藤田観光 ホテル・レストラン券を高価買取します。

藤田観光 ホテル・レストラン券買取表

金券 - その他金券 買取価格
藤田観光 ホテル・レストラン券
藤田観光 ホテル・レストラン券 詳細はこちら
藤田観光 ホテル・レストラン券
藤田観光 ホテル・レストラン券買取表

(2013年11月15日現在のデザイン)



藤田観光

藤田観光株式会社(ふじたかんこう、Fujita Kanko Inc.)は、東京都文京区関口に本社を置く、ホテルや結婚式、レジャー事業をおこなう企業である。藤田観光は、みどり会の会員企業。

概要

藤田観光の前身である藤田鉱業は1945年(昭和20年)5月で、1948年(昭和23年)に藤田興業株式会社と改称している。藤田観光は1955年(昭和30年)11月7日、藤田興業の観光部門が分離独立することで発足した。藤田観光は1964年(昭和39年)4月に東証第二部に上場、翌年5月には東証第一部に昇格した。さらに、1973年(昭和48年)7月には大証第一部にも上場した。

藤田観光はかつて、東京都港区海岸の芝商業高校とJR東日本アートセンター四季劇場の対角にあたる場所に自社ビルを構えて本社としていたが、2006年(平成18年)5月25日より文京区関口の椿山荘内に本社を移転している。

藤田観光は過去には、観光バスとタクシー・ハイヤーを核とする自動車事業も行っていたがバブル崩壊後の1995年(平成7年)10月に自動車部の事業は国際自動車に売却。藤田観光主体の無線タクシーグループの藤田無線は1995年10月以降は藤田観光を除く残った3社で運営をしてきたが、2006年(平成18年)2月で解散、事業は日本交通に譲渡された。

事業

藤田観光が経営する施設には、藤田組創始者である男爵・藤田伝三郎の大阪本宅であった太閤園をはじめ、ワシントンホテル、ホテル椿山荘東京、椿山荘、小涌園ツꀀ、箱根小涌園、箱根小涌園ユネッサンなどがある。

藤田観光の売上構成の内訳はワシントンホテルが約38%で最も高く、椿山荘を始めとした結婚式・宴会事業が約17%、フォーシーズンズホテル椿山荘東京(現在はホテル椿山荘東京)が約10%、箱根小涌園や箱根小涌園ユネッサンを始めとしたレジャー事業が約9%などとなっている。

小湧園

「小湧園」の代名詞ともなっている箱根小涌園は1948年(昭和23年)7月に開業し、かつては施設の一部門として一般有料道路「芦ノ湖スカイライン」も所有していた。2001年(平成13年)1月には箱根小涌園に隣接して、温泉テーマパークである箱根小涌園ユネッサンを開業した。

芦ノ湖スカイラインは後に、10億円程度でNIPPOコーポレーションへ譲渡されている。

椿山荘

椿山荘は1952年(昭和27年)11月、東京・目白の山縣有朋屋敷跡に開業し、約2万坪(6万6千m2)に及ぶ日本庭園で知られる宴会施設である。「椿山荘」の名称は、古来より椿が多く咲いていた地域に位置することに因む。

椿山荘には1992年(平成4年)1月、世界的なホテルチェーン・フォーシーズンズホテルズ・アンド・リゾーツ(カナダ)との提携によって「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」が開業した。フォーシーズンズホテル椿山荘東京は開業当初、東京都心でも珍しい外資系の高級ホテルとして人気を集めたものの、競争の激化などによって次第に業績が悪化していたという。また、ホテルの運営方針を巡ってのフォーシーズンズホテル側との不和も顕在化したことから、提携は2012年(平成24年)末をもって解消、翌1月からは藤田観光独自の運営による別名のホテルに転換されることとなった。2013年1月1日から「ホテル椿山荘東京」に変わった。

ワシントンホテル

後に全国規模のビジネスホテルチェーンとなったワシントンホテルの第一号は、名古屋国際ホテル株式会社(当時)が1969年(昭和44年)に開業した『名古屋国際ホテル別館ワシントンホテル』(名古屋市中区錦)であった。

藤田観光はその後の全国展開に当たって参画、その第一号は1973年(昭和48年)6月に開業した札幌ワシントンホテル(札幌市)であった。以後、主に東日本では藤田観光、主に西日本では名古屋国際ホテル(後にワシントンホテル株式会社と改称)がワシントンホテルの事業を展開した。

当初は単一の全国チェーンとして運営されていた「ワシントンホテル」であるが、1997年(平成9年)2月1日に藤田観光が運営するワシントンホテルは「ワシントンホテルチェーン」、ワシントンホテル社が展開しているホテルチェーンは「ワシントンホテルプラザチェーン」(原則西日本のみ)として分裂した。その後は、両者をあわせて「ワシントングループホテル」と称して緩やかに提携、ポイントカード「ワシントンカード」などを共同運営をしていたが、そのポイントカードも藤田観光のメンバー制度見直しに伴って2012年(平成24年)2月末をもって藤田観光によるワシントンホテルチェーンでの取り扱いが中止され、両チェーンの関係は完全に絶たれた。

その他のホテル

  • 京都国際ホテルツꀀ- 昭和36年開業、耐震工事の費用対策を検討した結果、2014年12月26日で営業終了予定。国内の法人に譲渡されるが相手方は公表されていない。
  • ホテルフジタ京都ツꀀ- 昭和45年開業。鴨川沿いに立地し、東山の眺望や繁華街への近さが人気であったが、平成23年1月に営業終了した。藤田観光は2006年(平成18年)の時点でホテルフジタ京都の土地・建物を積水ハウスに売却しており、跡地にはリッツ・カールトンの開業が決定している
  • ホテルフジタ奈良ツꀀ- 昭和58年開業
  • ホテルフジタ福井ツꀀ- 平成21年に「福井ワシントンホテル」から転換。名称として「ホテルフジタ」を冠するが、藤田観光における扱いは「ワシントンホテルチェーン」と同等
  • ホテルグレイスリー(札幌、銀座、田町)- ワシントンホテルよりも上級のビジネスホテル・チェーン。当初から「ホテルグレイスリー」として建設された第一号は2008年(平成20年)開業の「ホテルグレイスリー田町」


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/11/15現在



藤田観光 ホテル・レストラン券の買取の注意事項

■藤田観光 ホテル・レストラン券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のその他金券をお売りいただける場合は藤田観光 ホテル・レストラン券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■藤田観光 ホテル・レストラン券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は藤田観光 ホテル・レストラン券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の藤田観光 ホテル・レストラン券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ