
  • 1945年になって、当時都内約4,000台のハイヤー・タクシーを1,000台ずつ4社に統合する当時の政府の指導(旅客自動車運送事業統合要綱)に基づき、日東自動車を主体に11社1個人で設立されたのが、現在の組織である。

創業から日本交通の設立まで

  • 1928年4月、川崎造船所の運転手だった川鍋秋蔵が独立し、ハイヤーの個人営業を開始。
  • 1929年6月、銀座木挽町において川鍋自動車商会を設立。
  • 1931年6月、おりからの不況に対して、大型車6台を売却し小型プリムス10台を購入することで乗り切る。
  • 1934年7月、箱根で6台による夏季営業開始。
  • 1936年4月、初めて制服・制帽を制定する。
  • 1936年11月、有楽タクシー、帝国タクシーを買収。
  • 1937年5月、東宝自動車株式会社を設立し、川鍋自動車商会は、同社に一部事業を譲渡。朝日ツーリング、橘自動車商会を買収。
  • 1938年1月、 東京横浜電鉄(現:東京急行電鉄)がタクシー会社を統合する目的で東京タクシー株式会社を設立。
  • 1938年4月、日東自動車株式会社と改称。川鍋自動車商会は、同社に事業譲渡。日吉自動車商会、松葉自動車商会、出雲自動車株式会社、虎屋自動車商会を買収。
  • 1940年3月、東京タクシー株式会社が民衆タクシー株式会社を合併。
  • 1940年8月、日東自動車が、丸宮自動車株式会社、青根自動車、合資会社ヱビスタクシー、一の橋タクシー、千葉自動車、野村自動車、山田自動車を買収。
  • 1940年10月、日東自動車がタクシー営業を開始。
  • 1942年3月、日東自動車が池袋相互自動車株式会社を買収。
  • 1942年5月、日東自動車が暁相互自動車株式会社を買収。
  • 1943年9月、日東自動車が大和交通自動車株式会社、日進相互自動車株式会社、第一相互タクシー株式会社、中央相互タクシー株式会社を買収。
  • 1945年1月16日、日東自動車と東京タクシーを中心に11社1個人が経営統合する覚書を調印。
  • 1945年7月1日、覚書を交わした12事業者による共同経営を開始。
  • 1945年12月1日、日本自動車交通株式会社を設立し、11社は同社に事業を譲渡。本社は目黒区上目黒(東京タクシー本社所在地)に設置。
  • 1945年12月29日、日本交通株式会社と改称。

日本交通の設立~溜池本社時代

  • 1947年11月、本社を西神田へ移転。
  • 1949年2月、日交自動車整備株式会社を設立。
  • 1949年11月、愛光自動車株式会社を買収し、横田営業所とする。横田営業所の15台に、車体に桜のマークを付ける。
  • 1950年12月、本社を赤坂溜池へ移転。
  • 1951年1月28日、小田原交通株式会社を箱根交通株式会社と改称し、買収した大箱根自動車株式会社、神奈川県足柄上郡三保村農業会自動車部と統合して営業を開始(箱根地区に進出)。
  • 1951年6月15日、日本遊覧自動車株式会社を傘下に収める。
  • 1951年6月30日、東急系持株のほとんどが川鍋側に移行。川鍋家のオーナー企業となり、日交グループを形成。
  • 1951年7月23日、五島慶太に顧問委嘱。
  • 1951年、業界で初めて屋上灯を採用。
  • 1952年4月1日、株式会社埼玉タクシーを傘下に収め、川鍋秋蔵の郷里・大宮地区に進出。
  • 1952年12月、タクシーに国産のプリンス車を大量採用(130台)したのを期に、タクシーの意匠を統一し、あんどん(看板灯)を業界で初めて採用した。
  • 1953年1月、立川営業所を開設し、多摩地区に進出。
  • 1953年4月1日、日本遊覧自動車から観光バス事業を譲受し、兼営開始。
    箱根交通・大宮交通の事業も併せて譲受し、本社直営とする。
  • 1954年9月、営業課に指導係をおき、指導車(パトロールカー)による乗務員の街頭指導を開始。
  • 1956年12月、清和自動車交通株式会社を買収し、目白営業所とする(翌年1月、日本交通タクシー株式会社と改称するが、9月には日本交通に事業譲)。
  • 1958年6月、乗務員としての指導教育の徹底のため、関係法令や運転上注意すべき事項をまとめた「タクシー乗務員勤務心得」を乗務員に配布。
  • 1958年7月、興東自動車株式会社を買収する(9月に第一日本交通株式会社と改称)。
  • 1958年12月、ニュートオキョータクシー株式会社を買収する(翌年に第二日本交通株式会社と改称)。
  • 1959年4月、3社を買収(千代田交通株式会社→第三日本交通株式会社、ジャパンキャリエーヂ株式会社→第五日本交通株式会社、東京自動車交通株式会社→第六日本交通株式会社)。傘下の会社も含め車両数1,256台となり、当時としては世界最大規模のタクシー会社となる。
  • 1960年5月、従来は配属営業所において見習乗務員として教育訓練していたものを、教養係を新設し、業界初の試みとして新入乗務員の教育講座を開始(日本交通乗務員養成教育講習会=通称「日交学校」)。
  • 1960年11月、無線タクシー運行開始。
  • 1963年、日本初のフォークリフト式立体駐車場を木挽町に完成させる(地上13階建、22台が収容可能)。
  • 1964年、LPG車導入。
  • 1965年2月、都民タクシー株式会社を買収し、第七日本交通株式会社と改称。
  • 1965年3月、三光自動車株式会社を買収。

永田町本社時代

  • 1966年1月、本社を千代田区永田町(星ヶ丘ビルディング)に移転。同ビルには共同石油も同居していた。
  • 1968年7月、轟交通株式会社を買収し、新小岩営業所とする(翌年、第八日本交通株式会社と改称)。
  • 1969年、暁自動車株式会社を買収し牛込営業所、朝日観光株式会社を買収し上大崎営業所とする。
  • 1969年6月、日本交通連合厚生年金基金が発足。
  • 1969年9月、松田自動車交通株式会社を買収し練馬営業所とする。
  • 1969年12月、富国交通株式会社を買収し、第十日本交通株式会社・花畑営業所とする。練馬営業所を常盤台営業所へ移転改称。
  • 1970年、「ありがとうキャンペーン」として、タクシー業界のイメージアップキャンペーンを開始。日都交通株式会社を買収し常盤台営業所へ集約。第二コンドルタクシー株式会社を買収し三鷹営業所、東京相互タクシー株式会社を買収し飯田橋営業所(春日町営業所)とする。
  • 1978年7月、常盤台・千住に新営業所を開設し、大曲・早稲田・牛込・池袋・小石川・春日町・亀戸・新小岩・花畑営業所を集約。
  • 1980年7月、小型タクシーを導入。2001年には小型タクシーの営業を終了した。

赤坂本社時代

  • 1980年8月、本社を港区赤坂に移転。
  • 1983年5月、TQC導入宣言。
  • 1983年9月30日、川鍋秋蔵逝去、享年84。
  • 1983年10月、川鍋達朗が代表取締役社長に就任。
  • 1984年11月、TQCによるサービス品質の標準化と水平展開の活動として「2151(ニッコウイチバン)大作戦」を開始する。
  • 1986年8月、小田原地区を小田原日交株式会社(現:日本交通小田原)に分社。
  • 1989年6月、運行管理請負を営業開始。
  • 1990年2月、英語社名を“NIPPON KOTSU”から“NIHON KOTSU”に変更。
  • 1990年11月、稲城中央交通有限会社を買収。1991年4月に多摩日交有限会社に商号変更。
  • 1991年7月、日米美術協会主催の美術展「Srange Adstraction―現代アメリカの先鋭たち」を協賛。
  • 1991年8月、「第3回世界陸上競技選手権大会」を協賛。
  • 1996年3月、中央無線に加盟していたこだま交通株式会社を営業譲受される。
  • 1996年5月、ハイヤー乗務員に救命技能訓練を実施。
  • 1997年7月、立川地区を立川日交株式会社(現:日本交通立川)に、さいたま地区を埼玉日交株式会社(現:日本交通埼玉)にそれぞれ事業譲渡。
  • 1997年3月、品川区八潮に営業所を集約し、品川営業所を開設。
  • 1998年6月、観光バス事業を日本交通観光バス株式会社に事業譲渡。
  • 1998年3月、日交埼玉のタクシー78台で電子マネー実験。
  • 2000年2月、品川営業所で福祉タクシー1台を導入。
  • 2000年6月、タクシー無線の顧客登録配車システムを導入。
  • 2000年7月、株式会社日交マイクルを設立。ミニバンを用いた新型会員制ハイヤー及びリムジンタクシーの「My Crew」(マイクル)の営業を開始。
  • 2001年10月、ハイヤー営業所を集約し、中央営業所を開設。
  • 2001年9月、「黒タク」導入。
  • 2001年10月、愛宕グリーンヒルズに日本交通専用のタクシー乗り場を開設。

品川本社時代

  • 2002年5月、本社を品川区八潮へ移転。
  • 2003年3月、日本交通多摩有限会社が日本交通立川株式会社に事業譲渡。
  • 2003年4月、無線電話に英語専用ダイヤル「Taxi English Phone」開設。
  • 2004年6月、日交マイクルを経営統合して一般ハイヤー・タクシー事業に吸収。
  • 2004年11月、ハイヤー新橋営業所を銀座営業所へ統廃合。
  • 2005年4月、共同無線に所属していた東洋交通、EM自交無線に所属していた睦交通と業務提携。
  • 2005年5月、東京相互無線に所属していた扇橋交通、EM自交無線に所属していた三和交通東京営業所と業務提携。
  • 2005年7月、藤田無線グループ各社(春駒交通、日立自動車交通、ライオン交通)、新規開業したワイエム交通と業務提携。
  • 2005年8月、川鍋一朗が代表取締役社長に就任、川鍋達朗は会長に就任。
  • 2005年8月31日、川鍋達朗逝去、享年67。
  • 2005年9月、日本交通埼玉、三鷹営業所が移転。日本交通観光バスを売却。
  • 2005年11月、赤羽営業所を開設。
  • 2005年12月、日本交通立川が移転。
  • 2006年1月、グランドハイアット東京の宿泊ゲスト専用のハイヤーとして、ポルシェ・カイエンを導入。
  • 2006年2月、藤田無線閉局に伴い、無線受注を引き継ぐ。
  • 2006年4月、タクシーにアイドリングストップ機能付車両を導入開始。国際自動車と共同でJR東日本のSuica導入を発表。
  • 2006年5月、常盤台営業所が池袋サンシャインシティへ移転し、池袋営業所に名称変更。千住営業所が移転。
  • 2006年6月、日本交通が分社化。同時に第十日本交通は日本交通に事業譲渡。
  • 2006年8月、監査室、事業開発部を設置。
  • 2006年10月、大矢寛朗デザインの新制服を導入。
  • 2006年11月、ハイヤーお茶の水営業所を赤坂営業所に統廃合。
  • 2007年7月、東洋交通の全株式を創業者の西村家より取得。
  • 2008年3月、第2回「ハイ・サービス日本300選」を受賞。
  • 2008年8月、NASVAネットを導入。
  • 2008年10月、東京無線に所属していた蔦交通の全株式を取得。フランチャイズ化は2009年4月から。タクシー車両にトヨタ・プリウスを本格導入(2009年2月にかけて130台を代替)。
  • 2009年3月、ドコモIDおよびQUICPAY(QP)決済サービスを開始。
  • 2009年7月、独自営業だった陸王交通と業務提携。
  • 2009年8月、ハイヤー日比谷営業所を中央営業所に統廃合。ベタープレイス・ジャパンと共同で、電気自動車(EV)バッテリー交換のタクシー向け実証実験を始めることを発表。
  • 2010年2月、新規開業した美輝タクシーの全株式を取得。
  • 2010年3月、東京四社営業委員会発行のタクシー専用プリペイドカードの決済サービスを開始(特別区・武三地区)。
  • 2010年4月、チェッカーキャブ無線に所属していたすばる交通と業務提携。チェッカーキャブ無線に所属していた大国自動車交通の全株式を取得。
  • 2010年5月、都内タクシー無線配車受付を全回線IVR(全自動)化。

赤羽本社時代

  • 2010年6月、本社を北区浮間へ移転。
  • 2010年7月、共同無線に所属していたキャピタルオート、キャピタルモータース、日生交通と業務提携。
  • 2010年7月、銀座営業所が移転。これに伴い銀座営業所専用乗り場を廃止。
  • 2010年8月、EM自交無線に所属していた恵豊自動車交通と業務提携。
  • 2010年10月、東京四社営業委員会発行のタクシー専用プリペイドカードの決済を、日本交通埼玉でもサービス開始する。自社無線で営業していた睦交通傘下の羽田交通と業務提携。羽田空港定額タクシーのサービスを開始。タクシー新木場営業所および工場を新設。
  • 2010年11月、インターネットからの羽田空港定額タクシー予約受付を開始。
  • 2010年12月、品川営業所が移転。
  • 2011年1月、iPhone向け「日本交通 タクシー配車」アプリを配布開始。
  • 2011年3月、日本交通埼玉、日本交通小田原で、電気自動車(日産・リーフ)によるタクシーの営業を開始。
  • 2011年4月、タクシーをウェブサイトから予約できる「タクシーWEB予約」を開始。
  • 2011年4月、スマートフォン向け「日本交通 タクシー配車」アプリに「料金検索」「お送り先指定」機能が追加される。
  • 2011年8月、エキスパート・ドライバー・サービス(EDS)を開始。
  • 2011年9月、スマートフォン向け「日本交通 タクシー配車」アプリに「予約」機能が追加される。
  • 2011年12月、スマートフォン向け「全国タクシー配車」アプリをリリース。
  • 2012年1月、東洋交通が東京無線に所属していた東武興業安全タクシーを買収し、練馬営業所とする。
  • 2012年3月、無線基地局が国際新赤坂ビルから東京スカイツリーに移転。
  • 2012年5月、「陣痛タクシー」サービスを開始。
  • 2012年6月、相鉄自動車株式会社の全株式を譲受し、「日本交通横浜株式会社」に商号変更。
  • 2012年7月、LPG改造「プリウスα」を導入。
  • 2012年12月、スマートフォン向け「日本交通タクシー配車」アプリで、「ネット決済」を開始。
  • 2013年2月、観光タクシー専用車として「プリウスα」樹脂パノラマルーフ付き車両が稼働開始。東洋交通練馬営業所が日交練馬に改称。
  • 2013年6月、羽田交通が親会社の睦交通のタクシー部門を吸収合併。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/9/17現在



タクシークーポン の買取の注意事項

■タクシークーポン の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他金券をお売りいただける場合はタクシークーポン の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■タクシークーポン の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はタクシークーポン を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のタクシークーポン を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ