マックコーヒー券を高価買取します。

マックコーヒー券 金券買取表

金券 - その他金券買取表 買取価格
その他
マックコーヒー券 詳細はこちら
マックコーヒー券
マックコーヒー券買取表

(2012年1月11日現在のデザイン)



日本マクドナルド

日本マクドナルド株式会社(にほんマクドナルド、英称:McDonald's Company (Japan), Ltd.)は、日本においてハンバーガーチェーンのマクドナルドを経営する企業である。日本国内での略称は「マック」または「マクド」の2種類が主である。


概要

アメリカ・マクドナルドのフランチャイズ企業。日本国内のマクドナルドは2011年現在、約3,300店舗で展開[2]している。日本のハンバーガー市場における市場占有率(シェア)は1990年代後半から2000年代において60%台[3][4]縲鰀70%台[5]を獲得している。

米国マクドナルドの直轄体制となっており、日本マクドナルドホールディングス(持株会社、旧:日本マクドナルド)の連結子会社である。現在のCEOは原田泳幸[6](代表取締役会長兼社長)。

日本における「マクドナルド」名称・表記・発音の由来

日本において設立準備時、"McDonald's" の英語圏における発音は『マクダーナルズ』と表現されていた(発音に関する詳細はマクドナルド#英語圏を参照)。しかし、日本マクドナルド初代社長の藤田田が、「『マクダーナルズ』では日本人には発音し辛く馴染まないから、日本語的に3・3の韻になるように」という理由と、看板にした時の字面とバランスを考慮した上で、日本向けの名称・表記・発音は『マクドナルド』に決定した。

日本における略称・通称・愛称

公式の略称・通称・愛称は設定されていないが、日本の消費者の間では全般に「マック」と「マクド」が用いられている[7]。同社は「マック」を使用した商品サービス(「ビッグマック」「マックシェイク」「朝マック」「100円マック」など)を展開しているが、「『マック』でも『マクド』でも、親しみをもって呼んでもらえることに、うれしく思います。どちらが正しいとかはありません」と説明している[7]。

日本においては「マック」と呼ぶ人が圧倒的に多く、関東圏を中心に北海道・東北・中部・中国・四国・九州など日本全国に広く浸透しており東日本で84.4%・西日本で41.6%、「マクド」は大阪を中心とする近畿圏が中心で東日本が11.8%・西日本でも52.3%である[7][8][9]。Macintoshのような他の「マック」との混同を防ぐために「マクド」を用いる証券業界もある[7]。


沿革
  • ・1971年(昭和46年)5月 - 藤田商店がアメリカ・マクドナルド社とのライセンス契約を締結、日本マクドナルド設立。
  • ・1971年(昭和46年)7月 - 1号店を銀座三越1階に出店。
  • ・1974年(昭和49年)3月 - 本社を新宿住友ビルへ移転。
  • ・1976年(昭和51年)2月 - 初のフランチャイズ店を出店。
  • ・1976年(昭和51年)12月 - 100号店出店。
  • ・1977年(昭和52年)4月 - 初のドライブスルー店舗を出店。
  • ・1979年(昭和54年)10月 - 200号店出店。
  • ・1981年(昭和56年)3月 - 300号店出店。
  • ・1982年(昭和57年)12月 - 単体ブランドチェーンとして外食産業売上高日本一(2005年現在、売上高日本一トップを維持)。
  • ・1984年(昭和59年)12月 - 年間売上高1,000億円を突破。
  • ・1985年(昭和60年)8月 - 500号店出店。
  • ・1987年(昭和62年)6月 - サンキューセットのセットメニュー開始。
  • ・1987年(昭和62年)12月 - 600号店出店。
  • ・1989年(平成元年)7月 - 700号店出店。この700号店(西武新宿店)は1960年代のアメリカ風な店舗内装・調度品が使用され、店舗1階にはビートルズの等身大人形が設置され話題に(現在、人形は3階喫煙席に移転・展示中)。
  • ・1992年(平成4年)10月 - 累計トータル客数50億人突破。ハンバーガーを20年前の創業価格100円で期間限定販売。
  • ・1993年(平成5年)5月 - 愛知県名古屋市瑞穂区に1000号店出店(瑞穂通店)。
  • ・1994年(平成6年)3月 - バリューセットメニューの開始。
  • ・1995年(平成7年)3月 - 本社を現在の新宿アイランドタワーに移転。
  • ・1996年(平成8年)1月 - ハンバーガー80円、チーズバーガー100円での期間限定販売開始。
  • ・1996年(平成8年)11月 - 神奈川県横浜市鶴見区に2000号店出店(大黒パーキングエリア店)。
  • ・1997年(平成9年)12月 - ハンバーガー65円、チーズバーガー85円での半額で期間限定販売開始。
  • ・1998年(平成10年)12月 - 新業態・マックカフェ出店
  • ・1999年(平成11年)8月 - 東京都大田区に3000号店出店(環八大鳥居店)。
  • ・2000年(平成12年)10月 - 平日半額キャンペーンの開始。
  • ・2001年(平成13年)7月 - ジャスダック市場へ上場。
  • ・2002年(平成14年)3月 - 藤田田が代表取締役会長、八木康行が代表取締役社長に就任。
  • ・2002年(平成14年)6月 - 英国Pret A Manger社と提携したサンドウィッチチェーン、日本プレタ・マンジェ株式会社を設立(2004年に撤退・清算)。
  • ・2002年(平成14年)7月 - 日本マクドナルドホールディングス株式会社に商号変更。同時に会社分割により、100%子会社の(新)日本マクドナルド株式会社を設立し、ハンバーガーレストラン事業を承継して、日本マクドナルドホールディングス株式会社が持株会社となる。
  • ・2003年(平成15年)3月 - 藤田田が代表取締役会長を退任。
  • ・2004年(平成16年)5月 - 八木康行・代表取締役社長兼COOが退任、後任に原田泳幸が代表取締役副会長兼社長兼CEOへ就任
  • ・2005年(平成17年)3月 - 原田泳幸・代表取締役副会長兼社長兼CEOが代表取締役会長兼社長兼CEOに就任。
  • ・2007年(平成19年)6月 - 晴海通り再開発計画に伴い、現在は銀座三越隣にある1号店の営業終了を発表。地域別価格制度を導入(後述)。
  • ・2007年(平成19年)8月 - 再度、新規事業としてマックカフェを出店。
  • ・2007年(平成19年)11月 - 同社とのフランチャイズ契約をしていた企業が運営していた都内4店舗で、調理日時の表示を改ざんした商品を販売していた事や賞味期限切れとなった原材料を使用して商品を作っていた事や賞味期限切れの商品を販売した事実が発覚(後述)[34][35]。原田社長が記者会見で謝罪[36]。
  • ・2007年(平成19年)12月 - 離島地域では初の店舗が石垣市に出店。糸満店だった国内最南端・最西端の店舗が300km程更新された。日本最北端店舗記念オブジェ(北海道稚内市)
  • ・2008年(平成20年)1月 - 埼玉県熊谷市内にある日本マクドナルド直営店店舗の店長が未払いの残業代と慰謝料等を日本マクドナルドに求めた訴訟の判決で、「店長は管理職に非ず」の判断が示される。同社が敗訴(後述)[37][38][39]。
  • ・2008年(平成20年)5月 - 小麦・チーズ・食用油など原材料の値上がりや、賃料や人件費の上昇を理由として「30日から全店値上げする(地域によって対象商品や値上げ幅にばらつきがある)」と2日に発表[40][41][42]。
  • ・2008年(平成20年)5月 - 残業代訴訟敗訴の影響を受け、「名ばかり管理職」に該当する直営店長と地域の店舗管理責任者、合計2千数百人に職務給を廃止した上で残業代を支払う、新賃金制度を2008年(平成20年)8月1日から導入する、と20日に発表(後述)[43][44][45][46]。
  • ・2008年(平成20年)8月 - 小麦・チーズ・食用油など原材料の値上がりや、賃料や人件費の上昇を理由として全店値上げすると7日発表[47]、20日実施[48]。
  • ・2008年(平成20年) 9月 - 2003年4月以来、約5年半ぶりに公式サイトを全面刷新[49]。
  • ・2008年(平成20年) 11月 - 東京都23区内の50店舗で排出される食品廃棄物を回収し、肥料化・飼料化する食品リサイクル活動を本格化、10月28日発表、11月1日開始[50]。
  • ・2009年(平成21年) 11月 - 北海道稚内市にマクドナルドが出店され、最北端の記念碑が作られた。これまでは、北海道名寄市(イオン名寄ショッピングセンター店)が最北端であった。
  • ・2010年(平成22年) 4月 - 東京都の渋谷駅周辺や赤坂・青山エリアの店舗を一斉に「新世代デザイン店舗」としてリニューアル。以降、首都圏の繁華街の店舗を中心に順次「新世代デザイン店舗」としてリニューアルを進めている。

メニュー・店舗・特徴・サービス

主要なメニュー

  • ・ビッグマック
  • ・ハンバーガー
  • ・てりやきマックバーガー
  • ・フィレオフィッシュ
  • ・クォーターパウンダー
  • ・マックシェイク

朝マック

朝マックとは、開店から(24時間営業店舗では午前5時から)午前10時30分まで販売されているメニューの総称。マフィンやグリドル、ホットケーキを中心とした朝でも比較的(短い時間で)食べやすいメニューとなっている。すべての店舗で実施しておらず、スーパーマーケットやショッピングセンター内に併設されている店舗や、おもに午前9時以降に開店する店舗などでは朝マックを扱わないことが多い。なお、これらの店舗は開店時から通常メニューの販売となる。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/1/11現在



その他金券の買取の注意事項

■その他金券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびその他金券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■その他金券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はその他金券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のその他金券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ