ティップネス 招待券、施設利用券を高価買取します。

ティップネス招待券 金券買取表

金券 - レジャー券買取表 買取価格
ティップネス
ティップネス 招待券
※500枚以上はお問い合わせ下さい。
詳細はこちら
ティップネス 施設利用券
※500枚以上はお問い合わせ下さい。
詳細はこちら
ティップネス 招待券
ティップネス 招待券画像

(2014年8月30日現在のデザイン)

ティップネス 施設利用券
ティップネス 施設利用券画像

ティップネス

株式会社ティップネスは、東京都港区に本部を置くフィットネスクラブ運営会社。


概要

1986年10月に、株式会社サントリーの子会社として株式会社ティップネスを設立。1987年4月の東京・渋谷区にある渋谷店を最初にフィットネスクラブの「ティップネス」の展開を開始。一方、株式会社丸紅の子会社・株式会社レヴァンが、1987年3月の東京・調布市にある国領店を最初にフィットネスクラブの「レヴァン」の展開を開始。2001年4月に、株式会社ティップネスが株式会社レヴァンを吸収合併し、翌2002年1月にはブランドを「ティップネス」に一本化した。

そのため、現在の同社にはサントリーと丸紅が出資しており、サントリー外食・開発カンパニーに属する企業の一つである。
現在は、
・「フィットネスクラブ ティップネス」
・都市部向けクラブ「ジム&ステューディオ ティップネス・ワン」(池袋・日比谷のみ/2011年12月31日閉店予定)
・子供向けスクール「ティップネス・キッズ」
・フィットネス・インストラクター支援ビジネス「FIT VIT」
・企業向け健康・運動支援サービス「ティップネス eメソッド」
を展開しているほか、指定管理者制度で公共施設の受託運営事業を行っている。2008年現在、店舗数直営59店・指定管理施設3ヶ所、会員数約23万3000人(日本国内では業界4位)、年間売上高 約318億4200万円である。

沿革
  • 1986年10月 株式会社ティップネス設立
  • 1987年
    - 3月 レヴァン国領店開設
    - 4月 ティップネス渋谷店開設
  • 1988年9月 レヴァン石橋店開設、近畿圏へ進出
  • 1993年7月 ティップネス梅田店開設、近畿圏へ進出
  • 2001年4月 レヴァンを合併
  • 2002年1月 ブランドを「ティップネス」に一本化
  • 2004年4月 上飯田店開設、中京圏へ進出
  • 2005年4月 ティップネス・ワン池袋店開設
  • 2006年 丸井今井グループの「プライオ・スポーツパーク」の営業権を譲受、北海道へ進出(大通店、2009年2月閉店)
  • 2007年9月 大阪市の株式会社オージースポーツとメタボリックシンドローム対策支援事業で業務提携
  • 2009年1月 宮崎台店にDOG GARDEN CAFEを設置
店舗

関東エリア

東京都

○は15歳未満の幼児・子供向けスクール「ティップネス・キッズ」併設店

  • 渋谷店
  • 下北沢店
  • 吉祥寺店
  • 五反田店
  • 町田店
  • 中野店
  • 六本木店
  • 新宿店
  • 池袋店
  • 西葛西店
  • 東武練馬店○
  • 大泉学園店○
  • 下井草店○
  • 国分寺店
  • 田無店
  • 喜多見店
  • 木場店
  • 新小岩店
  • 蒲田店
  • 綾瀬店○
  • 三軒茶屋店
  • 明大前店
  • 氷川台店○
  • 練馬店
  • TIPNESS MARUNOUCHI STYLE
  • 瑞江店○
  • 小岩店

神奈川県

  • 藤沢店
  • 宮崎台店○
  • 新百合ヶ丘店
  • 戸塚店○
  • 二俣川店○
  • 川崎店○
  • 鴨居店○
  • 横浜店
  • 宮前平店

千葉県

  • 船橋店○
  • 南行徳店○
  • 蘇我店○

埼玉県

  • 草加店
  • 武蔵藤沢店○
  • 川口店
  • 久喜店○

群馬県

  • 太田店○

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より、一部改編
2012/5/25現在 Copyleft(c)



ティップネス 招待券、施設利用券の買取の注意事項

■ティップネス 招待券、施設利用券の買取価格は弊社保有在庫枚数およびティップネス 招待券、施設利用券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいたティップネス 招待券、施設利用券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量のティップネス 招待券、施設利用券をお売りいただける場合、ティップネス 招待券、施設利用券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■ティップネス 招待券、施設利用券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れ、使用済み、又は使用できないティップネス 招待券、施設利用券は買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケットにおいて、店頭買取はティップネス 招待券、施設利用券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケットでは、店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ