モンテローザ お食事&ドリンク券 500円を高価買取します。

モンテローザ お食事&ドリンク券 500円買取表

金券 - その他金券 買取価格
モンテローザ お食事&ドリンク券 500円
モンテローザ お食事&ドリンク券 500円 詳細はこちら
モンテローザ お食事&ドリンク券 500円
モンテローザ お食事&ドリンク券 500円買取表

(2013年10月15日現在のデザイン)



モンテローザ

株式会社モンテローザは、日本の外食チェーンストアの1つ。モンテローザは、「白木屋」、「魚民」、「笑笑」などのブランドで居酒屋を全国展開している。モンテローザの本社は東京都武蔵野市中町1-17-3。

沿革

モンテローザは、1975年、つぼ八五反田東口駅前店店長だった大神輝博が独立し、新宿歌舞伎町にパブレストラン「モンテローザ」を開店したことに始まる。モンテローザは、1983年に株式会社化し現社名となり、同年6月1日に一号店となる白木屋中野南口駅前店が開店する。モンテローザは、1992年には50店舗、1993年100店舗、1996年には300店舗と次々と新店をオープンし店舗網を拡大していった。モンテローザは、グループ8888店舗達成を目標に掲げており、2005年には25業態1300店舗を達成した。

モンテローザは、「低コスト体質」と「多業態展開」で、わずか10年あまりで売上高は10倍になり、居酒屋市場での順位も8位から業界トップに踊り出た。

モンテローザは、出店コストを抑えるために、敢えて二等立地に店舗を構える。その代わり客層や、価格帯、趣向が異なれば新業態を開発する。 時代の流れをとらえ、ワタミフードサービス、コロワイドとともに居酒屋業界の「新御三家」とも呼ばれるようになる。

モンテローザは、正社員500人採用。2008年12月19日日本経済新聞に掲載された。 2009年4月までに、大手メーカーなどの雇用調整で失業した派遣社員、正社員を対象に500名を正社員として採用すると発表。 結果、2000人の応募が有り予定を超過し、600人を採用した。(シルシルミシルより)

2011年、モンテローザは、農林水産省「第4回 国産野菜の生産・利用拡大優良事業者表彰」にて(独)農畜産業振興機構理事長賞「(株)モンテローザ・ヤマダイ食品(株)茨城中央園芸農業協同組合」グループの表彰式典を受賞。

他社とのトラブル

「魚民」vs「和民」看板紛争

2003年12月26日、モンテローザは、居酒屋チェーン「和民」を経営するワタミフードサービスに対し、同社から「『和民』に似た名称の店名、似たデザインの看板を『魚民』がわざと使っている」との虚偽の事実を公表されたとして、3000万円の賠償を求める訴えを東京地方裁判所に起こした。

それに対し、ワタミ側も名誉を傷つけられたとして逆提訴。互いに「店を混同させる手法があからさま」(ワタミ)、「赤地に白抜きの看板は外食産業の共通財産」(モンテローザ)と主張を対立させたものの、翌年12月17日、東京地裁で和解が成立。「魚民」が看板の使用を中止する義務はないことを「和民」側が認める、モンテローザ社が損害賠償請求を取り下げる、双方が今後、お互いを誹謗中傷しないことなどが条件。

これにより「魚民」「和民」共存になった。

ところがワタミ社長・渡邉美樹はその後、2007年に著書『もう、国には頼らない。』中で“○民”と名を挙げ“和民というヒットした先行者がいれば真似て全部そっくりにする者が出て来る”と記す。モンテローザはこれを和解内容に反するとして、法人のワタミ及び渡邉に対し1億円の賠償を求め提訴。東京地裁は2009年11月16日、渡邉個人の責任のみを認め300万円の賠償を命じた。

「月の宴」vs「月の雫」紛争

2003年7月8日ツꀀ「月の雫」を運営する三光マーケティングフーズが、「月の宴」を運営するモンテローザに対して、6000万円の損害賠償を求める訴訟を横浜地方裁判所に起こした。

訴状によると、店名や月をモチーフにしたロゴタイプが似ているだけでなく、メニューの豆腐を「豆冨」と表示している点も同じ。料理によっては説明文までまったく同じだったという。

2006年9月に和解。これにより共存になった。

「目利きの銀次」問題

モンテローザは、沖縄県で展開するも、県外に進出していない『目利きの銀次』の店名を、モンテローザ側が使用している。内外装も、非常に酷似。一方、『目利きの銀次』を経営する沖縄の『株式会社みたのクリエイト』は、目利きの銀次の商標をとっていなかった模様。それに目を付けたモンテローザ側が商標を取得。その後、みたのクリエイト側が、特許庁に異議申し立てをするも、沖縄県という立地上、認知度が低いとし、これを却下。現在、株式会社みたのクリエイトは、これを黙認している。

農業事業

株式会社モンテローザの100%出資子会社である有限会社モンテローザファームは、茨城県牛久市の農場で、有機JAS認定を取得した。 農場では、モンテローザが展開する「白木屋」「魚民」「笑笑」などの店舗のサラダ等で使用する水菜、グリーンカール等を主に栽培している。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/10/15現在



モンテローザ お食事&ドリンク券 の買取の注意事項

■モンテローザ お食事&ドリンク券 の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他金券をお売りいただける場合はモンテローザ お食事&ドリンク券 の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■モンテローザ お食事&ドリンク券 の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はモンテローザ お食事&ドリンク券 を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のモンテローザ お食事&ドリンク券 を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ