高速バス 甲府~羽田 全日を高価買取します。

高速バス 甲府~羽田 全日 買取表

金券 - その他金券 買取価格
高速バス 甲府~羽田 全日
高速バス 甲府~羽田 全日 詳細はこちら
高速バス 甲府~羽田 全日
高速バス 甲府~羽田 全日

(2013年9月17日現在のデザイン)



竜王・甲府 - 羽田空港線

竜王・甲府~羽田空港線(りゅうおう・こうふ~はねだくうこうせん)は、山梨県国中地方と羽田空港を結ぶ空港リムジンバス(高速バス)路線である。

概要

山梨交通(敷島営業所担当)と京浜急行バス(大森営業所担当)の共同運行により2009年3月現在、1日4往復が運行されている。午前甲府発、午後甲府着のダイヤ設定となっており、甲府駅から勝沼インターチェンジまでは国道20号を通り、中央自動車道、首都高速道路を経由し羽田空港に至っている。山梨県内から羽田空港へ向かうための直通交通手段は開設当時当バスのみであり、その後富士山駅 - 羽田空港線が開設されたが、現在も羽田空港と国中地方を直接結ぶ唯一の交通機関である。

沿革
  • ・2000年7月18日-竜王駅・甲府駅~羽田空港(現在の第1旅客ターミナル)間の1日2往復で運行開始。山梨交通と京浜急行電鉄羽田営業所が担当。
  • ・2003年10月1日-京浜急行電鉄のバス部門分社化により京浜急行バス羽田営業所担当となる。
  • ・2004年12月1日-第2旅客ターミナル開業により当ターミナルにも停車。
  • ・2005年12月1日-京浜急行バス羽田営業所から京急観光バス担当に変更。
  • ・2006年3月1日-試験的に1往復増便(山梨交通担当)、3往復体制となる。
  • ・2006年4月1日-試験期間が終了し、2往復体制に戻る。
  • ・2008年3月16日-京急観光バス解散にともない、京浜急行バス大森営業所担当になる。
  • ・2009年3月1日-1日4往復に増便。それまで早朝のみであった甲府発車便が9時台にまで引き下げられ、夜遅くのみであった羽田空港発車便についても14時台の設定が登場した。
  • ・2010年10月21日-国際線ターミナル開設によりダイヤ改正。羽田空港発車14時台のバスを13時台に繰り上げ。

停車地
  • ・竜王駅(山梨県甲斐市)
  • ・甲府駅(山梨県甲府市)‐バスターミナルより発着
  • ・石和(山梨県笛吹市)
  • ・一宮(山梨県笛吹市)
  • ・勝沼(山梨県甲州市)
  • ・羽田空港(東京都大田区)
    •   ・第1旅客ターミナル
    •   ・第2旅客ターミナル
    •   ・国際線ターミナル
 山梨県内は羽田空港方面行きが乗車のみ、竜王方面行きが降車のみ。
 羽田空港内は羽田空港方面行きが降車のみ、竜王方面行きが乗車のみ。
 羽田空港内の停車順は羽田空港方面行きが第2→第1→国際線、竜王方面行きが国際線→第2→第1の順に停車する。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/11/26現在



高速バス 甲府~羽田 全日の買取の注意事項

■高速バス 甲府~羽田 全日の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の高速バス 甲府~羽田 全日をお売りいただける場合は在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■高速バス 甲府~羽田 全日の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は高速バス 甲府~羽田 全日を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の高速バス 甲府~羽田 全日を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ