鳥羽水族館 入館券を高価買取します。

鳥羽水族館 入館券 金券買取表

金券 - レジャー 買取価格
鳥羽水族館 入館券
鳥羽水族館 入館券 詳細はこちら
鳥羽水族館 入館券
鳥羽水族館 入館券

(2013年8月13日現在のデザイン)



鳥羽水族館

鳥羽水族館(とばすいぞくかん、TOBA AQUARIUM)は、三重県鳥羽市に本拠地を置く、世界屈指の規模を誇る水族館である。鳥羽水族館自体も太陽系最大級の超水族館をキャッチコピーとしている。鳥羽水族館は、自然の環境を再現したゾーンが12あり、それらには約1000種類[1]20,000点もの海や川の生き物が飼育・展示されている。鳥羽水族館の通路は観覧順序を無くした自由通路となっており、通路全長は約1.5kmである。2009年(平成21年)の入場者数は94万人で日本全国の水族館で第8位である[2]。


概要

鳥羽水族館は、1955年(昭和30年)に開館した私営の水族館である。社会教育施設として文部科学省の博物館の指定を受け学術研究にも努めている。三重県立博物館とは密接な協力関係にある[3]。


歴史

鳥羽水族館の開館の契機となったのは、ミキモト真珠島を訪れる観光客が船で真珠島に渡る際[注 1]、対岸の丸幸水産の生け簀が見え、帰りにそれを見学に観光客が来たことによる[4]。これを受け1955年(昭和30年)5月15日に合資会社丸幸商店が[5]日本で26番目の水族館としてオープンさせた。鳥羽水族館当時の入場料は20円(小人は半額)で専属の職員は5名だったが、丸幸水産の社員も運営に駆り出されたという[6]。最初の水族館は200坪の池を4つに区切り、ペンギン・アシカ・タイ・ハマチなどを放流した「手作りの水族館」で[4]、ガイドのいることを売りにしていた[6]。1956年(昭和31年)には株式会社鳥羽水族館となった[5]。

当初は現在地より西寄りにあったが、手狭になったため、神鋼電機旧鳥羽工場用地だった現在地を譲り受け1990年(平成2年)に移転した。

鳥羽水族館はオープン以後、多くの家族連れらが訪れ、通算5000万人を超える全国最多入館者数を誇っている。2009年(平成21年)8月3日には日本初となる入館者数累計5500万人を達成。会館55周年にあたる2010年(平成22年)3月8日には5555万5555人に達した。

絶滅の危機にある希少海洋生物の保護・育成にも力を入れており、スナメリの赤ちゃん誕生、日本初のラッコ2世の誕生、ジュゴン飼育の世界記録11,475日(31年5か月)[7]も保持している。世界記録を更新していたオスのジュゴン・じゅんいちは2011年(平成23年)2月10日に推定33歳で亡くなった[7]。

創設者・前館長の中村幸昭は現在、名誉館長。中村は、渋沢敬三から「よい水族館に育て、利益が上がったら学術研究、社会教育に還元しなさい」と言われ、この言葉を胸に刻み[6]上述の通り実現している。2011年(平成23年)現在、館長は古田正美[8]。


水中入社式

鳥羽水族館では、大型水槽の中で「水中入社式」と呼ばれる入社式を毎年開催している[11]。鳥羽水族館の先輩職員の発案で始まり[12]、2013年(平成25年)で7回目になる[13]。

鳥羽水族館の水中入社式は、ウェットスーツの上からスーツを着た新入社員(飼育員)が、ボンベを背負い水中メガネと足ひれを装着して水槽に入り、防水加工を施した辞令を受け取り、「初仕事」として水中で水槽のガラスを磨く、というものである[14]。入社式の様子は一般の来館者が見ることができ、新入社員は来館者に向けて水中で挨拶を行う[11]。2013年の新入社員の1人は、式後に「Wikipediaに載っていないような情報を発信していきたい」とコメントした[13]。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2013/8/13現在 Copyleft(c)



鳥羽水族館 入館券の買取の注意事項

■鳥羽水族館 入館券の各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および鳥羽水族館 入館券の各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■鳥羽水族館 入館券の各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は鳥羽水族館 入館券の各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の鳥羽水族館 入館券の各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ