パークハイアット東京 ご利用券を高価買取します。

パークハイアット東京 ご利用券買取表

金券 - その他金券 買取価格
パークハイアット東京 ご利用券
パークハイアット東京 ご利用券 詳細はこちら
パークハイアット東京 ご利用券
パークハイアット東京 ご利用券買取表

(2013年11月15日現在のデザイン)



パークハイアット東京

パークハイアット東京(パークハイアットとうきょう、英語:ツꀀPark Hyatt Tokyo)は、ハイアットホテルアンドリゾーツが展開するホテルであり、東京都新宿区西新宿3丁目にある小規模最高級ホテルである。

概要

パークハイアット東京は、東京・新宿新都心の高層ビル街区の南端、丹下健三設計による「新宿パークタワー」の39階から52階に入居している。ハイアット・ホテルズ・アンド・リゾーツツꀀ(Hyatt Hotels and Resorts) が展開。パークタワーホテル株式会社(東京ガス都市開発の関連会社)が業務を行っている。

パークハイアット東京は、地下駐車場やホテル正面玄関のある地上2階からは、専用エレベーターでフロントレセプションのある41階に直行する。さらにパークハイアット東京の上層階に位置する客室へは、同フロアでも最も奥まった場所にあるフロント・デスク付近から別のエレベーターに乗り継ぐ必要があり、客室階のプライバシーが保たれる設計となっている。パークハイアット東京の47階にはプールとフィットネスクラブ、45階にはスパがある。パークハイアット東京は、大都会の喧噪を離れた大人の隠れ家というコンセプトのもと、あえて客室を177室に限定し、客室数が少ない分きめ細かなサービスを実現している。パークハイアット東京は、夜景を始め、眺望が素晴らしい。パークハイアット東京は、最も広い客室は面積290m2であり、東京都内でも最大級とされる。

パークハイアット東京は、ビリー・ジョエルやホセ・カレーラスを始めとするスーパースターにも愛されている。パークハイアット東京は、ソフィア・コッポラ監督の映画、『ロスト・イン・トランスレーション(Lost in Translation)』(2003年)の舞台となっている。パークハイアット東京は、1990年代にはフォーシーズンズホテル椿山荘東京、ウェスティンホテル東京と並んで「東京新御三家ホテル」又は「東京外資系ホテル御三家」と呼ばれていた。

沿革

1994年7月9日パークハイアット東京は、ハイアットホテルチェーンの1つとして東京・新宿副都心にある新宿パークタワー(1994年4月完成)内にオープン。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/11/15現在



パークハイアット東京 ご利用券の買取の注意事項

■パークハイアット東京 ご利用券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他金券をお売りいただける場合はパークハイアット東京 ご利用券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■パークハイアット東京 ご利用券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はパークハイアット東京 ご利用券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のパークハイアット東京 ご利用券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ