高速バス 甲府~新宿を高価買取します。

高速バス 甲府~新宿 買取表

金券 - その他金券 買取価格
高速バス 甲府~新宿
高速バス 甲府~新宿 平日 詳細はこちら
高速バス 甲府~新宿 全日 詳細はこちら
高速バス 甲府~新宿 平日
高速バス 甲府~新宿 平日
高速バス 甲府~新宿 全日
高速バス 甲府~新宿 全日

中央高速バス

中央高速バス(ちゅうおうこうそくバス)は、京王電鉄バスグループ(旧:京王帝都電鉄バス)とその共同運行会社が運行している、中央高速バスは、新宿高速バスターミナルに発着する中央自動車道経由の高速バス(路線バス)の総称である。「中央高速バス」は京王電鉄バス株式会社の登録商標であるため、京王が幹事となるか営業協力している路線では「中央高速バス」の名称を使用できるが、それ以外の路線では商標権侵害となるため使用できない。

本項では以下、単に「京王」とした場合は、京王帝都電鉄(現:京王電鉄)のバス部門及び京王電鉄バスグループ全体を、単に「富士急」とした場合は、富士急行のバス部門及び富士急バスグループ全体を指すものとする。また、伊那線と飯田線は、免許上は一体になっていることから、「伊那・飯田線」とまとめて呼称されることが多いため、本項でも、特に区別する必要がない場合は「伊那・飯田線」という1路線として扱う。

本項では、東京 - 長野線のうち、当初本路線群の1路線として開設され、1997年以降は関越道・上信越道を経由となった長野線(新宿 - 善光寺・国際21線)についても記述する。

概説

この中央高速バスの路線は、1956年に新宿 - 富士五湖を結ぶ急行バスを運行開始したのが始まりである。中央高速バスは、1959年には新宿 - 甲府・昇仙峡を結ぶ季節運行の急行バスを運行しており、これらを高速道路経由に乗せかえる際に「中央高速バス」の名称を使用するようになった。その後中央高速バスは、高速道路網の展開と同時に路線ネットワークを拡大している。

中央高速バスの伊那・飯田線においては巨額の赤字を抱えていたバス会社が単年度黒字を計上するなど、高速バスがバス会社にとっては重要な事業形態であることを立証した。これが、1980年代後半からの高速バス路線開設ブームの動機の一つになっている。

歴史

沿革

  • ・1956年10月6日 - 新宿 - 河口湖駅・山中湖線136km(一般道経由)を運行する急行バスを運行開始。京王・富士山麓電気鉄道(現:富士急行)の相互乗り入れ。4・5月・7月15日 - 9月の土休日運行の季節便であった。1日2往復、所要時間は4時間30分。
  • ・1959年7月5日 - 国道20号新笹子トンネル開通(1958年12月)に伴い、新宿 - 甲府・昇仙峡間急行バス「甲斐号」を京王・富士山麓電気鉄道・山梨交通の3社で運行開始。3 - 11月の休日のみ運行。
  • ・1965年7月16日 - 行楽時のみ運行していた山中湖線を毎日運行の定期路線バスに昇格。
  • ・1967年7月8日 - 新宿 - 富士山五合目線・新宿 - 本栖湖線(ともに一般道経由)を運行開始。
  • ・1968年3月3日 - 中央自動車道の調布 - 八王子間の開通(1967年12月)に伴い、急行バス各路線はこの区間を高速道路経由に変更。新宿 - 山中湖間の所要時間は3時間50分になった。
  • ・1969年3月18日 - 中央自動車道の相模湖 - 河口湖間が開通したのを機に、高速道路経由に変更(新宿 - 調布は一般道経由)。この時から「中央高速バス」として運行を開始。新宿 - 河口湖間の所要時間は2時間10分となった。同時に11往復に増発。
  • ・1970年3月20日 - 浜松町バスターミナル使用開始に伴い、一部便を浜松町発着とする。
  • ・1971年4月5日 - 新宿高速バスターミナル使用開始。
  • ・1972年 - 富士急の運行便をワンマン化。
  • ・1974年 - 京王の運行便をワンマン化。
  • ・1976年5月18日 - 中央自動車道高井戸 - 調布間が開通したため、この区間及び初台 - 高井戸間(首都高速道路)も高速道路経由に変更。新宿 - 河口湖間の所要時間は1時間40分となった。
  • ・1978年4月22日 - 中央高速バスは、前年(1977年)に中央自動車道大月 - 勝沼間が開通したのを機に、新宿 - 甲府・昇仙峡の急行バスを乗せかえる形で、甲府線の運行を開始。同時に毎日運行化。新宿 - 甲府間の所要時間は2時間14分、1日9往復。山梨交通が中央高速バス初参入となる。
  • ・1980年 - 甲府線で座席予約システム(SRS-80:京三製作所製)の運用を開始。以後開設される路線は、この予約システムに組み込まれた。
  • ・1983年1月19日 - 中央自動車道勝沼 - 甲府昭和間が1982年11月に開通したのを機に、甲府線に甲府南経由便を追加。石和経由と合わせて24往復となる。
  • ・1984年12月14日 - 中央高速バスは、伊那・飯田線が開業。諏訪バス(現、アルピコ交通)・伊那バス・信南交通が参入。2系統合わせて15往復。
  • ・1986年
    •   ・2月25日 - 中央高速バスは、諏訪・岡谷線の運行を申請。
    •   ・3月14日 - 国鉄バスが東京駅 - 上諏訪・岡谷間を結ぶ高速バス路線の運行を申請。調整不能な事態に陥る。
    •   ・11月1日 - 中央高速バスは、沿線からの諏訪・岡谷線開業に対する要望が強くなったため、伊那・飯田線の免許を活用する形で、中央道茅野線の運行を開始。1日3往復で、京王と富士急は隔日1往復担当、山梨交通・諏訪バスが1日1往復。
  • ・1987年7月1日 - 中央高速バスは、中央道茅野線を延長する形で、諏訪・岡谷線が開業。JR東日本バス(現:JRバス関東)が参入。
  • ・1989年
    •   ・4月18日 - 中央高速バスは、松本線の運行を開始。松本電気鉄道(現、アルピコ交通)が参入。
    •   ・12月22日 - 中央高速バスは、沼津線「スキッパー号」の運行を開始。
  • ・1995年12月1日 - 甲府線において平日割引回数券「トクワリきっぷ」の発売を開始。
  • ・1996年
    •   ・3月29日 - 「中央高速バス」の名称が、京王の登録商標となる。ロゴマークも同時に登録されている。
    •   ・7月 - 沼津線「スキッパー号」を廃止。
    •   ・10月1日 - 富士五湖線の一部便に忍野八海経由便を設定。また、この日から京王・富士急の富士五湖線予約センターを統合。
  • ・1998年3月20日 - 高山線の運行を開始。濃飛乗合自動車が参入。
  • ・1999年10月 - 諏訪・岡谷線の運行を京王バス(現・京王バス東)に移管。
  • ・2000年
    •   ・10月 - 中央高速バスは、甲府線の運行を京王バス(現・京王バス東)に移管。
    •   ・11月 - インターネット予約サイト「ハイウェイバスドットコム」開設。ネット上からの予約が可能になった。
  • ・2001年
    •   ・4月 - 「ハイウェイバスドットコム」でiモードでも予約受付開始。
    •   ・7月 - 白馬線の運行を開始。
  • ・2002年
    •   ・6月1日 - 中央高速バスは、甲府線の一部便を湯村温泉まで延長。
    •   ・12月20日 - 中央高速バスは、名古屋線の運行を開始。名古屋鉄道(現:名鉄バス)と相互乗り入れ。
  • ・2003年4月 - 中央高速バスは、木曽福島線の運行を開始。おんたけ交通が参入。
  • ・2004年
    •   ・8月6日 - 中央高速バスは、山梨交通が単独で、南アルプス・身延山線の運行を開始。
    •   ・10月14日 - 中央高速バスは、下呂温泉線の運行を開始。
  • ・2005年3月28日 - 南アルプス・身延山線の終点を身延(山梨交通の子会社である山交タウンコーチ身延営業所)まで延伸、増便。京王バス東が参入。
  • ・2007年
    •   ・6月29日 - 松本線が全便中央道日野に停車するようになったため、中央高速バスは全路線全便が中央道日野に停車するようになった。
    •   ・9月 - 中央高速バス開業50周年を記念して、「中央高速バス観光ガイド」を発行。
  • ・2008年7月 - 中央高速バスは、下呂温泉線廃止。
  • ・2009年
    •   ・1月28日 - 中央高速バス運行会社連盟「CHANCE」の結成を発表。
    •   ・12月16日 - 中央高速バスは、白馬線の長野県側の運行事業者を川中島バスに移管。
  • ・2010年
    •   ・7月1日 - 中央高速バスは、諏訪・岡谷線に諏訪IC経由、茅野駅発着便を1日2往復新設。
    •   ・10月30日 - 中央高速バスは、山梨交通が単独で、北杜・白州線の運行を開始。
  • ・2011年
    •   ・2月1日 - 中央高速バスは、甲府線の石和経由6往復を「特急便」(湯村・甲府~勝沼・中央道日野・新宿のみ停車)として運行開始。
    •   ・3月19日 - 京王バス南が単独で、多摩 - 河口湖線の運行を開始。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/9/17現在



高速バス 甲府~新宿の買取の注意事項

■高速バス 甲府~新宿の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他金券をお売りいただける場合は高速バス 甲府~新宿の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■高速バス 甲府~新宿の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は高速バス 甲府~新宿を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の高速バス 甲府~新宿を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ