ベルリン展入館券を高価買取します。

ベルリン展入館券 金券買取表

金券 - 美術館 買取価格
ベルリン展入館券
ベルリン展 入館券 詳細はこちら
ベルリン展入館券
ベルリン展入館券買取表

(2012年5月24日現在のデザイン)



ヨハネス・フェルメール

ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer, 1632年 - 1675年)は、17世紀にオランダで活躍した画家。誕生日、死亡日ともに不明。本名をヤン・ファン・デル・メール・ファン・デルフト(Jan van der Meer van Delft)という。後ろのファン・デルフトは「デルフトの」という意味で、彼が同名のアムステルダム在住の他人と間違えられないように付け加えたものである。父親の名前は、レイニエル・ヤンスゾーン・フォスといい、元々の姓はファン・デル・メールではなく、フォス(Vos)、英語ならFox、つまり狐を意味するものだった。父親はなぜそれをファン・デル・メールとしたのか、さらにその息子がそれを短縮してなぜ「フェルメール」としたのか、分かっていない。レンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家とされる。生涯のほとんどを故郷デルフトで過ごした。

最も初期の作品の一つ『マリアとマルタの家のキリスト』(1654-1655頃)に見られるように、彼は初め物語画家として出発したが、やがて1656年の年記のある『取り持ち女』の頃から風俗画家へと転向していく。静謐で写実的な迫真性のある画面は、綿密な空間構成と巧みな光と質感の表現に支えられている。

現存する作品点数は、研究者によって異同はあるものの33~36点と少ない。このほか記録にのみ残っている作品が少なくとも10点はあるが、記録に残っていない作品を勘案しても22年の画歴に比してやはり寡作というべきだろう。


絵画技法

人物など作品の中心をなす部分は精密に書き込まれた濃厚な描写になっているのに対し、周辺の事物はあっさりとした描写になっており、生々しい筆のタッチを見ることができる。この対比によって、見る者の視点を主題に集中させ、画面に緊張感を与えている。『レースを編む女』の糸屑の固まり、『ヴァージナルの前に立つ女』の床の模様などが典型的な例として挙げられる。

フェルメールは、描画の参考とするため「カメラオブスキュラ」という一種のピンホールカメラを用いていたという説がある。

彼の用いた遠近法については、NHK制作のドキュメンタリー「フェルメール盗難事件」にて別の研究成果が紹介されていた。まず、絵の一部に消失点となる点を決め、そこに小さな鋲のようなものを打つ。次に、その鋲にひもを結びつけてひっぱる。このとき、このひもにチョークを塗り、大工道具の墨壺のような原理で直線を引く。この線と実際の絵を比較すると、窓やテーブルの角のラインが一致している。フェルメールの17の作品において鋲を打っていたと思われる場所に小さな穴があいていることからもこの手法がとられていた可能性は高い。

少女の髪や耳飾りが窓から差し込む光を反射して輝くところを明るい絵具の点で表現している。この技法はポワンティエ(pointillé)と呼ばれ、フェルメールの作品における特徴の1つに挙げられる。

また、フェルメールの絵に見られる鮮やかな青は、フェルメール・ブルーとも呼ばれる。この青は、天然ウルトラマリンという顔料に由来している。


主な作品
  • ・「マリアとマルタの家のキリスト」(1654-1655頃) - スコットランド国立美術館、エディンバラ
  • ・「取り持ち女」(1656) - アルテ・マイスター絵画館、ドレスデン
  • ・「牛乳を注ぐ女」(1658-1660頃) - アムステルダム国立美術館、アムステルダム
  • ・「紳士とワインを飲む女」(1658頃) - ベルリン美術館、ベルリン
  • ・「兵士と笑う女」(1658頃) - フリック・コレクション、ニューヨーク
  • ・「小路」(1658頃) - アムステルダム国立美術館
  • ・「窓辺で手紙を読む若い女」-(1659頃)-アルテ・マイスター絵画館
  • ・「デルフト眺望」(1660-1661頃) - マウリッツハイス美術館、ハーグ
  • ・「二人の紳士と女」(1660頃) - アントン・ウルリッヒ美術館
  • ・「音楽の稽古」(1662-1665頃) - 王室コレクション、バッキンガム宮殿
  • ・「リュートを調弦する女」(1663-1665頃) - メトロポリタン美術館、ニューヨーク
  • ・「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」(1665年頃) - マウリッツハイス美術館、ハーグ
  • ・「手紙を書く女」(1665-1666頃) - ナショナル・ギャラリー、ワシントンDC
  • ・「絵画芸術」(1666-1667頃) - 美術史美術館、ウィーン
  • ・「女と召使」(1667頃) - フリック・コレクション、ニューヨーク
  • ・「地理学者」(1669頃) - シュテーデル美術館、フランクフルト
  • ・「レースを編む女」(1669-1670頃) - ルーブル美術館、パリ
  • ・「手紙を書く女と召使」(1670) - アイルランド国立美術館
  • ・「ヴァージナルの前に立つ女」(1673-1675頃) - ナショナルギャラリー、ロンドン
  • ・「ヴァージナルの前に座る女」(1673-1675頃) - ナショナル・ギャラリー、ロンドン

「忘れられた画家」と再発見

聖ルカ組合の理事に選出されていたことからも明らかなように、生前は画家として高い評価を得ていた。死後20年以上たった1696年の競売でも彼の作品は高値が付けられている。しかしながら、18世紀に入った途端、フェルメールの名は急速に忘れられていった。この理由として、あまりに寡作だったこと、それらが個人コレクションだったため公開されていなかったこと、芸術アカデミーの影響でその画風や主だった主題が軽視されていたことが挙げられる。しかし18世紀においても「全く」忘れられていたわけではなく、ジョシュア・レノルズなどはオランダを旅した際の報告において、彼について言及している。

19世紀のフランスにおいて、ついに再び脚光を浴びることとなる。それまでのフランス画壇においては、絵画は理想的に描くもの、非日常的なものという考えが支配的であったが、それらの考えに反旗を翻し、民衆の日常生活を理想化せずに描くギュスターヴ・クールベやジャン=フランソワ・ミレーが現れたのである。この新しい絵画の潮流が後の印象派誕生へつながることとなった。このような時代背景の中で、写実主義を基本とした17世紀オランダ絵画が人気を獲得し、フェルメールが再び高い評価と人気を勝ち得ることとなったのである。

1866年にフランス人研究家トレ・ビュルガーが美術雑誌「ガゼット・デ・ボザール」に著した論文が、フェルメールに関する初の本格的なモノグラフである。当時フェルメールに関する文献資料は少なく、トレ・ビュルガーは自らをフェルメールの「発見者」として位置付けた。しかし、実際にはフェルメールの評価は生前から高く、完全に「忘れられた画家」だったわけではない。トレは研究者であっただけでなくコレクターで画商であったため、フェルメール「再発見」のシナリオによって利益を得ようとしたのではないかという研究者もいる。

その後、マルセル・プルーストやポール・クローデルといった文学者などから高い評価を得た。

フェルメールのモチーフはこれまで検討されていないが、当時出島からオランダにもたらされ、評判を呼んだ日本の着物と見える衣裳の人物像が5点ほど見える。オランダ絵画の黄金時代を花開かせた商人の経済力には、当時、世界的に注目を受けていた石見銀山で産出した銀が、出島からオランダにもたらされ莫大な利益を生んでいたことも関係している。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/5/24現在

らくちん!!検索方法

美術館入館券の買取の注意事項

■美術館入館券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および美術館入館券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■美術館入館券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのある各金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は美術館入館券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の美術館入館券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ