ルノアールカード を高価買取します。

ルノアールカード 買取表

金券 - その他金券 買取価格
ルノアールカード
ルノアールカード(全額面) 詳細はこちら
ルノアールカード(全額面)
ルノアールカード(全額面)買取表

(2013年11月12日現在のデザイン)



銀座ルノアール

銀座ルノアール(ぎんざルノアール)は東京都・神奈川県を中心に「喫茶室ルノアール」などの喫茶店をチェーン展開する会社。

概要

ルノアールは、都市型喫茶店として創業以来、早くからチェーン化を図り、喫茶店の直営店チェーンとしては業界の大手に成長。ルノアールは、1989年(平成元年)11月には業界で初めて株式店頭公開を行った。

ルノアールは、駅前での展開が多いのにもかかわらず、他のチェーン展開をしているコーヒーショップと比較してもゆったりとした座席配置となっている。 全店舗で無線LANサービスを利用でき、ノートパソコンや携帯電話充電のための電源としてコンセントも開放している。貸し会議室を「マイスペース」として都内店舗に設置しビジネスユーズに応えている。また、低価格セルフサービス型コーヒーショップ「NEW YORKER'S Cafe」、中価格フルサービス型コーヒーショップ「カフェ・ミヤマ」も積極的に展開を図っている。また、「ブレンズコーヒー」を運営する株式会社ビーアンドエムは銀座ルノアールの小会社である。

ルノアールは、2013年にキーコーヒー株式会社が資産管理会社の株式を取得し、同社の傘下に入った。

創業

ルノアールは、東京都中野区の煎餅店、有限会社花見煎餅(1955年10月設立)が1957年10月に四谷に喫茶店を開業したのが銀座ルノアールの前身である。その後、同社は喫茶店事業の展開を図るために喫茶部を独立させて有限会社花見商事を設立、日本橋に開店したのが第1号店となる。

ルノアールは元が煎餅店だっただけに創業当初のメニューには日本茶と煎餅のセットがあった。ルノアールの特徴ともいうべきロビー風喫茶室のスタイルは、「絨毯に金をかけすぎて資金不足となり、苦し紛れに椅子をまばらに配置したところ意外と客に好評だったため始めた」と創業者の小宮山正九郎が語っている。このスタイルの基礎は1965年に開店した江古田店において確立した。

店舗展開

現行の業態

  • 喫茶室ルノアール - 従来からの業態。メニューに昆布茶、ハニートーストがある。
  • カフェ・ルノアール - メニューにエスプレッソ、カフェ・ラテがある。
  • ニューヨーカーズ・カフェ - セルフ方式のエスプレッソカフェ。
  • カフェ・ミヤマ - 若い女性をターゲットにしたフルサービスの新業態。
  • ミヤマ珈琲 -ツꀀ朝霞市に開店した新業態。ログハウスをイメージしている。
  • 貸会議室マイ・スペース - 喫茶店併設の会議室。その他、貸会議室プラザ八重洲北口、貸会議室マイスペース&ビジネスブース池袋西武横店がある。
  • ブレンズコーヒーツꀀ-ツꀀカナダのブレンズコーヒーの日本でのフランチャイズ展開。

かつての業態

  • ブルックボンド -ツꀀ紅茶専門店。
  • アートサンズツꀀ-ツꀀハンバーガー店。
  • アグリーダックリング -ツꀀアイスクリーム製造販売。
  • 蕎麦処羽前ツꀀ-ツꀀ日本そば店。
  • ニューヨーカーズ・クレープ

事業再編の動き
ブレンズコーヒーを子会社化
2012年3月、銀座ルノアールは喫茶店のFC運営による業績拡大を目的として、株式会社ビーアンドエム(東京・新宿)の全株式を取得し同社を子会社化した。これによりカナダのブレンズコーヒー社の日本におけるマスターフランチャイズ権を獲得し、「ブレンズコーヒー」ブランドの店舗展開を進める。
キーコーヒーの傘下へ
銀座ルノアールはコーヒー豆や喫茶店商材の大半をキーコーヒー株式会社から供給を受けるなど同社との業務提携を進めてきたが、2013年1月に筆頭株主だった有限会社花見煎餅の全株式をキーコーヒー株式会社へ譲渡、キーコーヒー株式会社の資本傘下に入ることになった。2社の資本・業務提携によるメリットは、ルノアールは物流に加えて商品開発や出店戦略でもキーコーヒーのサポートが得られる。そして、キーコーヒーは顧客として抱える個人喫茶店の弱体化に対しルノアールの店舗ノウハウをフィードバックすることができ、またセルフサービス型喫茶店と一線を画したスタイルの喫茶店需要の掘り起こしを狙うことができるというものである。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/11/12現在



ルノアールカードの買取の注意事項

■ルノアールカードの買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他金券をお売りいただける場合はルノアールカードの在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ルノアールカードの状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はルノアールカードを現金にて買取いたします。

■当サイト記載のルノアールカードを1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ