年賀状(年賀はがき)を高価買取します。

年賀状(年賀はがき)買取表 タイトル画像

金券 - 年賀状(年賀はがき) 買取価格
年賀状(年賀はがき)
年賀状(年賀はがき) インクジェット・無地
詳細はこちら
年賀状(年賀はがき) インクジェット 200枚完封 詳細はこちら
年賀状(年賀はがき) インクジェット 4,000枚完箱 詳細はこちら
年賀状(年賀はがき) 無地 200枚完封 詳細はこちら
年賀状(年賀はがき) 無地 4,000枚完箱 詳細はこちら
年賀状(年賀はがき) ディズニー 200枚枚完封 詳細はこちら
年賀状(年賀はがき) ディズニー 4,000枚完箱 詳細はこちら
年賀状(年賀はがき) いろどり 100枚枚完封 詳細はこちら
年賀状(年賀はがき)
年賀状(年賀はがき) サンプル画像

(2013年10月15日現在のデザイン)



概要

通常は年末に投函されたものを元日に郵便局から各戸ごとにまとめて一度に配達する。日本郵便からはこの事前作業を確実に行えるよう、12月25日頃までに投函するようにアナウンスされている。しかし、パソコンや家庭用プリンターの普及などから投函のピークは遅くなり、2005年が前年12月25日、2006年に至っては前年12月30日が投函のピークと報じられた。また一方では、携帯電話の普及によって年賀状を出さずにメールで済ませる人も多くなってきている。

通常使用される「はがき」と異なり、年賀状用の「年賀はがき」が毎年11月ごろから発売されるため、これを用いることが多い。よく用いられる図柄は新年の干支(十二支)、宝船や七福神などの縁起物、フキノトウや梅の花など早春を象徴するものである。 日本郵便においては、年賀状は「年賀特別郵便物」という一種の特殊取扱として扱われている。その取扱期間は2006年の場合12月15日から12月28日であり、その期間に年賀と朱記した郵便物についてあらかじめ区分したうえであて先を管轄する配達局に送付し同局で1月1日まで留め置かれるサービスである。それ以降も便宜的に受け付けてはいるが年賀特別郵便物の要件、すなわち取扱期間内での差出しを満たしていないため1月1日に配達される保証はなく、あくまでも日本郵便側のサービスによっている。この点の周知徹底の不十分さが、近年の年賀状遅配の一因ともいえる。

年賀はがきや印面下部に年賀と朱記したはがきなどのステーショナリーを、郵便ポストに設置された専用投入口に投函した場合は消印は省略される。この投入口が設けられる期間は、12月15日から翌年1月7日である。年賀特別郵便物取扱期間中に差出された、切手貼りの年賀状と差出人から特に依頼のあった場合は翌年1月1日付けの年賀印という消印が押印される。それ以降に差し出された場合は、同様の郵便物であっても当日付けの消印が押印される。


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2012/12/28現在


ハガキ(はがき)のお買取の場合
現在のデザインのハガキ(はがき)、旧デザインのハガキ(はがき)、年賀ハガキ(はがき)など、両面印刷されているものについては買取出来かねます。

年賀状(年賀はがき)の買取の注意事項

■年賀状(年賀はがき)の買取価格は弊社保有在庫枚数によって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の年賀状(年賀はがき)をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は年賀状(年賀はがき)の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■年賀状(年賀はがき)の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■期限切れのチケット、使用済みのチケットや、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取は年賀状(年賀はがき)を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の年賀状(年賀はがき)を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ