東京ジョイポリス パスポートを高価買取します。

東京ジョイポリス パスポート 金券買取表

金券 - レジャー 買取価格
東京ジョイポリス パスポート
東京ジョイポリス パスポート
(有効期限30日以上)
詳細はこちら
東京ジョイポリス パスポート
東京ジョイポリス パスポート

(2013年7月18日現在のデザイン)



ジョイポリス

ジョイポリスは、株式会社セガが運営するテーマパークでお台場、梅田、岡山の3箇所にある。以前は横浜・新山下や新宿タカシマヤタイムズスクエア、福岡・キャナルシティ博多、京都駅ビル、新潟・万代シテイなどにもあったが、撤退した。


各施設の概要

東京ジョイポリス

所在地:東京都港区台場1-6-1 「デックス東京ビーチ」 3F~5F(面積:9600m²)

営業時間:10:00~23:00(最終入場 22:15) 注:コスプレイベントによる深夜営業の場合あり

  • 1996年7月12日:オープン[1]。
  • 2000年12月:全館リニューアルオープン。総工費約7億円
  • 2001年10月23日:ナムコの運営するナムコ・ナンジャタウンと"遊好姉妹都市"を締結。
  • 2003年11月7日:累積入場者数1000万人突破。
  • 2005年4月18日:30歳の男性がスカイダイビングの疑似体験が出来るシミュレーション型のフリーフォールアトラクション「ビバ!スカイダイビング」から転落し死亡する事故が発生。翌日より営業を停止。詳しくは東京ジョイポリス転落事故参照。
  • 2005年8月10日:「ビバ!スカイダイビング」の運営を終了し、当アトラクションを撤去した上で営業を再開。
  • 2008年:CMキャラクターとして鼠先輩を起用(2008年7月~2009年12月)。
  • 2009年:CMキャラクターとしてはんにゃを起用(2009年7月~12月)。
  • 2010年:CMキャラクターとして小森純を起用(2010年7月~2011年6月)。
  • 2011年:CMキャラクターとしてももいろクローバーZを起用(2011年7月~2012年1月)。
  • 2012年1月10日:全館リニューアルの為、7月13日までの約半年間、営業を停止する。2度目の大規模リニューアルとなる。休館中、1月21日~5月15日まで、デックス東京ビーチ3階アイランドモールに一部アトラクションやゲームコーナーなどを移設し「ジョイポリス ナノ」がオープンしていた。
  • 2012年7月14日:「デジタリアル」をテーマに2度目の全館リニューアルオープン。CMキャラクターにNYCを起用。
  • 2013年4月14日:エントランスに設置されていた園内アトラクション「スペースインタラクション(Space INTERACTION)」の体験版筐体に設置されていた重さ約7Kgのカメラが4歳男児に落下し、指3本を骨折する事故が発生した(→セガ#不祥事・事故)。

梅田ジョイポリス

所在地:大阪府大阪市北区角田町5-15「HEP FIVE」8F・9F(面積:3485m²)

  • 1998年11月28日:オープン

岡山ジョイポリス

所在地:岡山県岡山市北区下石井2-10-1 ジョイフルタウン岡山 イトーヨーカ堂岡山店に併設

  • 1998年7月:オープン
  • 2008年頃にアトラクションは全て撤去され、アーケードゲーム機のみとなる。同時に、ボウリング、カラオケも地元同業のサンフラワーに営業譲渡された。



過去の施設の概要

新宿ジョイポリス

所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア10・11階

  • 1996年10月4日:タカシマヤタイムズスクエアのオープンに伴い開業。
  • 2000年8月31日:業績不振の為閉鎖。

詳細は「新宿ジョイポリス」を参照

横浜ジョイポリス

所在地:神奈川県横浜市中区新山下1丁目14番地18号並びに24号

  • 1994年7月:開業。
  • 2001年2月28日:業績不振の為閉鎖。

詳細は「横浜ジョイポリス」を参照

新潟ジョイポリス

所在地:新潟県新潟市八千代2-5-7(現中央区) 万代シテイ内

  • 1995年12月:開業。
  • 1998年4月18日:カナダのインターナショナル・レジャーシステムズ(ILS)系の法人「マジックシティ」に運営を委託し「マジックシティ@新潟ジョイポリス」に改称。
  • 2000年:業績不振の為閉鎖。

詳細は「ビルボードプレイス」を参照

京都ジョイポリス

所在地:京都府京都市下京区東塩小路高倉町8番地3 京都駅ビル10階

  • 1998年9月11日:開業。
  • 2002年8月22日:業績不振の為閉鎖。

福岡ジョイポリス

所在地:福岡県福岡市博多区住吉1丁目2 キャナルシティ博多内

  • 1996年4月20日:「キャナルシティ博多」のオープンに伴い開業。
  • 2001年9月24日:規模縮小のため閉鎖され、同年12月15日にナムコプロデュースの「ラーメンスタジアム」がオープン。一部は「クラブセガ博多」としてゲームセンターとなったが、現在では「タイトーステーション」となる。

詳細は「福岡ジョイポリス」を参照


セガソニック&テイルス

セガのイメージキャラクターであるソニック・ザ・ヘッジホッグや、周辺キャラクター、その他セガのゲームキャラクターグッズをメインに据えたショップ。以前は積極的なキャラクター展開をしていたが、新宿店閉鎖の頃から次第に縮小され、いまでは、「ここでしか買えないオリジナルグッズ」のようなものはほとんどない。新潟店には置かれなかったようである。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/7/18現在



東京ジョイポリス パスポートの買取の注意事項

■東京ジョイポリス パスポートの各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および東京ジョイポリス パスポートの各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■東京ジョイポリス パスポートの各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は東京ジョイポリス パスポートの各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の東京ジョイポリス パスポートの各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ