よみうりランド 入場券を高価買取します。

よみうりランド 入場券 買取表

金券 - レジャー 買取価格
よみうりランド 入場券
よみうりランド 入場券 詳細はこちら
よみうりランド 株主ご招待券綴
※切り離しは買取不可
(有効期限:7月1日~のもの)
詳細はこちら
よみうりランド 入場券
よみうりランド 入場券

よみうりランド 株主ご招待券綴
よみうりランド 株主ご招待券綴

(2013年7月18日現在のデザイン)



よみうりランド

よみうりランドは、東京都稲城市と神奈川県川崎市多摩区にまたがる場所にある遊園地。運営は株式会社よみうりランド。


遊園地の概要

1964年に開園。多摩丘陵南部にある郊外型の遊園地で、園内にはローラーコースター、観覧車などの遊戯施設、野外劇場などの施設がある。近年は、スーパー銭湯や老人向け介護サービス施設、医療機関などが敷地内に開設されている。かつては、日本唯一の常設の「水中バレエ劇場」や園内を一周するモノレール「よみうりランドモノレール」があった。

所在地は、株式会社よみうりランド本社事務所のある東京都稲城市と表記されているが、敷地の大部分は神奈川県川崎市多摩区に属し、電話番号も川崎MAの044となっている。また、神奈川県側の敷地内にある読売ジャイアンツ室内練習場の一部は稲城市の飛地になっている。



入園料
  • 大人:1200円(60歳以上は半額)
  • 子供: 600円
1日乗り放題の「ワンデーパス」、各種乗り物券あり。

遊園地の施設

園内の施設

主な遊戯施設
  • バンデット(ローラーコースター)
最高時速110kmは、1988年当時で世界最速。地形を利用したコースにより、後半でも大きな落下が用意されている。最高点と最下点の高低差は78m。トーゴ製。
  • ループコースター MOMOnGA(座り乗り、立ち乗り)
開業した1979年当時は日本初のループコースターとして登場した。1982年には立ち乗り型の車両が登場し、世界初のスタンディングコースターとなった。名称も当初は「ループコースター」、立ち乗り登場時は「ループ&スタンディングコースター」で、2002年にレールのカラーリングを変更して現在の名称となった。
  • クレージーヒューストン(タワー型垂直上昇&落下マシン)
正確には「クレージーヒュー」と「クレージーストン」に分けられる。クレージーヒューは、4Gの力で地上約60mまで打ち上げられ、クレージーストンはゆっくり上昇し、地上約60mから-2Gの力で強制落下する。垂直上昇と垂直落下のマシンが揃うのはここだけである。
  • バンジージャンプ(ワンデーパス使用不可)
都内で唯一のバンジージャンプ施設。料金は900円
バヌアツ共和国の成人の儀式「ナゴール」がバンジージャンプの起源である事に因み、毎年成人の日に新成人は誕生日が記載された証明書を見せれば、料金が1回無料になるイベントが行われている。
2008年より、日本初となるビデオ撮影サービスが開始された。
  • ジャイアントスカイリバー
地上25mの高さから、4人乗りのビニール製円形ゴムボートに乗り、水路を下るウォータースライダーアトラクション。
  • ルーピングスターシップ
  • レーザーアスレチック ~ファラオの罠~
  • アニマルレスキュー
  • 大観覧車
天気の良い日は新宿副都心・みなとみらいまで見えることがある。
  • ゴーカート
2人乗りのファミリーコース(全長600m)、1人乗りのハイウェイロングコース(全長1000m)がある。
  • アニマルコースター
  • アシカショー
  • ヒーロートレーニングセンター ミッション8
  • スイーツカップ

その他の施設

  • WAI(Water Amusement Island)
    • 流れるプール
    • 波のプール
    • ダイビングプール
    • スイミングプール
    • それいけ!アンパンマンプール
    • キャンペーンガール
  • 聖地公園
釈迦如来堂・時の塔・聖門・妙見菩薩像(重要文化財)・昭和天皇御製・大正天皇御料車。
  • 太陽の広場
キャラクタショー、アマチュア道場などが開かれる。
  • ふれあい芝広場
  • ファミリー広場
2013年5月6日を以って閉鎖予定。

営業を終了した施設

  • 読売ゴルフパブリックアウトコース
1961年11月1日 - 1964年5月1日。インコースは後の『よみうりゴルフ倶楽部』
  • 読売スキーセンター
1963年8月5日 - 1972年3月5日。グラススキーが楽しめる人工スキー場・人工シャンツェ(ジャンプ台)があり、純ジャンプのナショナルチームの練習にも使用された。なお、ジャンプ台へ登るためのタワーは現在も健在であるが、立ち入る事は出来ない。
  • 谷間の野外音楽堂
1963年8月5日 - 1970年頃。読売日本交響楽団の練習所に隣接されていた、現在のオープンシアターEASTとは異なる。
  • 水中バレエ劇場
1964年10月5日 - 1997年12月1日。開業当時の名称は『龍宮城』。
  • よみうりランドアイススケート場
1966年12月25日 - 1999年頃。当時は400Mのトラック状のリンクもあった。
  • よみうりランドモノレール
1964年1月1日 - 1978年11月30日。8月28日から遊園地(ランドホテル)→大駐車場→サッカー場→スカイロード→遊園地の周回コースで環状軌道。当時では世界最長のモノレール・日立アルヴェーグ式。
  • 海水水族館マリンドーム
1964年3月19日 - 2000年11月5日。海水は鎌倉市の稲村ヶ崎海岸からトラック輸送された。
  • ラッコ・マナティ館
  • よみうりボウル
  • よみうりテニスガーデン
  • サーキットギャング
1963年3月20日 - 2003年3月31日。全長2300mのゴーカート。モノレールの営業終了後、土台をゴーカートのコースとして再利用されたもの。
  • よみうりランド会館
1964年10月5日 - 2004年8月31日。開業当時の名称は『学生ホテル』。
  • ホワイトキャニオン
1994年4月9日 - 2013年1月14日。ボルトとレール以外は全て木で造られた、東日本初の木製コースター。狭い木組みの中を通る場所が多く、世界最大の横Gが特徴。
  • SLコースター
1966年4月9日 - 2011年5月8日。開業当時の名称は『ジェットシューター』、池の水面ギリギリを走るコースターとして人気があった。
  • スリラーカー
1965年9月1日 - 1970年頃。
  • ロープウェイ
1966年4月1日 - 1975年頃。聖地公園内の展望台から池を渡り、水中バレエ劇場近くを結んでいた。現在の『スカイシャトル』とは異なる。
  • 極楽園
1966年12月25日 - 1974年頃。池に船を浮かべていたもの、『バンデット』建設に伴い閉鎖。
  • ロックンローラー
  • お化け屋敷
2009年9月に営業終了したが建物はそのまま残され、現在は期間限定イベントのお化け屋敷として利用されている。
  • ミステリー・ザ・ワールド
  • ローラースケート場
1964年3月19日 - 1984年5月6日。跡地には、後に読売巨人軍の室内練習場が建設された。
  • よみうりランドホテル(本館・別館)
1964年7月1日 - 1999年頃。開業当時の名称は『読売観光ホテル』、1974年に昭和天皇・皇后両陛下が来演し、休憩した部屋が貴賓室とされていた。
  • 読売フィッシングセンター
1962年9月24日 - 1964年3月18日。いわゆる釣り堀、後に規模を縮小して『ひょうたん池』として営業を存続するも1968年8月9日営業終了。
  • パラシュートタワー(よみうりランドで最初の乗り物)
  • ふれあいの里・ワンニャン村
  • スカイロード
1971年4月1日 - 1999年頃。長大な動く歩道で、京王よみうりランド駅前から読売ジャイアンツ球場あたりまでを結んでいた。有料。鉄道アクセスを担っていたが『スカイシャトル』への世代交代に伴い廃止。
  • オープンシアターEAST(よみうりランドEAST)
客席数は固定席4,182(アリーナに最大412席の仮設席設置可能)、芝生席約4,000名が収容可能。
約10,000人の収容が可能な、日本最大級の常設野外ステージ。
1990年前後までは広くコンサート等に利用されてきたが、以降は昼間のイベント(アイドル握手会・子供向けショーなど)がメインとなった。
周辺の宅地開発が進んだこと、山の頂上部を切り開いた立地条件の関係で音漏れを止められないため、地域住民とよみうりランドとの協定で~9:00、20:00~の音出し(搬入・搬出含む)が規制されている。
2013年5月6日を以って閉鎖。

ナイター営業「よるランド」

よみうりランド開業60周年を記念し、開業以来初となるナイター営業「よるランド」を、2009年12月5日 - 1月11日の金-日・祝、12月23日 - 1月3日までの24日間にわたり開催した。 各日16時よりナイター営業チケットが販売され、アトラクション乗り放題と入園料込で一律1000円。20時まで開園していた。 園内には数々のイルミネーション、降雪・流れ星の演出、人気コースター「バンデット」のナイター営業特別バージョン「スターライトバンデット」の運行を行なった。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/7/18現在



よみうりランド 入場券の買取の注意事項

■よみうりランド 入場券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数およびよみうりランド 入場券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■よみうりランド 入場券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■アクセスチケット店頭買取はよみうりランド 入場券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載のよみうりランド 入場券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ