コカ・コーラ ギフト券を高価買取します。

コカ・コーラ ギフト券 金券買取表

金券 - その他金券 買取価格
コカ・コーラ ギフト券
コカ・コーラ ギフト券 詳細はこちら
コカ・コーラ ギフト券
コカ・コーラ ギフト券買取表

(2014年2月3日現在のデザイン)



日本コカ・コーラ株式会社

日本コカ・コーラ株式会社(にほんコカ・コーラ)は、アメリカに本拠を置くザ コカ・コーラ カンパニーの日本法人である。

概要

日本コカ・コーラは、商品開発・宣伝・マーケティング等を行い、製造販売はボトラー各社がおこなう。日本は商品構成がユニークであるという特徴を有しており、重要拠点のひとつと目されている。日本コカ・コーラは茶やコーヒーと言った非炭酸飲料の販売比率が高いため、健康志向などで炭酸飲料の販売量が低下傾向にあるコカ・コーラ社では、日本から多くのことを学ぶ必要があるとしている。日本のコカ・コーラグループの出荷量は、2位のサントリーの約2倍で、日本国内の清涼飲料業界ではシェア1位である。従業員500人程度の企業でありながら、数ある日本企業の中で毎年30位以内(5年連続首位の実績もあり)の法人所得金額を出す高利益企業でもある。


沿革
  • 1920年9月1日 - 明治屋と満平薬局で、日本で初めてコカ・コーラが販売される。
  • 1945年 - 横浜にザ コカ・コーラエクスポート コーポレーション(CCEC)日本支社開設。6ヶ所にボトリング工場を設立し、進駐軍向けにコカ・コーラを供給。
  • 1956年 - 日本初のボトラーである東京飲料株式会社(現 東京コカ・コーラボトリング)設立。
  • 1957年6月25日 - 日本飲料工業株式会社設立。日本向けコカ・コーラの製造開始。
  • 1958年3月15日 - 日本飲料工業株式会社から日本コカ・コーラ株式会社に社名変更。ファンタ発売。
  • 1962年 - テレビCM開始。日本初の飲料用自動販売機を設置。
  • 1965年 - 缶入りコカ・コーラ発売。生産は明治製菓に委託。
  • 1967年 - 大阪府高槻市に缶製品専用の大阪工場を設置。
  • 1970年 - スプライト発売。
  • 1971年 - 埼玉県比企郡吉見町に缶製品専用の埼玉工場を設置。
  • 1973年 - HI-C発売。
  • 1974年 - 埼玉工場が三国コカ・コーラボトリングに売却されサツキコカ・コーラキャンニングとなる。
  • 1975年 - ジョージア発売。
  • 1976年 - HI-Cエード発売。1980年にHI-Cサンフィルに改称。
  • 1983年 - アクエリアス発売。
  • 1993年 - 爽健美茶発売。
  • 1995年 - コカ・コーラナショナルセールス株式会社設立。
  • 1999年 - Qoo(クー)発売。
  • 2003年 - コカ・コーラナショナルビバレッジ株式会社設立。
  • 2007年 - コカ・コーラアイ・ビー・エス株式会社設立。
  • 2007年 - コカ・コーラ カスタマーマーケティング株式会社設立。
  • 2008年11月 - 11月製造分から新発売製品はコカ・コーラナショナルビバレッジから、コカ・コーラカスタマーマーケティングに変更された。
  • 2009年4月 - 4月製造分からコカ・コーラ社全商品の販売者をコカ・コーラカスタマーマーケティングに一斉切替した。
  • 2012年5月 - メローイエロー、スプライト、ファンタフルーツパンチ(レトロシリーズ第1弾)がレギュラー商品として復活した。
  • 2013年5月 - LUANA(ルアーナ)発売。

ラインナップの特徴

日本の消費者は品質に厳しく多種多様な商品を好む傾向があることから、日本コカ・コーラ社製品はその需要に応えるため多彩なラインナップとなっている。2004年、今までにはなかった形状の1,000mlボトル(ミディペット)を販売、また2007年にはコンビニエンスストア専用として450mlのスリムペットボトル商品を開発。2009年2月には楽に持てる形状と軽量化を両立した新大型ペットボトル「ecoるボトル ラク持ち」を導入。特に「森の水だより」用は38gを実現した。さらに、2009年5月発売のミネラルウォーター「い・ろ・は・す」では、500mlペットボトルでは国内最軽量(当時)となる12gを実現した「ecoるボトル しぼる」を新たに開発した。

競争の激しい飲料業界だけに、短命で消えていった製品や、発売時は非常に人気があっても、その後終了してしまった製品も数多い。「メロー・イエロー (Mello Yello)」、「メロー・レッド」、「ハイシー (HI-C)」(オレンジ、アップル等の果汁飲料)、「HI-Cサンフィル」(HI-Cをより口当たりよくした製品でオレンジ、グレープ等)、「モネ」(はちみつレモン、はちみつ梅)、「タブクリア」など。発売範囲縮小となった商品もあり、「HI-C」シリーズは紙コップの自販機・飲食店向け200ml瓶のみ販売継続している。

「チェリー・コーク」などは、アメリカでの新発売を受け、日本でも1985年に製造・販売が開始されたが、日本人には受け容れ難い味であることが分かり、すぐに製造中止になった。本国では製造が続いている。2006年には500mlボトル缶で再発売された。

コカ・コーラC2は「世界にさきがけて日本で新発売」という触れ込みで、発売前より大掛かりなプロモーションが実施されたものの、通常のコカ・コーラとダイエット・コカ・コーラの中間というセグメントが受け入れられなかったためかこれも短命に終わってしまった(ただし、そのコンセプトは現在のコカ・コーラ ゼロに受け継がれている)。

お茶とコーヒー

同社のお茶商品の歴史を振り返ると、1980年代半ばに産声を上げた「ジョージア烏龍茶」(190g缶)が第一歩である。その後、紅茶飲料にもマーケットを広げ、ジョージア名から「神葉(シンバ)」と言うブランド名に変更し、「茶流彩彩」へと続き、そこから、「日本のコンビニで取り扱っていない店がない」とまで言われるヒット商品「爽健美茶」が生まれた。コカ・コーラで若年層、ジョージアでサラリーマン層を取り込んだが、爽健美茶で最後の女性層や中・高年層を取り込んだ。

コーヒーについても、ジョージアは古くからのブランドだが、テイスト自体は1980年代後半までは、非常に甘い“コーヒー飲料”で現在も販売されている250mlのオリジナル缶と、当時は斬新であった190ml缶の「ブレンドコーヒー」のたった2種類と非常にシンプルであった。その後、様々なニーズに対応したテイストが発売されては販売終了を繰り返している。

2007年に入り、成熟しきった感の否めない状況となりつつある缶コーヒーとは対照的に、右肩上がりにあるチルドコーヒー部門にパティシオーレ(PATISSIOLLE)という新商品で参入した(製造はトモヱ乳業。また、森永乳業(カフェラッテ)、サントリー(スターバックス ディスカバリーズ)、伊藤園(タリーズ)等のライバルメーカーも相次いでチルドコーヒーのカテゴリーに参入)。 2008年には、新たにジョージアブランドのチルドカップコーヒー「贅沢チルドカフェラテ」が関東エリアのコンビニエンスストアで導入されたが、いずれも短命に終わっている。 2010年より、近畿エリアの一部地域限定で、自販機用チルドカップ製品「オロオロ」を販売。乳飲料規格でのコーヒー・紅茶・ココア・抹茶ラテや、果汁飲料など、飲料のジャンルをまたいだ製品展開を行なっている。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2014/2/4現在



コカ・コーラ ギフト券の買取の注意事項

■コカ・コーラ ギフト券の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のコカ・コーラ ギフト券をお売りいただける場合はコカ・コーラ ギフト券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■コカ・コーラ ギフト券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はコカ・コーラ ギフト券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のコカ・コーラ ギフト券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ