西武園 フリーパスを高価買取します。

西武園 フリーパス 金券買取表

金券 - レジャー 買取価格
西武園 フリーパス
西武園 フリーパス 詳細はこちら
西武園 フリーパス
西武園 フリーパス

(2013年7月18日現在のデザイン)



西武園ゆうえんち

西武園ゆうえんち(せいぶえんゆうえんち)は、埼玉県所沢市にある遊園地。メインゲート前に埼玉県と東京都の都県境があり、駐車場の一部が東京都東村山市に属する。 西武鉄道が所有し、グループ会社の西武レクリエーションが運営している。 夏休み期間中は毎週土曜・日曜に花火大会が開催される。一部のアトラクションは、西武グループの横浜・八景島シーパラダイスにおいても同系統機種が導入されている。 2010年11月、西武園ゆうえんちを含む西武園エリア一帯のネーミングを西武鉄道運営のコミュニティサイトで募集し、満場一致で「所沢西武 アッハの森」に決定した[1]。


歴史

1947年(昭和22年)10月に、蓮沼門三の修養団の公民道場[2]を買収。1950年1月25日に、東村山文化園[3][4][5]として開園。なお、1948年4月1日には西武西武園線が復活していた。

隣接地にあるユネスコ村には、1993年には恐竜をテーマとしたテーマパーク「大恐竜探検館」と新設アトラクションが隣接地に開業し、2館共通パスポートも販売されて補完関係にあったが、2006年9月末日で閉園となっている。

このユネスコ村の完成にともない、1951年当時、西武園に改名されたという説がある[6]。

2004年7月17日にサンリオとの提携によるアトラクションゾーン「ハローキティ メルヘンタウン」がオープン。 また、2010年より冬季限定でイルミネーション営業「スターキングダム」を実施している。


営業時間
  • 開園時間は9時 - 17時の枠内で時季により変動する。7月 - 8月は「夕涼み営業」として13時から20時まで、花火開催日の土日と旧盆期間は21時まで延長営業している。また、プールの営業時間はゆうえんちの夏季営業時間と異なり、9時から17時までである。
定休日
  • 春休み・夏休み・冬休み(年末年始)期間と、ゴールデンウィーク・シルバーウィーク・ハッピーマンデー・飛石連休期間を除いた毎週火・水曜は休園日である。
  • 11月 - 2月までは木曜日も加わり、平日週3日間が休園となる。

アトラクション

★印のあるアトラクションは横浜・八景島シーパラダイスの遊園地「プレジャーランド」においても同系統機種(主にインタミン製)が設置されている。

運用中

  • 回転ボート (1980年 - )
  • バイキング (1981年 - )★
  • 大観覧車 (1982年 - )
  • ウェーブスウィンガー (1982年 - )
  • メリーゴーランド (1984年 - )
  • クラシックカー (1984年 - )
  • オクトパス (1985年 - )★
  • ジェットファイター (1985年 - )★
  • 回転馬車 (1985年 - )
  • バルーンフライト (1985年 - )
  • ハングライダー (1985年 - )
  • ミニ飛行機 (1985年 - )
  • ループ・スクリューコースター (1986年 - )※現在営業停止中。
  • ジャイロタワー(高さ79.67m、1988年 - )
    • ★横浜八景島では「シーパラダイスタワー」として設置。
  • マジックミラーメイズ (2006年 - )
  • アトラシリーズ(2011年 - )
    • 探せ!伝説のアトラ(2011年 - )
    • 占え ふたりのアトラ(2011年 - )
    • ミライセンシ(2012年 - ) - Kinectを使用した体験型アトラクション

運行終了

  • ウォーターシュート (1951年 - 1992年)
    • ★横浜八景島では2005年11月に終了した。
  • メリーゴーランド (1966年 - 1983年)
  • バズーカ砲 (1966年 - 1984年)
  • ラウンドアップ (1966年 - 1984年)
  • オクトパス (1966年 - 1984年)
  • パラトルーパー (1966年 - 1984年)
  • ロケット展望台 (1966年 - 1984年)
  • ミニトレイン (1970年 - 1984年)
  • ファンハウス (1970年 - 1984年)
  • スペースエイジ (1970年 - 1984年)
  • トレーニングホース (1974年 - 1984年)
  • トランポリン (1974年 - 1984年)
  • ファファ (1974年 - 1984年)
  • ヘリコプター (1975年 - 1984年)
  • スカイジェット (1975年 - 1984年)
  • SSW宇宙秘密基地 (1978年 - 1984年)
  • トリプル観覧車 (1985年 - 2004年)
  • 大飛行塔 (1985年 - 2006年)
  • ビジービー (1985年 - 2008年)
  • コーヒーカップ (1983年 - 2008年)
  • フライトトレーナー (1990年 - 2008年)
  • わくわくランド (2003年 - 2009年)
  • アイスワールド (2007年 - 2009年)
  • 日本の怪談屋敷 (2007年 - 2009年)
  • ルーピングスターシップ (1988年 - 2011年)
    • ★かつては、アピールのために、登場した1988年から1999年まで約11年間、鉄道の車両の(レオライナーと特急車両除く)一部の窓ガラスに「ルーピングスターシップ」の写真ステッカーが貼られていた。
  • 空飛ぶじゅうたん(1982年 -2012年 )


ハローキティ メルヘンタウン

ハローキティをはじめとするサンリオキャラクターを扱った7種類のアトラクションがある。毎週土曜日・日曜日にはキャラクターショーも行なわれる。

  • エンジェルコースター
  • ハローキティトレイン
  • ストロベリーカフェ
  • ポップンスマイル
  • スカイファン
  • メロディシンカンセン
  • バッテリーカー


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2013/7/18現在



西武園 フリーパスの買取の注意事項

■西武園 フリーパスの各金券買取価格は弊社保有在庫枚数および西武園 フリーパスの各金券の有効期限などによって日々変動いたしております。

■金券ショップ アクセスチケット.comにお送りいただいた金券は消印日の買取価格で買取りさせていただきます。

■一度に大量の金券をお売りいただける場合(金券買取総額300万円以上)は各金券の在庫状況で買取できない場合がございますので予めご連絡を要します。

■西武園 フリーパスの各金券の状況、汚れ・黄ばみ・折れ曲がりなどがあった場合、表示の買取金額で買取出来ない場合がございます。

■有効期限切れのチケット、使用済みのチケット、使用できないチケットは買取できません。

■ネット金券買取価格と店頭金券買取価格は一部店舗をのぞき異なります。

■金券ショップ アクセスチケット店頭買取は西武園 フリーパスの各金券を現金にて買取いたします。

■当サイト記載の西武園 フリーパスの各金券を1枚から高価買取致します。

■当サイトの買取価格表に掲載していない金券の買取価格はお気軽にお問い合わせください。

■金券ショップ アクセスチケット店頭において買取総額1万円以上の場合、身分証明証のご提示が必要となります。

■郵送買取の場合、買取総額1万円未満であっても、身分証明は必要となります。

■未成年の方からの金券買取は行っておりません。

ページトップへ