東宝シネマズ映画鑑賞券を高価買取します。

東宝シネマズ映画鑑賞券 金券買取表

金券 - レジャー 買取価格
その他(有効期限30日以上) ※20枚以上は問合せ下さい。
東宝シネマズ映画鑑賞券 詳細はこちら
東宝シネマズ映画鑑賞券
東宝シネマズ映画鑑賞券買取表

(2011年9月1日現在のデザイン)

※デザインは一例です



TOHOシネマズ

TOHOシネマズ(とうほうシネマズ)は、東宝株式会社(以下、東宝)が子会社・関係会社を通じて同名称で展開・運営しているシネマコンプレックスおよび東宝洋画・東宝邦画系のチェーン映画館である。本項ではTOHOシネマズ株式会社と同社が経営に関わる映画館、および東宝グループの他社が経営するTOHOシネマズ名称の映画館について扱う。



概要

シネマコンプレックスと従来館を合わせ50サイト以上が存在する。運営主体は東宝の完全子会社であるTOHOシネマズ株式会社が担うが、東宝グループの他社が経営している劇場も存在する。

TOHOシネマズ株式会社の前身は外資系のヴァージンシネマズ・ジャパン株式会社である。日系アメリカ人の実業家・山本マーク豪が英国のヴァージン・グループから出資を受け、1997年9月12日に設立した。1999年4月23日に1号店、ヴァージンシネマズトリアス久山を福岡県にオープン。2002年末には8サイト81スクリーンを経営するまでに成長し、日本国内で第6位の映画興行会社となった。

2003年4月4日、東宝に103億円で買収され、社名、館名共にTOHOシネマズに変更された[2]。以降、親会社の東宝や他のグループ会社もTOHOシネマズブランドでのシネマコンプレックスを展開するようになる。また、東宝グループが従来から運営していたシネマコンプレックスの多くは、リニューアルの際にTOHOシネマズに改称。発券システムやポイントカードを統合した。今後も館名変更やサービスの一本化が進む予定である。

経営効率化を目的とした東宝グループの映画興行部門再編により、同社の映画興行事業を担う完全子会社に位置づけられ、2006年10月1日にはTOHOシネマズが親会社である東宝の映画興業部門を承継。次の段階として2008年3月1日付で、東宝の連結子会社である東宝東日本興行、中部東宝、東宝関西興行、九州東宝の4社をTOHOシネマズに合併統合した。なお、当初は北海道東宝も再編対象に挙がっていたが[3]、2011年1月現在、合併は行われていない。

元々はシネマコンプレックスを経営する企業であったが、再編により「TOHOシネマズ日劇」を初めとする複数の従来館も経営している。また、「天神東宝」など従来名称のままであるシネマコンプレックスも存在する。別名称の映画館とは懸賞イベント等で歩調を合わせているが、発券システムなどは異なる。2011年1月現在、日本で最も多くの映画館を経営・運営する興行会社となっている。


TOHOシネマズ ギフトカード

従来の紙のギフトチケットが新しく2010年4月1日から「プリペイドカード」に変更された。購入時に2,000円・3,000円・5,000円・10,000円とカードにチャージ(入金)が出来る。

しかし、再入金は出来ない為、有効期限が購入時から1年間となっている。また、従来のギフトチケットでは購入不可能であった売店(飲食物)・ストア(グッズやパンフレット)とインターネット販売「vit」も使えるようになった。

※ TOHOシネマズ 錦糸町(直営館でないため)、お台場シネマメディアージュ、渋東シネタワー、天神東宝を除く全国のvit、シネマイレージ対象のTOHOシネマズ直営館でのみ通用する。今後、一部劇場再編成により導入展開予定。


1ヶ月フリーパスポート

提示するだけで1か月間、映画を無料で鑑賞できるラミネート加工のパスポート。シネマイレージの交換商品だが、イベントの特賞として用意されている場合もある。使用は所持者のみに許諾され、本人確認のため顔写真が必要となる為、交換当日スタッフにその場で撮影される。発券は当日のみで一部特別上映作品やイッキミも含む企画上映には利用できないなどのいくつかの制限がある(詳細は顔写真入りフリーパスポート本体に注意事項か記載されている)が、数多くの映画が無料で観られるというだけあって人気が高く、これを目当てにTOHOシネマズに通う映画ファンも少なくない。シネマイレージカード実施のサイト間でまたがって利用できるが、六本木ヒルズでは六本木ヒルズで発行されたフリーパスのみが通用する。



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2011/8/31現在



東宝シネマズ映画鑑賞券の買取の注意事項

■東宝シネマズ映画鑑賞券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および東宝シネマズ映画鑑賞券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■東宝シネマズ映画鑑賞券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は東宝シネマズ映画鑑賞券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の東宝シネマズ映画鑑賞券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ