東武動物公園 フリーパスを高価買取します。

東武動物公園 フリーパス 金券買取表

金券 - レジャー 買取価格
東武動物公園 フリーパス
東武動物公園 フリーパス
※法人用は買取不可
詳細はこちら
東武動物公園 フリーパス
東武動物公園 フリーパス

(2013年8月2日現在のデザイン)



東武動物公園

東武動物公園(とうぶどうぶつこうえん)は、埼玉県南埼玉郡宮代町と白岡市にまたがって立地している、東武鉄道グループの東武レジャー企画株式会社が遊園地・動物園・プールを運営している総合アミューズメント施設である。


概要

東武動物公園は、開園時に上野動物園の名物飼育係でカバの飼育で名を馳せた“カバ園長”こと西山登志雄を園長に迎えて目玉とする一方、芸能人のコンサートなどのイベント会場としても運営することで、集客を図る経営をとったことで知られる。 東武動物公園は、カピバラ・リスザルなどの飼育動物のうち草食獣を積極的に走らせるなどの工夫を行い、動物園としての運営を中心としている一方で、大規模なジェットコースターなどの多数のアトラクションによる遊園地としての営業や、夏期のレジャープール運営など、総合的アミューズメント・パークとしての評価も高い。同パークでは“ハイブリッド・レジャーランド”と銘打っている。 なお東武動物公園の最寄り駅である東武鉄道・東武動物公園駅は、当時杉戸駅という名称であったが、開園に伴い直前の1981年3月16日より駅名を改称すると同時に、営団地下鉄日比谷線(現・東京メトロ日比谷線)との直通運転を同駅まで延長した(従前は北春日部まで)。なお、2003年3月19日に東京地下鉄半蔵門線・渋谷駅経由、東急田園都市線・中央林間駅まで直通運転を開始し、利便性が向上されている。東ゲートの出入口付近には、東武動物公園駅の時刻表が掲載されている。

 

園内

東武動物公園は、大きく分けると東側が遊園地、西側が動物園とプールからなる。東側と西側をつなぐ園内の交通手段としてシャトルバス(アニ丸ぶ~ぶ)と太陽の恵み鉄道~パークライン~と呼ばれる鉄道がある。東武動物公園には、かつてスカイウェイ(ロープウェイ)があったが2003年に廃止された。東武動物公園の遊園地内の鉄道というとアミューズメント施設の1つのようなイメージが強いが、太陽の恵み鉄道~パークライン~はれっきとした園内の移動手段の1つとして体を成している。

姫宮落川が公園内を横切り、笠原沼落が公園の池から流れ出る。東武動物公園内には広い池が多く、世界初の水上木製コースター「レジーナ」など池を利用した娯楽設備がある。これらの池はかつて東武動物公園周辺に存在していた笠原沼に由来するものである。東武動物公園の動物園には、兵庫県にあった宝塚ファミリーランドから来たホワイトタイガー(白毛のベンガルトラ)がいる。そして2008年10月18日に新たに2頭のホワイトタイガーがやってきたことで、ホワイトタイガーは3頭となった。


沿革
  • 1981年 3月28日 - 東武鉄道創立80周年記念事業として開園、初代園長に西山登志雄就任。東武乗馬クラブ&クレインオープン。
  • 1988年 - イースタントレイン運行開始。
  • 1989年5月2日 - マウントロッキーコースター竣工。
  • 1990年7月7日 - 東武スーパープールオープン。
  • 1994年9月4日 - 東武動物公園入園者数が2000万人突破。
  • 1997年4月24日 - G-max、レストランG'sオープン。
  • 1999年3月1日 - 堆肥化、汚水処理施設を導入。
  • 2000年3月18日 - 水上木製コースターレジーナオープン。
  • 2000年5月- 西山登志雄、名誉園長に就任。
  • 2003年11月 - マウントロッキーコースターが老朽化により営業終了。
  • 2005年3月- 西山登志雄、名誉園長を退任。
  • 2006年3月18日 - ペンギン舎リニューアルオープン。
  • 2007年5月6日 - エキスポランドの死亡事故を受け、クレイジーマウスとレジーナの営業を一時休止。
  • 2007年11月23日 日本産動物舎 ~ふる里の動物たち~ オープン
  • 2008年3月2日 - マウントロッキーコースターの後継である新コースター「カワセミ」オープン。
  • 2008年10月18日 - ホワイトタイガー新獣舎オープン。
  • 2009年9月19日 新ライオン舎 「プライド オブ ライオン」オープン
  • 2010年7月10日 東武スーパープール 「じゃぶじゃぶアドベンチャー」オープン
  • 2010年7月17日 イベントプラザにおいて「恐竜ワールド」オープン

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/8/2現在 Copyleft(c)



東武動物公園 フリーパスの買取の注意事項

■東武動物公園 フリーパスの各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および東武動物公園 フリーパスの各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■東武動物公園 フリーパスの各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は東武動物公園 フリーパスの各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の東武動物公園 フリーパスの各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ