ズーラシア 入園券を高価買取します。

ズーラシア 入園券 金券買取表

金券 - レジャー 買取価格
ズーラシア 入園券
ズーラシア 入園券
詳細はこちら
ズーラシア 入園券
ズーラシア 入園券

(2013年8月2日現在のデザイン)



よこはま動物園ズーラシア

よこはま動物園ズーラシア(よこはまどうぶつえん ズーラシア)は、神奈川県横浜市旭区にある動物園。正式名称は、横浜市立よこはま動物園[1]。ズーラシア (Zoorasia) という名称は、動物園 (Zoo) とユーラシア (Eurasia) を合わせた造語で、ユーラシア大陸の様に広いという意味である。1996年に市民公募で選ばれた。


概要

ズーラシアは、1999年4月24日、横浜動物の森公園内に開園。テーマは「生命の共生・自然との調和」で、開園当時最新の展示方法である生態展示に関しては、日本でトップの動物園を目指して建設された(横浜市の説明等に書かれている展示方法は「生息環境展示」)。2003年には、アフリカの熱帯雨林ゾーンの一部がオープンし、2004年には多目的休憩施設「ころこロッジ」、2006年には自然体験林「わんぱくの森」、2007年には「アカカワイノシシ舎」と「ぱかぱか広場」がオープンした。2009年に「チンパンジーの森」がオープン[2]、「アフリカの熱帯雨林」ゾーンがほぼ完成し、現在もズーラシアは増園が行われている。

元々は野毛山動物園の動物のほとんどをズーラシアへ移動する予定であったが横浜市民の要望で野毛山動物園は存続が決まった。野毛山の狭さを解消するために広い敷地を確保した結果(1980年代には既に用地買収が済んでいた)、少々アクセスしづらい立地にオープンする事になってしまったという経緯がある。



  • 開園時間:9時30分 - 16時30分
入園門は、16時00分を過ぎると閉鎖される。

11-2月の間は、16時00分を過ぎると動物の観覧は一部を除いて出来なくなる。

  • 休園日:火曜日(祝日、春、盆、秋などの臨時開園日をのぞく)、12月29日 - 1月1日
  • 入園料:大人(18歳以上)600円
中人(高校生)300円
小人(小・中学生)200円
小学生未満 無料
(毎週土曜日は、中人以下は無料)
年間12回(横浜市動物園友の会)あり。
ベビーカーや双眼鏡などの有料貸出あり

特徴

ズーラシアは、動物を世界の気候帯・地域別の7つのゾーンに分け、動物が実際に暮らす地域を再現していることである。このため、その地域特有の植物や形態の似た植物も植えられており、動物の生息地の雰囲気を体感できる。園内の地形も起伏に富んでいる。

ズーラシアは、動物と来園客とを区切っている柵はなく、モートと呼ばれる溝が掘ってある。(鳥類や一部の動物は檻に入っている。)モートの深さや幅は、動物の身体能力を考慮して作られているので、動物がモートを飛び越えてくる心配は無い。ユーラシアカワウソ・フンボルトペンギン・ミナミアフリカオットセイ・ホッキョクグマは、地上と水中の両方の様子を見られる。

ズーラシアの展示動物は約70種400点で、世界三大珍獣の一つであるオカピを、日本国内で初めて一般展示した動物園である。また2004年末に、横浜市の姉妹都市であるアメリカ合衆国、サンディエゴ市のサンディエゴ動物園からアカカワイノシシ2頭が贈られた。2005年11月2日から、日本初公開であるコンゴクジャクの展示を始めた。また、2007年10月20日から国の天然記念物であるツシマヤマネコの一般公開を始めた。更に、2009年6月7日からテングザルの一般公開を始めた。他にも世界に約300頭しかいないインドライオン、セスジキノボリカンガルー、ヤブイヌ、カンムリセイラン、モウコノロバ等、珍しい動物が展示されている。

ズーラシア内には繁殖センターがあり、絶滅寸前の動物を保護、繁殖している。保護対象動物は、カグー、マレーバク、ベアードバク、アメリカバク、カンムリシロムク、ホオアカトキである。

日本の動物園では珍しく、日本列島の動物を展示している「日本の山里」と呼ばれる展示ゾーンがある。


施設・動物一覧

動物展示ゾーン

  • アジアの熱帯雨林
    • 主な動物-ツꀀインドゾウ、カンムリシロムク、オオミカドバト、ボルネオオランウータン、マレーバク、スマトラトラ、インドライオンなど
  • 亜寒帯の森(ヒマラヤ、亜寒帯の森・草原・海をイメージ)
    • 主な動物-ツꀀレッサーパンダ、ユーラシアカワウソ、フンボルトペンギン、シロフクロウ、ミナミアフリカオットセイ、ホッキョクグマ、アムールヒョウ、ゴールデンターキンなど
  • オセアニアの草原(オーストラリアの乾燥した草原をイメージ)
    • 主な動物-ツꀀアカカンガルー、エミュー、セスジキノボリカンガルーなど
  • 中央アジアの高地(中国の山岳地帯をイメージ)
    • 主な動物-ツꀀテングザル、チベットモンキー、ドール、モウコノロバ
  • 日本の山里
    • 主な動物-ツꀀコウノトリ、マナヅル、ツシマヤマネコ、ホンドタヌキ、ニホンツキノワグマ、ニホンザルなど
  • アマゾンの密林(アマゾン川、ジャングル、山岳地帯をイメージ)
    • 主な動物-ツꀀオセロット、コモンウーリーモンキー、ヤブイヌ、メガネグマなど
  • アフリカの熱帯雨林
    • 主な動物-オカピ、アフリカタテガミヤマアラシ、ニシムラサキエボシドリ、アカカワイノシシ、チンパンジーなど
  • アフリカのサバンナ(2013年4月19日に一部公開[3])
    • 主な動物-ツꀀアビシニアコロブス、ヒトコブラクダ、ピグミーゴート、コンゴクジャク、フサホロホロチョウ、ミナミジサイチョウなど
    • バードショー
      • 主な動物-ツꀀメンフクロウ、ダルマワシ、モモアカノスリ、ラナーハヤブサなど
  • わんぱくの森
    • ぱかぱか広場
      • 主な動物-木曽馬、ポニー
    • 自然体験林
  • 横浜市繁殖センター(非公開)
    • 主な動物-ツꀀブラジルバク、ベアードバク、カグー、ホオアカトキ、スバールバルライチョウなど

レストラン

  • アクアテラス
  • カフェトリエスティーノ(2012年3月にハーゲンダッツカフェからテナントが変更された。なおズーラシアオリジナルのオカピサンデーやぞうさんカップは引き続き販売)
  • オージーヒル グリルレストラン
  • ジャングルカフェ

売店

  • アクアテラス(園外)
  • オージーヒル(園内)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/8/2現在 Copyleft(c)



ズーラシア 入園券の買取の注意事項

■ズーラシア 入園券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびズーラシア 入園券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ズーラシア 入園券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れの金券、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取はズーラシア 入園券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のズーラシア 入園券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ