マック商品券を高価買取します。

マック商品券 金券買取表

金券 - その他金券買取表 買取価格
その他
マックカード 詳細はこちら
マック商品券
マック商品券買取表

(2012年1月11日現在のデザイン)



マクドナルド

マクドナルドコーポレーションのビジネスモデルは、他の多くのファーストフードチェーンと若干異なる。通常のチェーンでも請求される特許料金、供給品、および販売のパーセンテージに加えて、マクドナルドはまた賃貸料を徴収する。
フランチャイズ契約の条件として、ほとんどのマクドナルド店舗は、店舗の不動産をマクドナルドコーポレーションが所有する。フランチャイズ会社は売り上げの一部を賃貸料としてマクドナルドコーポレーションに支払う。マクドナルド創立者の1人 Harry.J.Sonneborne は「われわれの商売は不動産業である。われわれがハンバーガーを売る唯一の理由は、フランチャイズ会社がハンバーガーを売ったときの利益が、最も多くの賃貸料をわれわれにもたらすからだ」と言った。
徹底的な省力化・効率化を行い、注文後すぐに商品が提供されることが特徴である。たとえばメニュー記載の商品数を少なくし、食材の無駄を省いている。この仕組みは、その後の多くのファーストフードチェーンの見本ともなった。

調理

マクドナルドのハンバーグや芋はセントラルキッチンと称する集中調理工場施設より成型済みで搬入され、厨房では焼いたり揚げたりするだけで細かい調理の必要がない。
焼く鉄板や揚げ油の温度、時間も定められている。若干の訓練を受ければ誰が作っても同じ大きさ、同じ形、同じ味の商品が提供できる。調理工程も簡略化され、付け合せなども極力簡略化し、高速で調理できるようになっている。
商品提供システムとして「Made For You(MFYまたはM4U、メイド-フォー-ユー)」と称する、受注してから迅速に調理し商品を完成させる方式の新システムが導入された(全店導入時期 アメリカ:1999年、日本:2005年)[18]。その他「ダイレクトオペレーション」(ストック方式)と称する、商品を作り置いて温蔵棚などに貯蔵し、受注後そこから取り出して販売する方式がある。この仕組みは環境問題などで批判される原因になったが、作り置きはその時間帯の売り上げや客足などの予想を元に行うため、大半の場合は客を待たせず商品提供できる利点があった。その反面、味の劣化や、ハンバーガーを調理後10分で破棄する社内規定により、予測誤りによる廃棄などの問題が発生していた[18]。Made For Youシステムでは売れ残りや食材の貯蔵をなくし、ハンバーガーを作るコストを下げた。当然ながらこのシステムでも受注分より多く作ってしまうことによる廃棄はあるが、すべての客に出来立てを提供できるという効果もあり、総じて廃棄量は激減した

原料

ハンバーガーのビーフパテは牛肉を使用している。
地域によっては宗教上の観点から特定あるいは一切の肉類を食せない顧客向けに、鶏肉を使った「チキンマハラジャマック(Chicken Maharaja Mac)」「チキンマックカレーパン(Chicken McCurry Pan)」(インド、後述)、肉を一切使わないベジタリアン用のメニュー(Veg menu、後述)[20]、ホキという深海魚やスケトウダラを使った「フィレオフィッシュ(FishMac)」(各国)、などが用意されている。
日本における「てりやきマックバーガー」や2007年6月~7月に発売されていた「メガてりやき」、2007年7月から発売された「マックポーク」に使われているパティは豚肉で、マクドナルドでは豚肉の使用を明記している。

ドライブスルー

ドライブスルーは日本国外で「マックドライブ」と呼称される。利用手順は車両をメニューが掲示されたマイク前に移動し注文する。この際店員から支払い金額が請求される。
通常はマイク越しに店内にいるインカムを装着した店員に話し掛けることになるが、一部店舗では休日のピーク時を中心に、移動型のレジを伴った店員に直接話し掛ける状況もある。この場合もレジは有線で店内のシステムに直結しているため店内のMade For Youシステムへも注文が直接伝わる。また、WOT(ワイヤレスオーダーテイカー)と呼ばれる小型のタッチパネル端末で受注することもある。WOTはほとんどの場合コーポレートカラーである赤色の肩掛けケースに入れられている。WOTは注文を無線方式でキッチンへ伝達するため混雑時に店内で用いられることがある。この場合、決済やレシート発行はカウンターのレジで行う。
その後順路に沿って車両を進めると商品受け渡し口がある。ここでまず代金を支払い、その後袋などに入った商品を受け取る。一部の古い店舗で見られる、受け渡し口手前の使用されていない窓口もしくはその跡は、かつて代金の支払いと商品の受け渡しを別々の窓口で行っていた名残である。なお現在でもこの形態をとる店舗も存在する。近年オープンした店でも、この方式が採用されている場合もある。雨が多い地域では商品を濡らさないために配慮されており、日本の店舗では受け渡し口に通常屋根がある。商品を受け取った後に車両を進めると公道へ出る。
購入商品が多いなど受け渡しまでに時間を要する際、ドライブスルー進行レーンから外れた待機場所で待たされる。多くの場合、店員が商品を車両まで運搬する。
ドライブスルーは主に普通乗用車などを対象としているが、オートバイや自転車など二輪車両での利用は、商品受け取り後の走行や自動車による追突など安全上の理由で、店舗によっては断られる場合もある。またトレーラーやトラックの場合車両限界などで利用できない場合もあるが、これらに配慮したドライブスルー設置店舗も幹線道路沿線に見られ、送迎や路線などバスでの利用もある。

ハンバーガー大学

マクドナルド従業員の訓練施設としてハンバーガー大学(Hamburger University:HU)がアメリカおよび各国にある。

アメリカ本校

ハンバーガー大学はマクドナルド従業員教育用施設で、イリノイ州オークブルックのシカゴ郊外に130,000平方フィート(12,000m2)の広さでアメリカのマクドナルド株式会社が所有。今まで70,000人以上のマネージャーが「卒業」し30人程度の「教授」が所属する。「大学」は1961年、イリノイ州Elk Grove Villageに設立された。1960年代前半、初期の学生は企業利益向上を目的として「卒業」までに化学、マーケティング、調理などのコースを確実に修了しなければならなかった。彼等"McDegree"にはマクドナルド商品の経済的な品質向上を研究する部門に就く者もいた。現在の規模は1クラス当たり平均200人以上。

日本校

日本マクドナルド本社(新宿アイランドタワー)38階にある。
2005年7月、ハンバーガー大学のBasic Shift Management Course (BSM)と、Advanced Shift Management Course(ASM)の2つのコースが若年者就職基礎能力修得支援事業(Yes-Program)の認定を受けた。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/1/11現在

その他金券の買取の注意事項

■その他金券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびその他金券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■その他金券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はその他金券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のその他金券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ