市原ぞうの国 入園券を高価買取します。

市原ぞうの国 入園券 金券買取表

金券 - レジャー 買取価格
市原ぞうの国 入園券
市原ぞうの国 入園券
詳細はこちら
市原ぞうの国 入園券
市原ぞうの国 入園券

(2013年8月2日現在のデザイン)



市原ぞうの国

市原ぞうの国(いちはらぞうのくに)は、千葉県市原市山小川937番地にある動物園。


施設

山小川ファーム動物クラブ、㈲湘南動物プロダクションを前身に、1989年(平成元年)市原ぞうの国開園。総面積約3.5ヘクタール。

日本動物園水族館協会加盟園館。

市原ぞうの国の園長は元ファッションモデルの坂本小百合(勝浦ぞうの楽園園長を兼務)。

ゾウ(主にアジアゾウ)を多数飼育しているため「ぞうの国」という名称を用いている。

動物と身近に接する展示を特徴としており、市原ぞうの国では希少動物を直接触れる貴重な体験ができる[1]。これらを含め、150種類、約500頭羽の動物を飼育している。


沿革
  • 1989年4月28日 - 「湘南動物プロダクション」を母体として「山小川ファーム動物クラブ」開園。
  • 1996年 - 「市原ぞうの国」に改称。
  • 2005年 - 千葉県勝浦市に「勝浦ぞうの楽園」を開設。
  • 2011年7月30日 - ペンション「Sayuri World」をオープン。[2]

展示

ゾウ

2013年4月現在、市原ぞうの国では、アジアゾウ8頭、アフリカゾウ1頭、合計9頭のゾウが飼育されており、その数は国内最多である。過去、月岡動物園(1991年閉園)、甲子園阪神パーク(2003年閉園)、南紀白浜ワールドサファリ(現:アドベンチャーワールド)など、他の動物園やサーカスからもゾウを引き取っている。

市原ぞうの国では、ゾウによるショー「ぞうさんショー」をはじめ、実際にゾウの背中に乗る事ができる「ぞうさんライド」(エレファントライド)、ゾウの鼻にぶら下がる事のできる「ぞうさんリフト」が名物となっている。なお、ぞうさんショーにてゾウを操るゾウ使いは、全員タイ人である。

市原ぞうの国に設けられている「象のものしり館」では、日本国内におけるゾウの飼育状況や生態を紹介しており、ゾウに関する知識の普及活動を積極的に行っている。

ゆめ花

2007年5月3日、深夜1時45分、日本国内2例目(当園では初)となるアジアゾウのメスの赤ちゃんが誕生した[3]。

出産については、タイからゾウ専門獣医の協力を得て行われた。これにより、人工飼育下では、多くの場合、母ゾウが子育てを放棄してしまう中、日本のアジアゾウでは初めて母乳による自然保育(母ゾウによる子育て)に成功した。この取り組みが評価され、2008年5月、日本動物園水族館協会より繁殖賞を受賞した。

誕生した赤ちゃんゾウは「夢が花開く」という意味をこめて「ゆめ花(か)」と名付けられた。

誕生時の「ゆめ花」は体重110kg、体高約94cm、胸囲約114cm、腹まわり約94cm、腰まわり約137cm、鼻先~頭約80cmであった。その後、大きな病気やけがをすることなく順調に成長し、生後4年で体重が1,460kgとなった。

「ゆめ花」はショーでかわいい仕草だけでなく、2歳で始めた絵や習字、フラフープ回しなどでまれな才能を発揮し、同園のアイドル的存在となっている[4][5]。メスだとわかるように耳にリボンを着用している。

「ゆめ花」はメディアがしばしば取材に訪れている。[6][7][8][9]

チンパンジー

市原ぞうの国の人気チンパンジー「スマイル」は、2002年11月、宮崎市フェニックス自然動物園生まれのオス。親の育児放棄から市原ぞうの国に引越し、人工保育で育つ。フジテレビ番組「CHIMPAN NEWS CHANNEL」に「ゴメス・チェンバリン」という役名で出演し、人気を得た。TV雑誌の表紙を飾るほどであった[10]。

番組終了でTV出演できなくなった「スマイル」は、テレビスタッフと会えなくなって寂しがっている[11]と主張している。

詳細は「CHIMPAN NEWS CHANNEL」を参照

また、2007年2月にスマイルは市原市の観光大使に任命されたが、動物愛護団体からの批判を受け、わずか1ヶ月余りで終了。市原市は「特別なことをしてもらうつもりはなかったのに」とコメントした[12]。

飼育動物の一覧

上記以外にも市原ぞうの国では、以下の動物を飼育している。

  • グラントシマウマ
  • カバ
  • ニホンジカ
  • ラマ
  • フタコブラクダ
  • オオカンガルー
  • ゴマフアザラシ
  • ニホンザル
  • ライオン
  • ベンガルトラ
  • ジャガー
  • ニホンツキノワグマ
  • レッサーパンダ
  • アライグマ
  • マレーヤマアラシ
  • アメリカビーバー
  • マーラ
  • カピバラ
  • ダチョウ
  • エミュー
  • ケープペンギン
  • モモイロペリカン
  • チリーフラミンゴ
  • インドクジャク
  • キュウカンチョウ
  • ヨウム
  • オジロワシ
  • アンデスコンドル
  • グリーンイグアナ
  • ケヅメリクガメ
  • アミメニシキヘビ
  • ヨウスコウワニ


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/8/2現在 Copyleft(c)



市原ぞうの国 入園券の買取の注意事項

■市原ぞうの国 入園券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および市原ぞうの国 入園券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■市原ぞうの国 入園券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は市原ぞうの国 入園券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の市原ぞうの国 入園券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ