年賀ハガキ(旧デザインはがき)を高価買取します。

年賀ハガキ(旧デザインはがき) 金券買取表

金券-ハガキ(はがき) 買取価格
年賀ハガキ(旧デザインはがき)
旧年賀状 (額面50円)
※100枚完封・200枚完封
※完封状態に限ります。
詳細はこちら
年賀ハガキ(旧デザインはがき)
年賀ハガキ(旧デザインはがき)買取表

デザインは一例です。



お年玉付郵便はがき

お年玉付郵便はがき(おとしだまつきゆうびんはがき)とはいわゆる年賀はがき(ねんがはがき)のことで、お年玉付郵便葉書等に関する法律に基づき郵便事業株式会社が発行する郵便はがきのひとつである。年賀状として用いるために、原則として11月1日に発売されるのが通例である[1]。あくまで『年賀状に用いるための葉書』であるが、年賀はがきを指して『年賀状』と呼ぶ誤用も散見されている。


概要

発売初年度は1949年で同年12月1日の発売であった[2]
年賀はがきを郵便ポストに投函すると年末まで郵便局(民営化後は郵便事業会社支店)に留め置かれ、元日に配達される[3]仕組みになっている。これを年賀特別郵便の取扱いという。
年賀はがきではない通常の郵便はがきや封書でも、切手部分の下に年賀と朱書きすれば同様に扱われる。逆に年賀はがきを年賀状とせず通常の郵便はがきとして扱う場合は「年賀」の表示を「×」などで消し、年賀状として扱わないよう明示しなければならない。また料額印面下部には予め消印様の文様が印刷されているため、特に申し出ない限り消印されることはない。このような事前消印のことをプリキャンセルという。ただし1月8日に差し出したものからは消印を押される。また、私製葉書で差し出された場合に、年末に処理されても日付が「元旦」で時刻表記部分が「年賀」となった消印が使用される場合がある。また2001年にプリキャンセルがあっても早めに出された場合に「新世紀記念」として特別なデザインの機械印が使用された事がある。
2007年度(2006年発売)は、約37億9980万枚が発行された。


年賀はがきの種類

付加金付きのものと、付加金が付かないものとの2種類がある。
元々は通常の郵便はがきであるので、売価は50円である。これに寄付金と図画等経費を乗せて55円で販売するもの、地方版としてある程度のカラー画像を裏面に印刷した年賀はがきが存在する。広告つきの45円のもの、光沢紙の60円のものもある。更に、郵政民営化後初となる2008年用ではカーボンオフセット[4]という地球温暖化防止はがきが加わる。2009年用では、いろどり年賀「うぐいす」・「もも」として両面に色がついたものが加わる。2011年年度用では一部の郵便局で香り付き年賀状も10枚700円で販売されている。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/5/1現在


ハガキ(はがき)のお買取の場合
現在のデザインのハガキ(はがき)、旧デザインのハガキ(はがき)、年賀ハガキ(はがき)など、両面が印刷されているものについては買取出来かねます。

年賀ハガキ(旧デザインはがき)の買取の注意事項

■年賀ハガキ(旧デザインはがき)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の年賀ハガキ(旧デザインはがき)をお売りいただける場合は年賀ハガキ(旧デザインはがき)の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■年賀ハガキ(旧デザインはがき)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■年賀ハガキ(旧デザインはがき)、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は年賀ハガキ(旧デザインはがき)を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の年賀ハガキ(旧デザインはがき)を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ